ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 7月17日 風のLonely Way Music for today;Jul 17 Kaze no Lonely Way | トップページ | 今日の音楽 7月19日 カンタータ「土の歌」  Music for today; July 19 "Tsuchi no Uta(The song for ground)" »

2014年7月18日 (金)

今日の音楽 7月18日 ルイ・ブラス  Music for today; July 18 Ruy Blas

指揮者のクルト・マズアは1927年7月18日にドイツで生まれました。

マズアは、1989年10月9日にライプツィヒで起きた民主化を要求するデモ(月曜デモ)で、秘密警察や軍隊が一般市民に対し銃口を向けた際、東ドイツ当局に対し武力行使を避け平和的解決を要望するメッセージを発表し、このデモを無血に終わらせるきっかけを作った人としても知られています。

マズアは1970年から1996年の約四半世紀にわたってライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の指揮者として活躍しました。ドイツ系音楽を得意としていますが、このオーケストラを作ったメンデルスゾーンの作品は高い評価を得ています。

「ルイ・ブラス」はフランスの作家ヴィクトル・ユゴーの戯曲「リュイ・ブラス」の上演のために委嘱された作品です。悲劇なのですが、この序曲は短調ではじまり最後には長調に転じて華やかに終わります。

Kurt Masur of the conductor was born in Germany on July 18, 1927.

He is known as the person who made the opportunity to end the bloodless .Demonstration to demand the democratization that took place in Leipzig on October 9, 1989 at (Monday demo), when the army and secret police toward the muzzle to the general public, Masur, peace avoid the use of force against the East German authorities announced a message to request a settlement.

Masur was active as a conductor of the Leipzig Gewandhaus Orchestra for about a quarter of a century of 1970-1996. He is good at Germany-based music, works of Mendelssohn, which made this orchestra gets a high rating.

"Louis Blas" This work was commissioned for the staged drama of writer Victor Hugo French "lui Blas". It is a tragedy, but this overture will result in gorgeous started to major in the end begins with the minor.

« 今日の音楽 7月17日 風のLonely Way Music for today;Jul 17 Kaze no Lonely Way | トップページ | 今日の音楽 7月19日 カンタータ「土の歌」  Music for today; July 19 "Tsuchi no Uta(The song for ground)" »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 7月18日 ルイ・ブラス  Music for today; July 18 Ruy Blas:

« 今日の音楽 7月17日 風のLonely Way Music for today;Jul 17 Kaze no Lonely Way | トップページ | 今日の音楽 7月19日 カンタータ「土の歌」  Music for today; July 19 "Tsuchi no Uta(The song for ground)" »