ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

今日の音楽 6月30日 リトル・ウィリー  Music for today; June 30 Little Willy

イギリスのロックバンド スイートのギタリスト アンディ・スコットは1949年6月30日に生まれました。

スイートは1968年に結成されました。ギタリストのフランク・トービィが結成直後に脱退したため、加入したのがアンディ・スコットでした。スイートは約10年間活躍しましたが、その後はヒットに恵まれず1981年に解散しました。

「ブロックバスター」「フォックス・オン・ザ・ラン」などのヒット曲がありますが、1971年に全米3位になったヒット曲「リトル・ウィリー」は、とてもポップな判りやすい(?)ロックミュージックでした。この頃から、ロックの主流はグラム・ロックなどよりヘヴィな方へと流れていきます。

Guitarist Andy Scott of the rock band Sweet of England was born on June 30, 1949.

Sweet was formed in 1968. Andy Scot entered Sweet because Frank Tobyi guitarist has left the band  immediately after it was formed. Sweet was active for about 10 years, but broke up in 1981 are not blessed with hit after that.

There are hit songs "blockbuster" and "Fox on the Run", but hits that became three largest nationally in 1971, "Little Willy", a pop very easy to understand (?) Rock music were. Around this time, will continue to flow of mainstream rock and to the one that is heavy than such as gram rock.

2014年6月29日 (日)

今日の音楽 6月29日 歌劇「妖精」  Music for today; June 29 Die feen, opera

ワーグナーの歌劇「妖精」は1888年6月29日に初演されました。

「妖精」はワーグナーがまだ修行時代の作品で、編成もバンダが加わっているものの2管編成です。台本はイタリアの劇作家カルロ・ゴッツィの「蛇女」を下敷きとしてワーグナー自身が書きました。

初期の作品ですが、「禁問」や「救済」などのモチーフが使われています。

Opera of Wagner "Die feen" was premiered on June 29, 1888.

"Die feen" was the works of the training period, the organization is a two-tube formation with Banda. Wagner himself wrote as underlay of  "The Serpent Woman" playwright Carlo Gozzi of Italy.

It is the work of early, but leitmotifs  was Already   used.

This is the Overture.

序曲です。

2014年6月28日 (土)

今日の音楽 6月28日 魅惑の宵  Music for today; June 28 Some Enchanted Evening

アメリカの作曲家リチャード・ロジャースは1902年6月28日にニューヨークで生まれました。

ロジャースは数々のミュージカルを作曲し、特に作詞家のオスカー・ハマースタイン2世とのコンビでは「オクラホマ」、「王様と私」、「サウンド・オヴ・ミュージック」などの作曲をして、34のトニー賞と1つのアカデミー賞を受賞し、ひとつの時代を築きました。

「南太平洋」には、「バリ・ハイ」「ハッピー・トーク」など魅力的な歌が散りばめられていますが、「魅惑の宵」は多くの歌手やポップス・オーケストラに取り上げられています。
とりわけ、マントヴァーニ楽団の演奏は、特徴であるカスケーディング・ストリングスによってこの曲の魅力を更に引き出しています。

Composer Richard Rogers of the United States was born in New York on June 28, 1902.

He composed the many musical , espcially combination with the Oscar Hammerstein Ⅱ lyricist,  he composed  such as "Oklahoma," "The King and I", and "Sound Of  Music", and  they win 34  Tony Award and  one  Academy Award , so has established the age of one.

In   "South Pacific".a charming song "Bali Hai" and "Happy Talk" are studded, and the "Some Enchanted Evening" has been featured in Pops Orchestra and many singers.
Among other things, the performance of Mantovani orchestra has further pulled out the charm of this song by cascading strings .

2014年6月27日 (金)

今日の音楽 6月27日 カデ・ルセール  Music for today; June 27 Cadet Rousselle

イージーリスニングの第一人者レイモン・ルフェーヴルは2008年6月27日にパリで78歳で亡くなりました。

シバの女王を筆頭に、バラ色の心、哀しみの終わりになど数々のヒットを出したルフェーヴルは、パリ音楽院在学中にアルバイトをしていたダンスホールでジャズに傾倒し、ポップスの世界に入って行きました。ただ、クラシックの勉強をしていた事は後に、クラシカル・ポップスの分野での成功に大いに役立ったようです。涙のカノン(パッヘルベルのカノン)、愛よ永遠に(モーツァルトの交響曲第40番)、ヴィヴァルディの四季、幻想のアダージョ(ベートーヴェンのピアノソナタ悲愴)などをポップスにアレンジして成功を収めています。

カデ・ルーセルは、レイモン・ルフェーヴルが作曲し、演奏会のオープニング音楽として使われていた軽快な曲です。

Raymond Lefevre of authority of easy listening music died at the age of 78 in Paris on June 27, 2008.

Lefever  who  gave many hit song "La Reine De Saba "first on the list, and "Ame Caline "Soul Coaxing"" and  "La Maison Est En Ruine" was committed to jazz dance hall that was a part-time job while in Paris Cnsevatory, entered the world of pop. However, later that it was the study of classic, it seems to have helped a great deal to the success in the field of classical pop. Le Canon De Pachelbel ( Pachelbel's Canon ),Allegro De La 40eme Symphonie (Symphono No.40 of Mozart), Les Quatre Saisons by Vivaldi  , Adagio fantasy(Piano Sonata Pathetique by Beethoven) has been successful to arrange to pop.

Cadet Rousselle  Roussel is the light music which Raymond Le Fevre wrote music and was used as introduction music of a concert.

2014年6月26日 (木)

今日の音楽 6月26日 天国から来たチャンピオン Music for today; June 26 Heaven can wait

作曲家デイヴ・グルーシンは1934年6月26日にコロラド州リトルトンで生まれました。

デイヴ・グルーシンはジャズ・フュージョン及びアダルト・コンテンポラリーの作曲家として数々の作品を作曲しています。

映画音楽においても「黄昏」「トッツィー」「恋におちて」などを手がけ、グラミー賞10回、アカデミー賞1回を受賞しました。

「天国から来たチャンピオン」はウォーレン・ベイティが監督・主演したスポーツ・ファンタジー映画で1978年に公開されました。アメリカン・フットボールを舞台とした爽快な映画でした。

Composer Dave Grusin was born in Littleton, Colo. on June 26, 1934.

Dave Grusin has composed the many works as a composer of Adult Contemporary and Jazz.

And he also composed many film music  for example "On Golden Pond," "Tootsie" and and "Falling in love"  and was awarded 10 Grammy Awards, an Academy Award once.

"Heaven Can Wait" was released in 1978 in the sports fantasy movie Warren Beatty has directed and starred. It was a refreshing movie and stage of American football.

2014年6月25日 (水)

今日の音楽 6月25日 イタリアの印象  Music for today; June 25 Impressions d'Italie

フランスの作曲家ギュスターヴ・シャルパンティエは1860年6月25日に生まれました。

シャルパンティエは1887年にローマ大賞を受賞して、ローマに留学しました。その間に、受賞者の義務として作曲した交響詩「ナポリ」をフランス学士院芸術アカデミーに送りましたが、それが高い評価を得ました。

シャルパンティエがこの作品を膨らませて5曲からなる組曲にしたものが、イタリアの印象です。セレナーデ、泉のほとりで、ロバに乗って、山の頂にて、ナポリの5曲で、シャルパンティエはマスネの組曲を意識してか絵画的で感傷的な交響曲という副題をつけています。

マスネの組曲シリーズ同様、フランス音楽らしい肩の凝らない楽しい曲です。

Composer Gustave Charpentier of France was born on June 25, 1860.

Charpentier won the Prix de Rome in 1887, so he was to study in Rome. In the meantime, he has been sent to the Institute of France Academy of Arts "Naples"  symphonic poem as a duty of the winner and  it was highly acclaimed.

Those in the suite of five songs Charpentier is inflated this work, is the impression of Italy. Serenade , the banks of the fountain, riding a donkey, at the top of the mountain, and  Naples.  Charpentier attach the subtitle of symphony sentimental pictorial because I wonder he would aware of the suite of Massenet.

Suite of Massenet same series, is a fun song that does not elaborate the shoulder like a French music.

This is the fifth of Naples songs.

第5曲のナポリです。

2014年6月24日 (火)

今日の音楽 6月24日 チェロソナタ第3番(ベートーヴェン) Music for today; June 24 Violincello sonata No.3(Beethoven)

チェリストのピエール・フルニエは1906年6月24日にパリで生まれました。

フルニエは幼少の頃からピアノを学んでいましたが、9歳の時に小児麻痺にかかり右足に障害が出てチェロに転向しました。パリ音楽院を卒業しコンサート・デビューし、気品のある容貌と格調高い表現、優雅で洗練された演奏で「チェロの貴公子」とよばれました。

フルニエはチェロ協奏曲から室内楽曲、ソナタなど数々の名盤を残しましたが、特にベートーヴェンの作品では、ヴァイオリンのシェリング、ピアニストのグルダ、ケンプといった巨匠たちと共演しています。

ベートーヴェンは5曲のチェロ・ソナタを作曲しましたが、第3番イ長調はベートーヴェン中期の傑作の森を代表する室内楽曲で、それまで実質的にはチェロの伴奏付ピアノ・ソナタだったチェロ・ソナタをチェロとピアノを対等として扱った初めての作品と言われています。

Pierre Fournier of cellist was born in Paris on June 24, 1906.

Fournier was learning the piano from a young age, but he has turned to failure cello out to right foot takes on polio at the age of nine. The concert debut graduated from the Paris Conservatoire, representation magnificent appearance and dignified, was called "a young nobleman of the Cello" in performance that is elegant and refined.

Fournier left the name board of numerous chamber music, such as the sonata from the Cello Concerto, but in the works of Beethoven, he played with great masters of violin Schelling, Gulda and Kemp pianist.

Beethoven has composed the Cello Sonata of five songs, but in chamber music to represent " the forest masterpiece" of Beethoven medium term, No. 3 in A major Cello Sonata was the accompaniment with piano sonata cello in effect until it It is said to work for the first time were treated as equal and piano cello.

第1楽章です。

It is the first movement.

2014年6月23日 (月)

今日の音楽 6月23日 赤とんぼ  Music for todayj June 23 Akatombo(Sympetrum)

作詞家の三木露風は1889年6月23日に兵庫県龍野町(現 たつの市)で生まれました。

三木露風は、北原白秋と並んで近代日本を代表する詩人でした。1918年頃に赤い鳥運動に参加し、童謡を手がけるようになり1921年に童謡集「真珠島」を出版しました。

作曲家山田耕筰とのコンビで「かっこう」「秋の夜」など数々の名作を遺しましたが、その中でも「赤とんぼ」は日本の代表的な童謡として親しまれています。
「赤とんぼ」は三木が子供の頃過ごした龍野での郷愁を歌った詩と言われていて、子供の頃に自分を背負って赤とんぼを一緒に見た女中さんも15歳になってお嫁に行って便りも絶えてしまった、と昔を懐かしんだ歌詞です。

Rofu Miki lyricist was born in Hyogo Prefecture Tatsuno-machi (now Tatsuno city) on June 23, 1889.

Miki was a poet to represent the modern Japan alongside Hakushu Kitahara. Since he  participated in the movement Akai-tori in 1918  ,he got to make rhyme books and published nursery rhyme book "Pearl Island" in 1921.

He left behind many masterpieces "cuckoo" and "autumn night" in combination with the composer Kosaku Yamada, but the "Akatombo" has been popular as a nursery rhyme a representative of Japan in that.

2014年6月22日 (日)

今日の音楽 6月22日 プロヴァンス組曲(ミヨー) Music for today; June 22 Suite provençale(Darius Milhaud)

フランスの作曲家ダリウス・ミヨーは1974年6月22日にジュネーヴで亡くなりました。

ミヨーはプロヴァンス地方のエクス=アン=プロヴァンスで生まれ、故郷に強い愛着を持っていました。プロヴァンスの音楽といえば、ビゼーの「アルルの女」がまず頭に浮かびますが、ミヨーもプロヴァンスの民謡などを素材に「プロヴァンス組曲」を作曲しています。

短い8つの曲からなる組曲で、最後の8曲目は「ファランドール」。ファランドールはプロヴァンス地方の8分の6拍子の舞曲ですが、「アルルの女」のファランドールと比べてみてはいかがでしょうか。踊りの爽快感ではビゼー、豊かな民族性ではミヨーという感じです。

Composer Darius Milhaud in France died in Geneva on June 22, 1974.

Born in Aix-en-Provence of Provence, Milhaud had a strong attachment to home. Speaking of music of Provence, "L'Arlésienne" Bizet will come to mind first, but Millau also composed the "Suite provençale" in material and folk songs of Provence.

In suite consisting of 8 short music , the last  music  is "Farandole". Farandole is a dance of six-eight time of the Provence region, and I compare to Farandole of "L'arlsesienne", I feel that from Bizet' can feel invigorating and  from Millau's the  rich ethnicity.

2014年6月21日 (土)

今日の音楽 6月21日 オルガンと弦とティンパニのための協奏曲(プーランク) Music for today; June 21 Organ concerto(Poulenc)

プーランクのオルガンと弦とティンパニのための協奏曲(オルガン協奏曲)は1939年6月21日にデュリュフレのオルガン独奏とデゾルミエール指揮パリ・フィルハーモニック協会室内管弦楽団の演奏で初演されました。

この曲は、フランスの作曲家が得意とする管楽器の音色を活用する事による色彩感を、オルガンによって再現したものです。弦楽器も打楽器のひとつとして扱われています。単一の楽章で出来ていますが、3つの楽章に分けて考えることもできます。ただし、従来の協奏曲のような3楽章ではなく、自由な構成の3楽章になっています。

Organ concerto of Poulenc has been premiered at the performance of the command Desormiere Paris Philharmonic Association Chamber Orchestra and organ solo of Durufle on June 21, 1939.

This song is one that was reproduced by organ, the sense of color by taking advantage of the sound of the wind instrument composer of France. Strings are also treated as one of the percussion. You can also use is made of a single movement, is considered to be divided into three movements. However, instead of the three movements, such as the traditional concerto, and it is the third movement of a free constitution.

2014年6月20日 (金)

今日の音楽 6月20日 辛い別れ  Music for today; June 20 You needed me

カナダの歌手アン・マレーは1945年6月20日に生まれました。

アン・マレーは歌手になる前は高校の体育の先生をやっていたという変り種でした。1970年に「スノー・バード」が全米8位のヒットとなりました。その後も大ブレークする事はありませんでしたが「ダニーの歌」、「ラヴ・ソング」などコンスタントにヒットを重ね、1978年には「辛い別れ」でカナダ人女性歌手初の全米ナンバーワンに輝き、グラミー賞最優秀ポップ女性歌手賞を獲得しました。

包み込むようなとても優しい歌声で今でも活躍しています。

実は、私は彼女のファンでレコードも数枚持っていました。たった1回だけ1977年に来日コンサートをやっています。土砂降りの雨の日、雨の音が響き渡る音響の悪い新宿厚生年金会館(すでに取り壊されています)でやった彼女のコンサートに行きました。特に変わった演出があったわけでもありませんでしたが、暖かい彼女の歌でとても満足しました。

Singer Anne Murray of Canada was born on June 20, 1945.

Anne Murray was a novelty that was doing a teacher of physical education in high school before becoming a singer. "Snow Bird" became a hit in the United States # 8 in 1970. She did not get a big break also afterwards, but she has acted constantly and she got many hit such as "Song of Danny," and "Love Song", and shine in the United States number one Canadian female singer's first "You needed me" in 1978, she won the Grammy Award for Best Pop female singer award.

She is still active in a very gentle voice wrapping up.

In fact, I was her fan and  had several sheets also record of her. I'm doing a concert in Japan in 1977 only once. The day of pouring rain, I went to her concert that I did it  Shinjuku Welfare Pension Hall (the one that demolished already) poor acoustic sound of rain echoing. There was nothing special production, but I was very happy with her warm f songs.

2014年6月19日 (木)

今日の音楽 6月19日 歌劇「ローレライ」(カタラーニ)  Music for today; Loreley(Catalani)

作曲家アルフレッド・カタラーニは1854年6月19日に生まれました。

カタラーニは39歳で亡くなってしまった事もあって、ヴェルディやプッチーニの影に隠れてしまっていますが「ラ・ワリー」と「ローレライ」という2つの名作オペラを遺しました。

「ローレライ」はドイツのローレライ伝説を下敷きにしたオペラで、メロディ・メーカーとしての実力を発揮した曲です。

Composer Alfred Catalani was born on June 19, 1854.

There is also that he had died at 39 years old, Catalani has is hidden in the shadow of Puccini and Verdi, but was left behind a masterpiece two opera"La Wally" and "Lorelei".

"Lorelei" is the opera that was buried under the Lorelei legend of Germany, and show his beautiful melodies.

It is a fairy dancie .

妖精の踊りです。

2014年6月18日 (水)

今日の音楽 6月18日 ワルツ「愛の歌」 Music for today; June 18 Liebeslieder

ヨハン・シュトラウスのワルツ「愛の歌」は1852年6月18日に初演されました。

シュトラウスの数多いワルツの中でも、「美しく青きドナウ」とか「ウィーンの森の物語」など有名な曲以外で、あまり知られていない曲の中からお気に入りの作品を見つけるのも結構楽しいものです。そういう、マイナーな曲を聞く事ができるのも「ニュー・イヤー・コンサート」の醍醐味のひとつだと思います。

「愛の歌」は比較的初期の作品で、本当にタイトル通りの可愛らしい曲です。

"Liebeslieder" waltz of Johann Strauss was premiered on June 18, 1852.

Among the waltz numerous of Strauss, to find a favorite work from the song in the song other than the famous, such as "Geschichten aus dem Wienerwald" or "An der schönen blauen Donau", a little-known one is also fun fine. I think you be able to hear such minor songs  also is one of the best part of "New Year's Concert."

It was a work of relatively early, It is a pretty song title says really "love song".

2014年6月17日 (火)

今日の音楽 6月17日 アヴェ・ヴェルム・コルプス  Music for today; June 17 Ave Verm Corpus

モーツァルトのアヴェ・ヴェルム・コルプスは1791年6月17日に初演されました。

アヴェ・ヴェルム・コルプスはカトリックの聖体賛美歌で、主に聖体祭のミサで用いられました。
ウィリアム・バードフォーレも作曲していますが、モーツァルトの曲が圧倒的に知られています。

モーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」は、妻コンスタンツェの病気療養の世話をした合唱指揮者のアントン・シュトルの為に1791年に作曲されました。わずか46小節の曲で、編成も混声合唱とヴァイオリン、ヴィオラ、コントラバスとオルガンだけという簡素な曲ですが、美しく厳かな曲でモーツァルトの晩年の傑作と言われています。

Ave-VarmlandCorpus of Mozart was premiered on June 17, 1791.

Ave Varmland-Corpus  is Eucharist in the Catholic hymn, and has been used in the Mass of Corpus Christi festival mainly.
Faure and William Byrd also composed, but the songs of Mozart is known around the overwhelming.

Mozart's "Ave Varmland-Corpus" was composed in 1791 for Anton Storr choral conductor who took care of sick wife Constanze. Song of 46 bars only, organization is also a simple song called only mixed chorus ,organ and violin, viola, and double bass, but is saidto be the masterpiece of his later years of Mozart  because of solemn and beautiful song.

2014年6月16日 (月)

今日の音楽 6月16日 イエロー・サブマリン Music for today; June 16 Yellow Submarine

アメリカの作家エリック・シーガルは1937年6月16日にブルックリンで生まれました。

エリック・シーガルはハーバード大学を卒業し1965年には比較文学で博士号を取得し、ハーバード大学、イェール大学ブリンストン大学でラテン文学とギリシア文学の教授を勤めました。

何と言っても、エリック・シーガルの活動の中で最も知られているのが、「ラヴ・ストーリー」の執筆でしょう。1970年には全米ナンバーワンのベストセラーとなり世界中で翻訳されました。翌年には映画化されて興行収入も1位になっています。

あまり知られていないのが、1967年にリー・マイノフの原作から脚本を書いた「イエロー・サブマリン」。翌年ビートルズによって音楽化、映画化されました。同名の主題歌はビートルズの曲の中でも、リンゴ・スターがヴォーカルを担当した代表的な曲として知られています。

The American writer Eric Segal was born in Brooklyn on June 16, 1937.

Eric Segal graduated from Harvard University and he completed his Ph.D. in comparative literature in 1965 and is a  has served as professor of Greek literature and Latin literature at Harvard University, in Burinsuton University and Yale University.

Is best known in all is said and done, the activities of Eric Segal, it would be writing "Love Story". It has been translated all over the world become a bestseller in the United States number one in 1970. Box office also has become the first place it is a movie the following year.

Is not very well known, wrote the screenplay from the original Lee Mainov in 1967 and "Yellow Submarine". Of music, was made into a movie by the Beatles following year. Among the songs of the Beatles, the theme song of the same name is well-known songs as a typical Ringo Starr was in charge of the vocal.

2014年6月15日 (日)

今日の音楽 6月15日 クラリネット三重奏曲(ブラームス) Music for today;June 15 Clarinet trio(Brahms)

ドイツのクラリネット奏者カール・ライスターは1937年6月15日にヴィルヘルムスハーフェンで生まれました。

父親がベルリン放送交響楽団のクラリネット奏者だったため、小さい頃からクラリネットの手ほどきを受けました。15歳からベルリン音楽大学で学んだ後、19歳でベルリン・コーミッシェ・オーパー管弦楽団の首席奏者となり、22歳でベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者として30年以上活躍しました。

並行してソロや室内楽でも活動、アンサンブル・ウィーン=ベルリンの創設者のひとりでもあります。ライスターの演奏は抒情性よりテクニックが目立つ演奏と言われています。

ブラームスのクラリネット三重奏曲は、有名なクラリネット五重奏曲と同時期に作曲されましたが、これは当時リヒャルト・ミュールフェルトというクラリネットの名手の存在が理由でした。ピアノ、チェロとクラリネットによる三重奏曲は非常に珍しい曲で、他に知られているのはベートーヴェンのピアノ三重奏曲第4番「街の歌」ぐらいです。

Clarinetist Karl Leister of Germany was born in Wilhelmshaven on June 15, 1937.

Because his father was a clarinetist of the Berlin Radio Symphony Orchestra, He received the initiation of clarinet from a young age. After studying at the Berlin College of Music from the age of 15, he became principal players of the Berlin Komische Oper Orchestra at the age of 19, and he worked for more than 30 years as principal players of  Berlin Philharmonic  from the age of 22.

He has been  active in chamber music and solo in parallel, and he was also the one of the founders of the Ensemble Wien = Berlin. He has been said that playing technique is conspicuous than lyricism.

Clarinet Trio Brahms, was composed at the same time as the famous clarinet quintet , because this was the reason for the presence of the clarinet virtuoso named Richard Mule felt at that time. Clarinet Trio by piano, cello and clarinet  is very unusual, what is known to the other is about Piano Trio No. 4 by Ludwig van Beethoven.

2014年6月14日 (土)

今日の音楽 6月14日 「ガメラ」のテーマ  Music for today; June 14 "Gamera"

映画監督湯浅憲明は2004年6月14日に亡くなりました。

1933年に東京の世田谷で演劇一家の家庭に生まれた湯浅は1957年に大映に入社し1964年に映画監督デビューをしました。

翌年、監督した作品が「大怪獣ガメラ」でした。大映のガメラシリーズは、東宝のゴジラシリーズと人気を二分する日本の特撮作品の代表作として全7作が製作され、湯浅はそのうち6作を監督しています。(第2作の「ガメラ対バルゴンだけは、特技監督)

ガメラ・マーチは第4作の「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」以降使用されている音楽で、当時の大映の専務だった永田秀雅が作詞、広瀬健次郎が作曲したテーマ曲で、「ガメラ対深海怪獣ジグラ」までの4作品で使用されました。

Film director Noriaki Yuasa died on June 14, 2004.

Yuasa who was born in the home of theater family in Setagaya, Tokyo in 1933 joined Daiei in 1957  and debut as the film director in 1964

The following year, he  directed  " Gamera". The Gamera series of Daiei, all 7 installment is made as a masterpiece of special effects work of Japan bisecting the popular series of Godzilla by Toho, Yuasa has been overseeing the work of six of them. (Only "Gamera vs. Vargon is, feats director of the second installment)

The music that is being used for the fourth installment, "Gamera vs. Space Monster Biras" and later, in the theme song Nagata Hidemasa was the managing director of Daiei at the time lyrics, Hirose Kenjiro was composed by Gamera march  and it was used by four works up to "Gamera vs. deep sea monster Jigura ".

2014年6月13日 (金)

今日の音楽 6月13日 「結婚」 Music for today; June 13 Les noces

ストラヴィンスキーの「結婚」は1923年6月13日にパリのゲテ・リリック座でバレエ・リュスによって初演されました。

「結婚」はバレエ音楽と言っても、我々が認識しているバレエとは随分異なる音楽です。同じストラヴィンスキーの作品の中でも「火の鳥」「ペトルーシュカ」「春の祭典」という代表作はまだ従来のバレエ音楽の延長線上と言っても過言ではなく、この原始主義時代の最後の作品ともいえる「結婚」こそが新しいバレエ音楽と評価される事もあります。

ロシア民謡の中から結婚を扱った民謡詩を元に脚本を作成し、当初は大編成オーケストラも考えたようですが、結果的に4人の独唱と合唱、打楽器と4台のピアノという編成で完成しました。ピアノもほぼ打楽器として扱われており、声によるメロディと打楽器の伴奏という内容になっています。

Stravinsky "Les noces" was premiered by the Ballet Russe at the Théâtre de la Gaîté of Paris on June 13, 1923.

The ballet music "Les noces" is a lot different music from the ballet we know. Say not an exaggeration to say that the extension of the ballet music of traditional still, masterpiece "The Firebird," "Petrushka" and "The Rite of Spring" is also the last work of this primitive era Among the works of the same Stravinsky " Les noces"is evaluated with the new ballet music.

Create a screenplay based on folk poetry dealing with marriage from the Russian folk song, great formation orchestra seems to have thought initially, but the chorus and solo of four as a result, in the organization of piano and four percussion was completed. Piano has also been treated as a percussion almost, and it is the contents of accompaniment of percussion and melody by voice.

2014年6月12日 (木)

今日の音楽 6月12日 交響曲第3番(マーラー) Music for today; June 12 Symphony No.3(Mahler)

マーラーの交響曲第3番ニ短調は1902年6月12日に全曲初演されました。

この曲は約100分というマーラーの交響曲の中で最も長い曲で、第2番、第4番と共に歌曲「少年の不思議な角笛」と密接な関連性があるため、この3つを角笛交響曲と呼んでいます。
アルト独唱、少年合唱と女声合唱を伴う、拡大された4管編成の曲で自然を謳った曲と言われています。

とにかく長い曲なので、厳粛であり壮大なコーダを持つ終楽章だけでも聴く価値はあると思います。

Symphony No. 3 in D minor of  Mahler was  premiered on June 12, 1902.

This is the longest piece in the symphony of Mahler of about 100 minutes. Because there is a close association with  "Des Knaben Wunderhorn"  from the 2nd symphony to the  4th , we are calling them "The horn Trilogy"

It is said that the song that claim to nature with a female and boy chorus ,alto solo and expanded 4 tube organization orchestra.

I think because it is a long song anyway, it's worth listening alone final movement with a magnificent and  coda is a solemnity.

Is the sixth movement.

第6楽章です。

2014年6月11日 (水)

今日の音楽 6月11日 ダヴィデ王 Music for today; June 11 Roi David

オネゲルの「ダヴィデ王」は1921年6月11日に初演されました。

「ダヴィデ王」はスイスの劇作家ルネ・モラによるテキストを元に作曲された劇音楽(劇的詩篇)で、後にオラトリオ(交響的詩篇)に改作されました。

オリジナルの劇的詩篇は、合唱、ソロ歌手とナレーション及び僅か17人のオーケストラ(管楽器、打楽器、チェレスタ、ハルモニウムと弦はコントラバス1本)による編成でしたが、交響的詩篇は2管編成のフルオーケストラに拡大されました。現在は殆どこの形で演奏されます。

ナレーションはフランス語で、美しいフランス語である事が要求されます。

Of Honegger "King David" was premiered on June 11, 1921.

"Roi  David is  composed on the basis of the text by the playwright Rene Morax of Switzerland  as dramatic Psalm first ,  and  has been adapted to the oratorio (Symphonic Psalms) after.

Dramatic Psalms is composed to Chorus,solo singer, narator  and orchestora of only 17 players(wind, percussion, celesta, harmonium and only 1 contrabass)  but Symphonic Psalms full two tube formation orchestra . It  will be played  in this most current form.

Narration in French, it is a beautiful French is required.

2014年6月10日 (火)

今日の音楽 6月10日 交響詩「ヴィヴィアーヌ」 Music for today; June 10 Viviane,Symphonic Poem

フランスの作曲家ショーソンは1899年6月10日に自転車事故で亡くなりました。

フランスの作曲家は交通事故に関わる人が多いですね。フランクは辻馬車の事故、デュリュフレは自動車事故、ラヴェルはタクシー事故がそれぞれ死亡の遠因になっています。

特にショーソンは自転車事故そのものが死因で、わずか44歳で亡くなってしまいました。パリ音楽院ではフランクに師事し作曲を学びましたが、1886年にサン=サーンスが組織したフランス国民音楽協会に参加したため、作曲のペースはダウンし、その上早死にしたために遺された作品の数は多くはありません。

交響詩「ヴィヴィアーヌ」は数少ない純粋な管弦楽曲のひとつで、ワーグナーの影響を強く感じさせる曲でライトモティーフが使われています。ヴィヴィアーヌは「アーサー王と円卓の騎士」に登場する湖の妖精です。

Composer Chausson of France died in a bicycle accident on June 10, 1899.

There are quite a lot of composers of France involved in traffic accidents. Each (Durufle car accident, Frank crossing carriage accident and Ravel taxi accident) ,has become the underlying cause of death.

Particulary Chausson has passed away at 44 years old  cause of Bicycle accident itself.

He studied with Frank at the Paris Conservatory, but since he participated in Société Nationale de Musique which Saint-Saens was organized in 1886, the number of works bereaved in order to pace the composer is down, and premature death on the It is not many.

In one of the few pure orchestral, there is "Viviane" symphonic poem which a strongly feel the impact of Wagner ,so light motif has been used in music. Viviane is fairy of the lake that appeared in "King Arthur and the Knights of the Round Table".

Bicycle accident itself is the cause of death, Chausson has passed away at 44 years old in particular. I learned a composer and studied with Frank at the Paris Conservatory, since it participated in the France national music Association Saint-Saens was organized in 1886, the number of works bereaved in order to pace the composer is down, and premature death on the It is not many.

In one of the few pure orchestral, light motif has been used in music in which a strongly feel the impact of Wagner symphonic poem "Vision Vu~ianu". Vision Vu~ianu is fairy of the lake that appeared in "King Arthur and the Knights of the Round Table".

2014年6月 9日 (月)

今日の音楽 6月9日 ソー・イン・ラヴ Music for today; June 9 So in Love

作曲家のコール・ポーターは1891年6月9日にインディアナ州で生まれました。

コール・ポーターは、20世紀半ばの映画界を支えた作曲家のひとりですが、当初はなかなか芽が出ませんでした。1915年にブロードウェイのミュージカル「Hang Up」でデビューしましたが成功せず、ようやく彼の曲がヒットしたのは1932年のミュージカル「陽気な離婚」でした。

1936年からは映画音楽に進出し、数々のヒットを生みました。コール・ポーターの曲で、まず思い浮かべるのが映画「上流社会」のトゥルー・ラヴですが、今日は「ソー・イン・ラヴ」を選びました。

「ソー・イン・ラヴ」はミュージカル「キス・ミー・ケイト」の曲で、モートン・グールドが編曲したバージョンが、「日曜洋画劇場」のエンディング・テーマとして1966年から2003年までの長い期間使われて、映画好きの日本人に耳なじみになりました。ピアニストの中村紘子ラフマニノフの曲だと思っていたという程、ラフマニノフっぽいアレンジです。

Cole Porter composer was born in Indiana on June 9, 1891.

Cole Porter is one of the composer who supported the film industry in the mid-20th century, bud did not come easily at first. He debuted in the Broadway musical of "Hang Up" in 1915, but without success, the song that he finally hit was "Gay divorce" musical of 1932.

He entered the film music from 1936, it has produced a number of hits. This is True Love the movie "High Society" songs of Cole Porter, is imagining first, but I chose the "So In Love" today.

It is a song from the musical "Kiss Me Kate", version Morton Gould was arrangement is used long period of 1966-2003 as the ending theme of "Sunday Movie theater" and I think it  became familiar to the ears of Japanese movie lovers. Hiroko Nakamura Japanese famous pianist had been thunk it was a song compesed by Rachmaninov, so I also think it is arranged like Rachmaninoff.

日本ではモートン・グールドが編曲したものを使用した「日曜洋画劇場」のエンディングテーマとして知られていました。

2014年6月 8日 (日)

今日の音楽 6月8日 ヒーロー  Music for today; June 8 Holding Out for a Hero

歌手のボニー・タイラーは1951年6月8日にウェールズで生まれました。

オペラ好きの母親から音楽的な影響を受けたボニー・タイラーは、ジャニス・ジョプリンティナ・ターナーに感化され10代の頃からバンドを組んで歌っていました。

1975年に最初のシングルを発売し、パワフルな歌は徐々に人気を獲得していき1978年の"It's a heartache"でスターダムにのし上がりました。

1984年に公開された映画「フットルース」の挿入歌「ヒーロー」は、彼女の最後の大ヒット曲となりましたが、日本では麻倉美稀がテレビドラマ「スクール☆ウォーズ」のテーマとしてカバーしてヒットしました。

Bonnie Tyler singer was born in Wales on June 8, 1951.

Bonnie Tyler affected musical from the mother of the opera lover, was singing with his band since she was a teenager is inspired by Tina Turner and Janis Joplin.

She launched the first single in 1975, and her  powerful song was rise to stardom in "It's a heartache" of 1978 and continue to gain popularity gradually.

Insert song "Holding our for Hero" which was film of "Footloose,"  in 1984  was released a big hit song of the last of her, but in Japan Miki Asakura covers the theme TV drama "School Wars;Hero" became a hit.

2014年6月 7日 (土)

今日の音楽 6月7日 ニューヨーク東8番街の奇跡 Music for today; June 7 *Batteries not Included

女優のジェシカ・タンディは1909年6月7日にロンドンで生まれました。

演劇を学び舞台を中心に活躍し1947年にはブロードウェイでテネシー・ウィリアムズの「欲望という名の電車」に出演しトニー賞を獲得しました。

数々の映画にも出演し、1989年には「ドライビング miss デイジー」で80歳の高齢でアカデミー主演女優賞を獲得しています。

「ニューヨーク東8番街の奇跡」は1987年に公開された映画。原題は「* Batteries not included(バッテリーは含まれません)」。UFOと人間のふれあいを描いたSFファンタジーですが、UFOそのものを生き物として描いている点がとても面白い映画でした。音楽はジェームズ・ホーナーが担当しています。

Jessica Tandy the actress was born in London on June 7, 1909.

She earned Tony Award  starring in Tennessee Williams' A Streetcar Named Desire "on Broadway in 1947 and was active mainly in the stage studied theater.

It also appeared in numerous movies and she has won an Academy Award for Best Actress elderly 80-year-old in "Driving Miss Daisy" in 1989.

Film was released in 1987, "Batteries Not Included".It is a SF fantasy depicting the interaction of human beings and UFO, except that it is drawn as a creature UFO itself was a very interesting movie. James Horner is in charge of music.

2014年6月 6日 (金)

今日の音楽 6月6日 ヴァイオリン協奏曲第5番(ヴュータン) Music for today; June 6 Violin concerto No.5(Vieuxtemps)

ベルギーの作曲家アンリ・ヴュータンは1881年6月6日に亡くなりました。

1820年にヴァイオリン職人に家系に生まれたヴュータンは、幼少の頃からヴァイオリンを学び6歳でデビューしました。
その後ヨーロッパ中を演奏旅行し、「小さなパガニーニ」と言われるほどヴァイオリニストとして確固たる地位を築きました。

ヴュータンは作曲家への憧れを抱いて1835年にウィーン音楽院に入学し作曲法を学びました。ヴュータンの作品の中では、やはりヴァイオリン協奏曲の人気が高いようです。全部で7曲あるヴァイオリン協奏曲の中でも第4番と第5番が曲の完成度、人気とも最も高い評価を得ています。

ヴァイオリン協奏曲第5番イ短調op.37は、単一楽章の曲で「ル・グレトリ」の標題でよばれています。これはアダージョの部分がグレトリのオペラ「ルシール」のメロディを用いているためです。

この曲は元々ブリュッセル音楽院の卒業試験の課題曲として作曲され、パリ音楽院の卒業試験の課題曲として改訂されたものです。従って、性格上非常に難しいテクニックを要求される曲となっています。

Composer Henri Vieuxtemps of Belgium died on June 6, 1881.

Vieuxtemps was born into a family violin craftsman in 1820, made ​​its debut at the age of six to learn the violin from a young age.
It has established a strong position as violinist enough to touring all over Europe then, is said to be "small Paganini".

Vieux learned composition method and entered the Vienna Conservatory in 1835 with a sense of longing to the composer. Among the works of Vieuxtemps, popular Violin Concerto seems to be still high. No. 5 and No. 4 have gained the highest rating completeness of the songs, both popular in the Violin Concerto as seven songs in total.

Violin Concerto No. 5 A minor op.37 has been called by the title of "Le Gretry" in a single song movement. This is because part of the Adagio is using the melody of opera "Lucile" composed by Gretry.

It is a thing that this song is composed as a repertoire of graduation examination of the original The of Royal Conservatory of Brussels, has been revised as a repertoire of graduation examination of Paris Conservatory. Therefore, it has become a song that requires technique very difficult naturally.

2014年6月 5日 (木)

今日の音楽 6月5日 交響曲第1番(ウェーバー) Music for today; June 5 Symphony No.1(Weber)

ドイツの作曲家ウェーバーは1826年6月5日に結核による39歳で亡くなりました。

ウェーバーと言えば、歌劇をジングシュピールからロマンチック・オペラへと導いた作曲家として知られていますが、交響曲も2曲作曲しています。ただし、2曲とも青年期に作曲されたもので、聴けば従兄のモーツァルトの交響曲の作風が強く、まだロマン派音楽とは言えない曲です。

交響曲第1番は、フルート1本とクラリネットを欠く小さい編成の曲で、モーツァルトの交響曲第31番「パリ」をかなり強く意識した曲となっています。

Composer Weber of Germany died at the age of 39 due to tuberculosis on June 5, 1826.

Speaking of Weber, he is known as a composer, which led the opera from singspiel to the romantic opera ,
And he also composed  the 2 symphonies.  However, those two symphonies  also were written in adolescence, it is a song that style of symphony of Mozart ,his cousin, is strong and if you listen, it can not be said that romantic music still.

Song of a small organization lacking the clarinet and one flute, Symphony No. 1, has become a piece that has a strong awareness fairly Symphony No. 31 "Paris" of Mozart.

2014年6月 4日 (水)

今日の音楽 6月4日 波の娘 ;Music for today June 4 The Oceanides

シベリウスの交響詩「波の娘」op.73は1914年6月4日にアメリカのノーフォーク音楽祭で初演されました。

「波の娘」はシベリウスにしては珍しくフィンランドに直接関係しないギリシア神話に基づく題材による曲です。アメリカの実業家によって委嘱された作品で当初は3曲からなる組曲として計画されましたが、最終的には三部形式の交響詩として発表されました。

冒頭ヴァイオリンによって波のうねりが演奏され、その上を飛び跳ねる波の娘たちがフルートによって表現されます。

"The Oceanides" ,symphonic poem op.73 of Sibelius has been premiered at the Norfolk Music Festival in the United States on June 4, 1914.

"The Oceanides" is a song by the subject based on Greek mythology that are not directly related to Finland uncommon in the Sibelius. It was commissioned by the American businessman and It has been planned as a suite consisting of three songs in the original work , but it was announced as the symphonic poem of the three-part format finally.

Swell of the waves is played by violins begining adm  the oceanides jump up and down on it is represented by the flute.

2014年6月 3日 (火)

今日の音楽 6月3日 交響詩「水の精」  Music for today; June 3 Vodnik,Symphonic poem

ドヴォルザークの交響詩「水の精」op.107は、1896年6月3日にプラハで初演されました。

ドヴォルザークは5曲の演奏会用序曲と5曲の交響詩を作曲していますが、「謝肉祭」以外はあまり演奏される機会がありません。

5つの交響詩の内「英雄の歌」を除く4曲がチェコの国民的詩人のカレル・ヤロミール・エルベンの13篇からなる詩集「詩の花束」からインスピレーションを受けて作曲されたものです。「水の精」は9篇目の詩から作曲されました。「水の精」というタイトルとるから感じる内容とは全く異なり、非常におどろおどろしいストーリーです。

これらのドヴォルザークの管弦楽作品は、交響曲や協奏曲などと比べると若干精彩が無いのが演奏回数が少ない原因かもしれません。

"Vodnik"op.107 symphonic poem of Dvorak, was premiered in Prague on June 3, 1896.

Dvorak has composed 5 symphonic poems and 5 concert overtures, but there is a few chance to be played except  "The Carnival".

4 in 5 pieces of symphonic poems except"Píseň bohatýrská" is composed of  be inspired  by "Kytice" wihch was written by Karel Jaromír Erben of the national poet of the Czech Republic. "Vodnik" was composed from verses 9th poem. Completely different to what you feel because it takes the title of "Kytice" is the very mysterious and grotesque.

Orchestral Music of Dvorak of these, might cause performance less frequent that there is no slightly bland in comparison with such concerto and symphony.

2014年6月 2日 (月)

今日の音楽 6月2日 レ・シルフィード Music for today; June 2 Les Sylphides

ショパンの曲をバレエに編曲したレ・シルフィードの第3版は1909年6月2日にパリ・シャトレ座で初演されました。

ショパンは、純粋な管弦楽の曲を全く作曲しなかったという、大作曲家の中では稀有な存在です。
そして、これだけピアノの名曲を多く遺したのですが、後の作曲家が変奏曲のテーマに使ったりオーケストラにアレンジした作品も非常に少ないです。ピアノ曲としての完成度が高すぎて、後の作曲家も遠慮したからでしょうかね。

ショパンの作品の中から数曲を選んでストーリーの無いバレエ音楽に編曲したものが「レ・シルフィード」です。当初は「軍隊ポロネーズ」など4曲に編曲者グラズノフ自身のワルツを加えたものでしたが、現在はロイ・ダグラス前奏曲イ長調、夜想曲変イ長調ワルツ変ト長調op.33-2op.67-3の2つのマズルカ、ワルツ嬰ハ短調華麗なる大円舞曲をアレンジしたものが使われています。

バレエは森の精と詩人が月明かりの下で踊り明かすという幻想的な内容ですが、音楽だけ聴いていると結構退屈です。やっぱり原曲のピアノ曲には遥かに及ばないですね。

Third edition of Les Sylphides, which arranged the ballet music of Chopin was premiered at the Paris Chatelet Theatre on June 2, 1909.

Chopin is a rare presence in the great composer who did not compose pure orchestral music..
And  he left  many masterpieces of the piano, but the work of the composer after twist on orchestra or use the theme of variation is also very few. I wonder his music had been very complete as piano music ,so composers after him could not use for their music by arrangement.

Which was arranged by the ballet music with no story to choose a few songs from the works of Chopin's "Les Sylphides." It was plus the waltz of arranger Glazunov own four songs such as "military polonaise" Initially, Prelude in A major, Nocturne A flat major, waltz G flat major, 2 mazurka op.33-2 and op.67-3,waltz C sharp major and The grand waltz brillante by Roy Douglas.

Ballet is the content fantastic poet and sylvan reveal that dance in the moonlight, but it is quite boring when I listen to music only. It's not far short of the piano music of the original song after all.

2014年6月 1日 (日)

今日の音楽 6月1日 幻想的ワルツ(グリンカ) Music for today; June 1 Waltz fantasia(Glinka)

ロシアの作曲家ミハイル・グリンカは1804年6月1日に生まれました。

近代ロシア音楽の父と言われ、後のロシア五人組に大きな影響を及ぼしたグリンカは海外で勉強していく内にロシアの音楽を作りたいという思いが強くなりました。やがてロシアを題材としたオペラなどを作曲しロシア国民楽派の礎を築きました。

幻想的ワルツは、元々ピアノ曲としてエカチェリーナという女性に捧げられました。ロシアに来ていたドイツ人指揮者ヨーゼフ・ヘルマンによって管弦楽に編曲され有名になりましたが、後にグリンカ自身が編曲しなおし、死の前年に改訂されたのが今では広く演奏されています。

この曲は、後にチャイコフスキーやグラズノフによって開花するロシア・ワルツの祖とも言える作品です。

Composer Mikhail Glinka of Russia was born on June 1, 1804.

I think Glinka which is said to be the father of modern Russian music, and had a great impact on the five-family unit Russia after that want to make the music of Russia while he studyed  abroad is now strong. I laid the foundation of the Russian nationalist and composed the opera and was subject to Russia.

Waltz fantasia, was dedicated to a woman named Catherine as originally piano. It became famous is orchestrated by German conductor Josef Hermann who had come to Russia, but  is played widely by now Glinka own re-arrangement after, and to have been revised in the previous year of death.

It is a work which can say this song is also the father of Russian waltz to flowering by Tchaikovsky and Glazunov later.

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »