ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 5月3日 歌劇「ザンパ」序曲 Music for today; May 3 "Zampa" overture | トップページ | 今日の音楽 5月5日 レモンの花咲くところ Music for today ;May 5 Wo die Zitronen blüh'n »

2014年5月 4日 (日)

今日の音楽 5月4日 さらばハイセイコー Music for today; May 4 Saraba Haiseiko

日本の競走馬ハイセイコーは2000年5月4日に死亡しました。

ハイセイコーは地方競馬で無敵で、満を持して1973年中央競馬でデビューして活躍した馬です。

競馬ファンだけでなく国民の多くを巻き込んだ、第一次競馬ブームの立役者として今でも日本人の記憶に残っています。競馬をギャンブルという負のイメージから国民的娯楽へと変えたと言っても過言ではないでしょう。

ハイセイコーは1975年に引退しましたが、永年騎乗していた増沢末夫が歌った「さらば、ハイセイコー」は50万枚を売り上げる大ヒットになりました。

ハイセイコーはその後種馬として「カツラノハイセイコ」などを世に出し、1997年に種馬を引退し北海道で余生を送りました。

Haiseiko Racehorse in Japan died on May 4, 2000.

Haiseiko invincible at the local horse racing, is a horse who was active in his debut in the 1973 Japan racing Association  long-awaited.

It has remained in the memory of Japanese still involving a lot of people as well as horse racing fan, as the driving force behind the first-order horse racing boom. It will not be an exaggeration to say that it has turned into a national pastime from the image of the negative of the horse racing gambling.

When Haiseiko was retired in 1975,"Farewell, high Seiko" that Masuzawa Sueo that has been riding for many years sang was a huge hit to sell a 50 million copies.

Haiseiko  out into the world and "Katsuranohaiseiko" as a stallion was subsequently sent a rest of his life in Hokkaido and retired to stud in 1997.

« 今日の音楽 5月3日 歌劇「ザンパ」序曲 Music for today; May 3 "Zampa" overture | トップページ | 今日の音楽 5月5日 レモンの花咲くところ Music for today ;May 5 Wo die Zitronen blüh'n »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今日の音楽 5月3日 歌劇「ザンパ」序曲 Music for today; May 3 "Zampa" overture | トップページ | 今日の音楽 5月5日 レモンの花咲くところ Music for today ;May 5 Wo die Zitronen blüh'n »