ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 5月4日 さらばハイセイコー Music for today; May 4 Saraba Haiseiko | トップページ | 今日の音楽 5月6日 何度でも  Music for today; May 6 "Nandodemo" »

2014年5月 5日 (月)

今日の音楽 5月5日 レモンの花咲くところ Music for today ;May 5 Wo die Zitronen blüh'n

ヨハン・シュトラウスのワルツ「レモンの花さくところ」は1874年5月1日に初演されました。

原題にある"Zitronen"は以前は「シトロン」と訳されるのが通例でしたが、今はレモンと表記することが多いようです。
シュトラウスはイタリア演奏旅行の途中で、レモンの花が咲いている風景を見て作曲し、「美しいイタリア」というタイトルでトリノで初演しました。
シュトラウスは、ウィーンに帰ってから、ゲーテのミニョンの詩の一節からとった"Wo die Citronen bluh’n"というタイトルに改訂しました。

この曲はとても可愛らしい曲ですが、「美しく青きドナウ」や「ウィーンも森の物語」のような美しいメロディが次々と登場する曲に比べるとちょっと物足りないように感じます。

"Wo die zitronen bluh'n" waltz of Johann Strauss was premiered on May 1, 1874.

It was usually "Zitronen" in the original title's translated as "citron" before, but that it be referred to as lemon seem to be many now.
In the middle of a concert tour in Italy, Strauss composed by looking at the landscape of lemon flowers are in bloom, it was premiered in Torino under the title "Beautiful Italy" .
Strauss, was revised to Title from back in Vienna, taken from a fragment of a poem of Goethe's Mignon called "Wo die Citronen bluh'n".

This piece is a very pretty , but it feels like slightly unsatisfactory compared to "Geschichten aus dem Wienerwald "  or "An der schönen blauen Donau" that appeared beautiful melody one after another.

« 今日の音楽 5月4日 さらばハイセイコー Music for today; May 4 Saraba Haiseiko | トップページ | 今日の音楽 5月6日 何度でも  Music for today; May 6 "Nandodemo" »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今日の音楽 5月4日 さらばハイセイコー Music for today; May 4 Saraba Haiseiko | トップページ | 今日の音楽 5月6日 何度でも  Music for today; May 6 "Nandodemo" »