ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月30日 (水)

今日の音楽 4月30日 ヴィリアの歌 Music for today; April 30 Song of Vilja

オペレッタの作曲家として知られるレハールは1870年4月30日にハンガリーで生まれました。

レハールはプラハ音楽院でドヴォルザークなどに学び、軍楽隊長を経てオペレッタの作曲家としてウィーンでデビューしました。

彼は1905年に作曲した「メリー・ウィドウ」で一躍人気作曲家になりオペレッタの第2期黄金期を作り上げました。彼の作品の特徴は美しいメロディで、メロディ・メーカーとしては20世紀随一の作曲家ではないでしょうか。「ヴィリアの歌」は第2幕の冒頭に未亡人ハンナによって歌われる有名なアリアです。ヴィリアは若者の心を虜にしてしまう森の精です。

Lehar, known as a composer of operetta was born in Hungary on April 30, 1870.

He learned in Prague Conservatory from Dvrak so on, and made its debut in Vienna as a composer of operetta through the military band length.

He become a popular composer suddenly by "The Merry Widow".which was composed in 1905, and he created a second phase golden age of operetta.  Characteristic of his work is a beautiful melody  and I think that he was the composer of the 20th century's most as a malody makers.  "Vilja Song" is a famous aria sung by the widow Hanna at the beginning of the second act. Vilja is the spirit of the forest that would have captivated the hearts of young people.

2014年4月29日 (火)

今日の音楽 4月29日 楽園への道 Music for today; April 29 The walk to the paradise garden

イギリスの指揮者トーマス・ビーチャムは1879年4月29日に生まれました。

ビーチャム製薬の御曹司として裕福な家庭に生まれたビーチャムは莫大な資産をつぎ込んでオーケストラを作ったり、ロイヤル・オペラハウスを借り切ったり自分の好きなことをやってきました。この頃ディーリアスに出会い親交が続いたようです。

と言っても、ビーチャムはただのお金持ちの道楽ではなくイギリスの音楽界に大きな足跡を残しました。1932年のロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の創設もそのひとつです。

ビーチャムが積極的に取り上げたディーリアスはどの楽派にも属さない独自の道を歩んだ作曲家です。「楽園への道」は歌劇「村のロミオとジュリエット」の中の間奏曲で、駆け落ちをしたカップルが2人にとっての楽園である死への道を歩き出すという音楽。幻想的な癒し系の音楽です。

Conductor Thomas Beecham of England was born on April 29, 1879.

Beecham who was born to a wealthy family as the son of a noble family of the Beecham Pharma has been doing to their favorite or make a orchestra in invested a huge asset, or reserve  the Royal Opera House only for himself. Encounter friendship seems to have followed Delius this time.

To say that, Beecham has left a big mark on the music scene in the UK rather than the debauchery of the rich only. Creation of a London Philharmonic Orchestra in 1932 is one of them.

Delius that Beecham often played his music actively is the composer who walked the road of their own that do not belong to any faction easier.

"The walk to the paradise garden" is a interlude in "The village Romeo and Juliet" opera and is music couple who eloped start walking on the road to death  It is the music of healing fantastic.

2014年4月28日 (月)

今日の音楽 4月28日 クレルヴォ交響曲 Music for today; April 28 Kullervo-sinfonia

シベリウスのクレルヴォ交響曲op.7は1892年4月28日にヘルシンキで初演されました。

シベリウス自身は、譜面の扉に「独唱者と合唱、管弦楽のための交響詩」と記しているのですが、規模の大きさ、楽章の配置や構成から交響曲と言われています。

この曲は、シベリウス初期の作品で、その後に作曲された7つの交響曲と比較すると非常に長大です。「クレルヴォ」はフィンランドの叙事詩「カレワラ」の第31章から36章にあたる物語です。曲想自体は、まだシベリウス色は弱く、ロマン派音楽の匂いが強く感じられます。

"Kullervo-sinfonia~ op.7 of Sibelius was premiered in Helsinki on April 28, 1892.

Sibelius himself wrote "symphonic poem for chorus, soloists and orchestra" in the door of the music score, but it is said to symphony because of its size of scale and the arrangement and structure of the movement.

This piece is longest in the works of seven symphonies of Sibelius.  "Kullervo" is the story corresponding to Chapter 36 from Chapter 31 of the Finnish epic "Kalevala". about atmosphere of this piece ,Sibelius color is still weak and rather be felt strong smell of romantic music.

2014年4月27日 (日)

今日の音楽 4月27日 エリーゼのために  Music for today; April 27 For Elise

ベートーヴェンの「エリーゼのために」は1810年4月27日に作曲されました。

「エリーゼのために」はベートーヴェンの作品の中でも世界中で愛好されている曲のひとつで、愛する人との楽しい時間を表す明るく可愛らしい部分と、恋の苦悩や悲しさを表す激しい部分からできています。

「エリーゼ」については諸説ありますが、ソプラノ歌手のエリザベート・レッケルかテレーゼ・マルファッティが有力のようです。

"Fur Elise" by L.V.Beethoven was composed on April 27, 1810.

"Fur Elise" is  one of the songs that are lovers all over the world among the works of Beethoven , and are made with lovely bright portion representing a fun time with loved ones, from intense portion representing the sadness and anguish of love You.

There are several theories about the "Elise", but Therese Malfattii or Elisabeth Rekkeru of soprano is leading opinions.

2014年4月26日 (土)

今日の音楽 4月26日 交響曲第4番(アイヴズ) Music for today; April 26 Symphony No.4(Ives)

アイヴズの交響曲第4番は1965年4月26日にストコフスキー指揮アメリカ交響楽団の演奏で初演されました。

アイヴズの不協和音を伴う音楽はアイヴズが存命中はなかなか理解されず、アメリカの現代音楽の先駆者として評価されるようになったのは、彼の死後20世紀半ばになってからです。この第4番の交響曲も1910年から1911年にかけて作曲され1927年に第2楽章までが初演されたものの、全曲が初演されたのは彼の死後10年以上後でした。

この曲は数々の賛美歌をベースとして作曲されています。我々も良く知っている「主よみもとに」も聴くことができます。第2楽章は圧巻で、「ワシントンポスト」「埴生の宿」「モーツァルトのクラリネット五重奏曲」や「草競馬」などが引用され、不協和音の嵐にもかかわらずとても楽しい曲です。第3楽章は打って変わって非常に美しい曲です。

Symphony No. 4 of Ives has been premiered at the performance of American Symphony Orchestra conducted by Stokowski in April 26, 1965.

Music with a cacophony of Ives was not understood enough under his subsistence, and came to be evaluated as a pioneer of contemporary American music  in the mid-post-mortem 20th century. Symphony No. 4 was composed between 1910-1911, but it  was premiered in 1927  only to the second movement and all piece was  premierede  more than 10 years later after his death.

This song has been composed based on a number of many hymns . You can listen we also know well "Nearer, My God, to Thee." The second movement is in the best part, because  quoted "Washington Post" "Homen Sweet Home, ""Clarinet Quintet of Mozart" and ""Camptown Races", such as ,and is a fun song despite the storm of dissonance. The third movement is a very beautiful song changed by typing.

2014年4月25日 (金)

今日の音楽 4月25日 ワルツイ短調op.34-2(ショパン) Music for today; April 25 Waltz A-minor op.34-2(Chopin)

ウクライナ生まれのピアニスト アレクサンダー・ブライロフスキーは1976年4月25日にアメリカで亡くなりました。

彼がキエフ音楽院の学生だった時にラフマニノフに見出されウィーンに留学しました。彼は1919年にパリでデビューし、1926年にフランス国籍を取得しましたが、最終的にはアメリカに帰化しました。

彼はショパンの作品を得意とし、特にワルツの演奏には定評がありました。しかしながら、透明な音と洒落た味わいで語りかけるような演奏スタイルが、力強く大音量で圧倒する当時の風潮に合わずヨーロッパ時代に比較すると成功はしなかったようです。

ショパンのワルツイ短調op.34-2は、3曲の華麗なる円舞曲のひとつで終始陰鬱な雰囲気の曲ですが、ショパンが最も気に入っていたワルツです。

Pianist Alexander Brailowsky who was born in Ukrainian- died in the United States on April 25, 1976.

When he was a student of the Kiev Conservatory,Rachmaninoff found him and he went to study to Vienna. He debuted in Paris in 1919, and he was granted French citizenship in 1926, but has been naturalized in the United States in the end.

He specializes in the works of Chopin, had a good reputation for performance of the waltz in particular. However, But it did not like success playing style, such as in the taste speak for cool and clear sound, as compared to Europe era not meeting the climate of the time overwhelm loud strong.

Waltz A minor op.34-2 of Chopin  ,one of the three Waltz Brillante , is a piece from beginning to end of a gloomy atmosphere but it is Chopin waltz liked most.

2014年4月24日 (木)

今日の音楽 4月24日 カンタータ第4番「キリストは死の縄目につながれたり」 Music for today; April 24 Cantata No.4"Christ lay in death's bonds"

バッハのカンタータ第4番「キリストは死の縄目につながれたり」BWV.4は1707年4月24日に初演されました。

この曲は復活祭の礼拝で演奏されるもので、全8曲からできているカンタータです。1曲目のシンフォニアを除く全ての曲がマルティン・ルター作のコラールを編曲したコラール変奏曲になっています。

"Christ lay in death's bonds" which is Cantata No.4 BWV.4 of Johan Sebastian Bach was premiered on April 24, 1707.

This song is meant to be played in worship of Easter, is a cantata that is made from all eight songs. It becomes the Chorale Variations songs arranged by the chorale of Martin Luther work.except for the Sinfonia of the first song.

2014年4月23日 (水)

今日の音楽 4月23日 ピアノと管弦楽のためのバラード  Music for today; April 23 Ballad for a piano and orchestra

フォーレのピアノと管弦楽のためのバラード嬰ヘ長調op.19 は1881年4月23日に初演されました。

この曲はフォーレの初期の作品で、我々が知っているフォーレの音楽とは少し異なる趣きです。この曲は元々ピアノ独奏用に作曲されましたが演奏が難しすぎるという事もありオーケストラつきの曲に改訂されました。
はじめに長いピアノ独奏がありますが、古典派を思わせる立派な独奏で、オーケストラはいつの間にか静かに入ってきます。

曲の構成は単純で、バラードというタイトルはついていますが他に名称をつけようが無かったのでしょうか。

Ballade for piano and orchestra in F sharp major, Op. Op.19  of Faure was premiered on April 23, 1881.

This song is the early work of Faure ,so  quaint little different from the music of Faure that we know. Though this piece was composed originally for solo piano performance , it was revised in tune with the orchestra because it  is too difficult to play.
There is a long piano solo at the beginning, but in a fine solo reminiscent of the classical school, the orchestra comes in to quiet to listen.

Structure of the song is simple, and title ballad comes from only no name to call this song maybe.

2014年4月22日 (火)

今日の音楽 4月22日 スペース・ファンタジー Music for today; April 22 Space Fantasy

作編曲家の冨田勲は1932年4月22日に東京で生まれました。

新日本紀行ジャングル大帝の作曲者だった冨田勲がシンセサイザーに出会ったのが大阪万博でした。彼はそこでムーグ社のシンセサイザーを聴いて、「これが自分がやりたい音楽」と感じ1974年にドビュッシーの作品を編曲した「月の光」をリリースしこれがヒットしました。その後「展覧会の絵」「火の鳥」といったアルバムが全米のクラシックチャートでトップになるなど世界的なアーチストになりました。

「スペース・ファンタジー」は、冨田勲の5枚目のアルバム「宇宙幻想」の1曲目にあたる曲です。(海外盤では2曲目)。この曲はR.シュトラウスツァラトゥストラはかく語りきワーグナーワルキューレの騎行と「タンホイザー」序曲の3曲をアレンジしてオムニバス形式としています。

3曲とも元々オーケストレーションに優れた曲ですので、シンセサイザーへのアレンジもなかなか迫力ありますよ。

Isao Tomita ,composer and arranger, was born in Tokyo on April 22, 1932.

It was Osaka Expo which Isao Tomita the composer of the "Kimba the White Lion"  and "New Japan Travelogue" met synthesizer.  When he listened to synthesizer Moog there, he had been felt "This is music that I want to do.," So he  arranged and released by the works of Debussy "Clair de Lune".After  that  he became artists worldwide by "Pictures at an Exhibition" and "Firebird" that they had become a classic top chart in the United States.

"Space fantasy" is fifth album of Isao Tomita " space fantasy song corresponding to the first track of ". (The second song Overseas Edition). This song R. Strauss of the Also Sprach Zarathustra , Wagner of Ride of the Valkyries "and Tannhauser overture . It is omnibus to arrange three songs of ..

Because these three pieces had made excellent original orchestration, there are also quite powerful arrangement to the synthesizer.

2014年4月21日 (月)

今日の音楽 4月21日 交響曲第6番(ヴォーン=ウィリアムズ) Music for today; April 21 Symphony No.6(Vaughan=Williams)

ヴォーン=ウィリアムズ作曲の交響曲第6番ホ短調は1948年4月21日にボールト指揮BBC交響楽団の演奏でロンドンで初演されました。

ヴォーン=ウィリアムズはすでに75歳になっていましたが作曲意欲は旺盛で、先鋭的な第4番を除くそれまでの4つの交響曲とは異なる、激しい不協和音による闘争的な曲になっています。第1楽章から第3楽章までは第二次世界大戦の混乱を反映していると言われています。

全体の3分の1を占める終楽章は、対象的に終始ピアニッシモで演奏されますが、これは平和を暗示したものではなく生命の沈黙を表したものと考えられます。最後は消え入るように終わります。

Symphony No. 6 in E minor of Vaughan Williams composition was premiered in London for playing the Sir Adrian Boult command BBC Symphony Orchestra on April 21, 1948.

Vaughan Williams had become the 75-year-old already composer motivation is vigorous, and it is different from the symphony from No.1 to No.5 except No.4 which was combative with violent dissonance. It is said that up to the third movement from the first movement and reflects the turmoil of World War II.

Final movement, which accounts for one third of the whole, is played pianissimo throughout In contrast, it is considered that this is representing the silence of life rather than those implied peace. It is finished so that it may disappear.

2014年4月20日 (日)

今日の音楽 4月20日 2つの肖像(バルトーク) Music for today ;April 20th Two Portraits for Orchestra

バルトークの管弦楽のための2つの肖像は1916年4月20日に初演されました。

2つの肖像は、「理想的なもの」と「醜いもの」の2つの曲で構成されています。この曲は生前発表できなかったヴァイオリン協奏曲第1番を下敷きにしたもので、第1曲はその第1楽章を改訂したもの、第2曲は初めは第2楽章転用したものでしたが、後に「ピアノのための14のバガテル」の終曲「私の恋人は踊る」を管弦楽に編曲したものです。

Két portré (2 Portraits for Orchestra) composed by Bartok was premiered on April 20, 1916.

Két portré are made ​​up of two songs of "ugly" and "ideal". This song is based on his Violin Concerto No. 1  which was not published during his lifetime. First song is amends the first movement and  the second song was from the second movement diversion at first, but later  it was rivised to be orchestrated "My sweetheart dance" the finale of "14 Bagatelles for piano".

2014年4月19日 (土)

今日の音楽 4月19日 予言者(マイアーベア) Music for today; April 19 The Profet(Meyerbeer)

マイアベーア作曲の歌劇「予言者」は1849年4月19日にパリで初演されました。

マイアベーアはロッシーニに代表されるイタリア様式のオペラとモーツァルトなどによるドイツオペラを折衷して新しくグランドオペラを確立し、後の作曲家に大きな影響を与えた作曲家です。

残念ながら彼の作品は当時はロッシーニの亜流という評価しか得られませんでしたが、その先進的な管弦楽法はワーグナーにも大きな影響を与えたと言われています。

「予言者」はマイアーベアの代表作のひとつで、特に第4幕で演奏される戴冠行進曲は堂々として華麗な曲で知られています。

Opera composer Meyerbeer "prophet" was premiered in Paris on April 19, 1849.

Meyerbeer is a composer to establish a new grand opera by the eclectic German opera by Mozartand of Italian style typified by Rossini and had a major impact on later composers.

It is said that his work did not get only evaluated as imitator of Rossini at the time, but the orchestration advanced had a major impact on the Wagner.

Is one of the representative works of Meyerbeer, coronation march to be played in the fourth act in particular is well known for its brilliant song as imposing a "Les prophet".

2014年4月18日 (金)

今日の音楽 4月18日 序曲ハ長調(メンデルスゾーン) Music for today;April 18 Overture C-major(Mendelssohn)

メンデルスゾーンの吹奏楽のための序曲ハ長調op.24は1828年4月18日に初演されました。

ロマン派の作品の中には吹奏楽の曲は決して多くはありませんが、メンデルスゾーンがバルト海沿岸の北ドイツの旅行した際に当地の吹奏楽団のために作曲したのが、序曲ハ長調の原型となりました。この曲自体は譜面が失われましたが後に復元され改訂を加えられて現在の姿になっています。

復元された際には「ノットゥルノ」というタイトルで23の管楽器と打楽器のための曲でしたが1838年に改訂されて吹奏楽のための曲になりました。

曲は古典的な響きのする活気にあふれる音楽です。

Overture in C major op.24 for wind music of Mendelssohn was premiered on April 18, 1828.

There were fewpieces for wind band in the Romantics, but was composed for brass band here when Mendelssohn was traveling north German Baltic coast, became the prototype of the Overture in C major were. The song itself has been lost, but the music has become the current figure is added the revision is restored after.

It was music for 23 percussions and wins instruments  under the title "Notturno" when it was restored, but it was now in tune for brass band revised in 1838.

The song is the music vibrant for sounding classic.

2014年4月17日 (木)

今日の音楽 4月17日 失われた地平線  Music for today; April 17 The lost horizon

女優オリヴィア・ハッセーは1951年4月17日にブエノスアイレスで生まれました。

オリヴィア・ハッセーは映画「ロミオとジュリエット」で人気スターになりましたが、その後は作品に恵まれず一発屋で終わってしまいました。それでも彼女はいくつかの映画に出ていますが、その中の作品のひとつがミュージカル「失われた地平線」でした。彼女の父親はオペラ歌手だったので元々歌の素質はあったのでしょうが無難にこなしていました。

「シェア・ザ・ジョイ」は理想郷シャングリラに迷い込んできた人たちを歓迎するためにオリヴィアが歌って踊った曲です。

Actress Olivia Hussey was born in Buenos Aires on April 17, 1951.

Olivia Hussey became a popular star in "Romeo and Juliet" movie, but I wonder she was end with a one-hit  because she  blessed with work . But she has come out in several films, one of the works in it was the musical "Lost Horizon". Her father was opera singer, so she sung safely.

"Share The Joy" is a song that Olivia danced and sang to welcome the people who have strayed to utopia Shangri-La.

2014年4月16日 (水)

今日の音楽 4月16日 涙のくちづけ Music for today; April 16 Sealed with a kiss

歌手のボビー・ヴィントンは1935年4月16日にアメリカのペンシルバニア州キャノンズバーグで生まれました。

1960年代に「ミスター・ロンリー」や」「ブルー・ヴェルヴェット」などのヒット曲を出し活躍しました。「涙のくちづけ」も彼の大ヒット曲のひとつで、レターメンなどによって数々のカバーも生まれた名曲です。

Bobby Vinton singer was born in Canonsburg, Pennsylvania in the United States on April 16, 1935.

He has worked out a hit song  "Mr. Lonely," "and" Blue Velvet "in the 1960s. One of the greatest hits of his "Sealed with a kiss" is a masterpiece born also cover a number of the Lettermen and so on.

2014年4月15日 (火)

今日の音楽 4月15日 エレクトリカル・パレード Music for today; April 15 Electrical Parade

東京ディズニーランドは1983年4月15日に開園しました。

東京ディズニーランドは、5つあるディズニーのテーマパークの中で唯一ディズニーの直営ではないテーマパークです。オリエンタルランドがライセンス契約を行い千葉県浦安市に建設されたもので、当初は現在のような一大テーマゾーンではなく、ディズニーランドと4つのオフィシャルホテルだけの比較的こじんまりとしたテーマパークでした。

東京ディズニーランドの成功を受けて、日本中にテーマパークが建設されましたが大都会からの交通の便などの諸条件や徹底した顧客サービスと非日常性の演出などで他のテーマパークの追随を許さず、30年たった今でも黒字経営を続けています。

ディズニーランドの目玉のひとつが、夜のパレードであるメインストリート・エレクトリカル・パレードでしょう。途中ファンテリュージョンが6年間実施されましたが、現在はエレクトリカル・パレード・ドリームライツとして実施されています。

Tokyo Disneyland was opened in April 15, 1983.

Tokyo Disneyland is a theme park that is not a direct management only in Disney 5 theme parks of Disney . Which was built in Urayasu, Chiba Prefecture Orientaland co. performs a license agreement, is not a major theme zone like the present, it was a theme park that is a small and relatively only official hotel and four Disneyland initially.

Following the success of Tokyo Disneyland, many theme parks were built in all of Japan , but followers of the theme park the other, such as production of non-daily life customer service and thorough and various conditions such as transport links from the big city do not tolerate, we have been profitable even now in '30.

One of the highlights of Disneyland, will be Main Street Electrical Parade is a parade of the night. Fantellusion  has been conducted for six years the way, but it is implemented as Electrical Parade Dreamlights now.

2014年4月14日 (月)

今日の音楽 4月14日 見よ勇者は帰る Music for today; April 14 See the conquering hero comes

作曲家ゲオルク・フレデリック・ヘンデルは1759年4月14日に74歳で亡くなりました。

ヘンデルはバッハと同じ年に生まれ、当時はバッハを凌ぐ音楽家として活躍しましたが、今では19世紀にバッハが見直されてからは、少々評価が下がってしまったようです。

それでもヘンデルはバッハと並ぶバロックを代表する作曲家である事には変わりないです。

ヘンデルと言えば「ラルゴ(オンブラ・マイ・フ)」とか「ハレルヤ」という誰でも知っている曲がたくさんありますが、最も有名な曲は「見よ勇者は帰る」でしょうね。運動会やスポーツ大会の表彰式には欠かせない音楽ですが、元はオラトリオ「マカベウスのユダ」の中の曲です。「マカベウスのユダ」は偶像崇拝を強要する異教徒からイスラエルを解放した英雄です。この曲は賛美歌としても歌われ、特にヨーロッパではクリスマスにも歌われる曲です。

Composer Georg Frederic Handel died at the age of 74 on April 14, 1759.

Handel was born in the same year as J.S.Bach, he worked as a musician surpassing Bach at the time,  but since Bach was reviewed in the 19th century , little evaluation seems to have gone down.

Handel is still not turn into it is a composer to represent the baroque, along with Bach.

There are a lot of songs " Largo (Ombra Mai Fu)" or the "Hallelujah" even know Speaking of Handel, but the most famous song'd say "See the conquering hero comes". It is a music which is indispensable for the awards ceremony of sports events and athletic meet, but the original is a song in the "Judas Machabeus" oratorio. "Judas Machabeus" is the hero who freed Israel from pagan to force idolatry. This song is sung as a hymn, and sung to Christmas, especially in Europe.

2014年4月13日 (日)

今日の音楽 4月13日 ニューヨーク、ニューヨーク Music for today; April 13 New York, New York

映画監督スタンリー・ドーネンは1924年4月13日にサウスカロライナ州で生まれました。

スタンリー・ドーネンはブロードウェイでコーラスをつとめていたところ、主演のジーン・ケリーと意気投合し、ケリーの助手としてハリウッドに乗り込みました。MGMで振付師やダンサーとしてキャリアを重ねケリーと共同で「踊る大紐育」や「雨に唄えば」を監督して映画を大ヒットに導きました。その後監督として独立し「略奪された七人の花嫁」などのミュージカルや「パリの恋人」「シャレード」など名作を世に送り出しています。

「ニューヨーク、ニューヨーク」は「踊る大紐育」の代表曲で、レナード・バーンスタインが作曲しています。

Film director Stanley Donen was born in South Carolina on April 13, 1924.

He had served as a chorus on Broadway first, and hit it off with Gene Kelly starring, Stanley Donen was boarded in Hollywood as an assistant to Kelly.

First He repeate  his career as a dancer and choreographer at MGM, and after that he has led to the blockbuster movie by director in collaboration with Kelly, such as "On the town" and "Singin 'in the Rain"

It has spun off a masterpiece  such as musical numbers "Seven brides for seven brothers" and romantic pieces "Funny Face" and "Charade" as an independent director .

"New York, New York" is Representative song "On the town", composed by Leonard Bernstein .

2014年4月12日 (土)

今日の音楽 4月12日 シュタイル風舞曲  Music for today; April 12 Styrian Dances

オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ランナーは1801年4月12日にウィーンで生まれました。

ランナーはシュトラウス一家に先立ってウィンナ・ワルツを確立させた作曲家で、ウィンナ・ワルツの祖とも呼ばれています。ワルツ、ポルカ、ギャロップ、レントラーなど400曲を超える作品を作曲しました。

シュタイル風舞曲は、ランナーの代表作のひとつで、大変に優雅なレントラーです。後にストラヴィンスキーがバレエ「ペトルーシュカ」の第3場「ワルツ」で流用したことでも知られています。

Composer Josef Lanner of Austria was born in Vienna on April 12, 1801.

He was establishing a Viennese waltz prior to the Strauss family, and  also known as the father of the Viennese waltz. He has composed the work of more than 400 songs waltz, polka, gallop, and Landler.

Styrian Dances is one of the representative works of him and very gracious Landler . Many people know Stravinsky was diverted third field of ballet ,Waltz, of "Petrushka"

2014年4月11日 (金)

今日の音楽 4月11日 渡良瀬橋  Music for today; April 11, Watarasebashi

歌手でシンガー・ソングライターの森高千里は1969年4月11日に大阪府茨木市で生まれました。

森高は1986年に大塚製薬の「第1回ポカリスエット・イメージガールコンテスト」でグランプリを受賞し芸能活動をスタートしました。
当初は女優と歌手を並行して活動していましたが、次第に歌手に軸足を置くようになり作詞作曲もするようになりました。
南沙織の「17才」のカバーがヒットし人気ミュージシャンとなり、「私がオバさんになっても」がヒットして多くの女性ファンも獲得しました。

「渡良瀬橋」は1993年のバラード調のヒット曲です。北関東を流れる渡良瀬川は利根川の支流で、渡良瀬橋は足利市にある橋です。

Moritaka Chisato singer-songwriter was born in Ibaraki, Osaka on April 11, 1969 .

Moritaka began performing arts activities won the Grand Prix of Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd. in the "1st Pocari Sweat Image Girl Contest" in 1986.
She had been working in parallel singer and actress initially, but now put our focus on the singer gradually.
She became a popular musician to hit the remake of  MinamiSaori "17-year-old"

" Watashi ga obasan ni nattemo (it means "even if I will be old lady") was also won the women many fans with hit ".

"Watarasebashi(It means Watarasebashi bridge)" is a hit song in 1993. Watarase River  through the northern Kanto in the tributaries of the Tone River. Watarasebashi is a bridge in the Ashikaga city.

2014年4月10日 (木)

今日の音楽 4月10日 贖罪  Music for today; April 10 Symphonic Poem"Redemption"

フランクの交響的間奏曲(交響詩)「贖罪」は1873年4月10日に初演されました。

この曲は、元々はエドゥアール・ブロウの詩を元に構成されたオラトリオとして作曲されました。
オラトリオの第2部には交響的間奏曲が挿入されていましたが、初演が失敗に終わり、周囲の勧めでこの間奏曲のみを改作したものが、交響詩「贖罪」です。

とても崇高な曲で、フランクらしい曲です。

Symphonic interlude music of Frank (symphonic poem) "Atonement" was premiered on April 10, 1873.

This song was composed as oratorio that is configured based on the poetry of Edouard Blow originally.
Symphonic interlude was being inserted into the second part of the oratorio, but this oratorio premiere had failed. After that, Franck  adapted only this interlude the recommendation of the surrounding, and  this is Symphonic Poem"Atonement".

It is a very sublime song that seems to be Frank.

2014年4月 9日 (水)

今日の音楽 4月9日 ヴィオラ協奏曲(バルトーク) Music for today; April 9 Viola concerto(Bartok)

作曲家で指揮者のアンタル・ドラティは1906年4月9日にブダペストで生まれました。

ドラティは父親がブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団のヴァイオリン奏者で、母親がピアノの教師という環境で育ちました。フランツ・リスト音楽院コダーイ に作曲を、バルトークにピアノを学びました。

1924年にハンガリー国立歌劇場で指揮者デビューを果たし、その後はドイツやアメリカなどで指揮者として活躍しました。1949年にはミネアポリス交響楽団を指揮してバルトーク作曲のヴィオラ協奏曲の世界初演をしています。

バルトーク作曲のヴィオラ協奏曲は、作曲途中でバルトークが亡くなってしまったため、現在は、ハンガリーの作曲家シェルイ・ティボール が補筆・完成させたものが演奏される事が殆どです。バルトークの草稿はヴィオラ独奏の部分はほぼ完成していましたが、その他は草稿自体も未完成でシェルイの補筆も批判が多いようですが、優美な曲調や技巧的なヴィオラ独奏によって、ヴィオラ奏者の主要なレパートリーとなっています。

Antal Dorati ,conductor and composer, was born in Budapest on April 9, 1906.

He grew up in an environmento that his father was violin player of Budapest Philharmonic Orchestra and mother  was piano teacher. He enter Franz Liszt Academy of Music and learned composition by Kodaly and piano by Bartok.

In 1924 the Hungarian State Opera plays a conductor debut, he worked as a conductor in Germany ,the United States and many other country thereafter. In 1949 Minneapolis Symphony Orchestra and has a world premiere of the Viola Concerto of Bartok composed by the command.

Bartok had died before he finished to compose this Viola Concerto, so Serly Tibol finished it and today many of musicians will play on this version.

Part of the solo viola had almost completed draft of Bartok, Sherly's version has been a target of criticism because of its thin orchestration ,but  viola solo is artful and graceful melody,so many viola player making it the primary repertoire.

2014年4月 8日 (火)

今日の音楽 4月8日 白鳥姫(シベリウス) Music for today;April 8 Swanwhite(Sibelius)

シベリウスの劇音楽「白鳥姫」は1908年4月8日に初演されました。
Swanwhite composed by Sibelius was first performed on April 8,1908.

この曲はスウェーデンの作家ストリンドベリ の戯曲の為に書かれましたが、現在では専ら7曲をピックアップした組曲が演奏されます。
This music wascomposed for  drama written by  Strindberg of Sweden.   But the suite which took up seven music chiefly is performed now.

1.くじゃく The Peacock
2.ハープ The Harp
3.薔薇を持った乙女たち The Maidens with Roses
4.きけ、こまどりが踊っている Listen! The Robin Sings
5.王子は一人 The Prince Alone
6.白鳥姫と王子 Swanwhite and the Prince
7.賞賛の歌 Song of Praise

曲は、ちょっとシベリウスの音楽を意識すると「違うかな?」と感じるかもしれません。比較的平易な音楽です。
Music may feel it as different  when conscious of Sibelius's music just for a moment.
It is comparatively plain music.

2014年4月 7日 (月)

今日の音楽 4月7日 恋の診断書 Music for today;April 7 Doctor's order

ディスコ音楽創成期の歌手キャロル・ダグラスは1948年4月7日にニューヨークのブルックリンで生まれました。

彼女はディスコチャートという音楽ランキングが始まった1974年に「恋の診断書」という曲でソロデビューし、ディスコブームに乗って2位まで上がりましたが、一発屋に終わってしまいました。イントロに入るセリフが印象的でした。

Carol Douglas, a singer in early disco music, was born April 7, 1974 in Brooklyn ,New York.

The solo debut with a song called "medical certificate of love" in 1974 the music rankings of disco chart began, she rose to second place aboard the disco boom, but she had finished one-hit wonder. Chattering  entering the intro was impressive.

2014年4月 6日 (日)

今日の音楽 4月6日 序曲「美しいメルジーネ」 Music for today April 6 Overture"The Beautiful Melusine"

メンデルスゾーンの演奏会用序曲「美しいメルジーネ」は1834年4月6日に初演されました。

メンデルスゾーンの作品の中には、何故こんなに良い曲なのにあまり知られていないのか、というような作品が多くありますが、この「美しいメルジーネ」もあまり演奏されませんね。メンデルスゾーンの曲はアマチュアが演奏するには技術的に難しい曲が多いという事が原因のひとつかもしれません。ロマン派の曲なのにトロンボーンやチューバが殆ど使われていないという事も原因のひとつかもしれません。この曲もスコアを見る限り簡単では無さそうです。

メルジーネは上半身が美女、下半身が蛇という水の精。ストーリーは人間の姿になって騎士と結婚しましたが、その時の約束を破った騎士に本当の姿を見られたため去っていく、という「鶴の恩返し」と似たお話です。非常に美しく物悲しい曲です。

Some of the works of Mendelssohn, there are many such works of, or not very well known though it is why such good songs, so this "beautiful Merujine" even I do not play much,too. One of reasons is many of his  piece is technically difficult amateur orchestra to play . And the other reason is although romanticist music ,tuba and trombones are not being used .And This piece also seems to be no easy as long as the scores.

Merujine is the water nymph which has beautiful woman upper body, lower body that snake. The story was: Merujine married knight  become a human figure, but that, going away for was the sight of real knight for breaking my promise at that time as "The Grateful Crane". It is a very beautiful and melancholy song.

Overture"The Beautiful Melusine" was first performed on April 6,1834.

2014年4月 5日 (土)

今日の音楽 4月5日 オラトリオ「かんらん山上のキリスト」 Music for today April 5 Oratorio"Christ on the Mountain of Olives"

ベートーヴェンのオラトリオ「かんらん山上のキリスト」op.85は1803年4月5日にウィーンのアン・デ・ウィーン劇場で初演されました。

この曲はかんらん山上(オリーヴ山上)でのキリストのエホバへの祈りと受難を描いたものです。初演の時には反響が大きかったようですが、今では殆ど演奏される事がありません。

ソプラノ、テノール、バスの独唱と合唱を伴う6つの曲から出来ていて演奏するには60分を要しますが、なかなか厳かで良い曲だと思います。ちょっと長すぎるのが演奏される機会の少ない大きな原因のひとつでしょう。

Oratorio"Christ on the mountain of olives"op.85 composed by L.V.Beethoven was first performed on April 5,1803 at the theater an der Wien in Vienna.

This piece is drew about the prayer to Jehovah of Christ on the mountain of olive and his assion .
Response seems to be greater at the time of the premiere, but there is no that is played mostly by now.

It takes 60 minutes to play you are able to songs from six with a chorus and solo soprano, tenor and bass, but I think the song may be a solemn quite. It will be one of the major causes less opportunity to be playing a little too long.

2014年4月 4日 (金)

今日の音楽 4月4日 ヴァイオリン協奏曲第1番(サン=サーンス) Music for today April 4, Violin concerto No.1(Saint-Saens)

サン=サーンスのヴァイオリン協奏曲第1番イ長調op.20は1867年4月4日に初演されました。

この曲は出版の都合で1番という番号が付けられていますが、本当は2番より後に作曲されています。
単一楽章の作品ですが、3つの楽章を併せ持った構成になっています。

有名な第3番は、非常にロマンチックな曲ですが、この第1番は後半は古典的なヴァイオリンの技巧を聴かせる曲となっています。

Violin Concerto No.1 A major op.20 compoesed by Saint-Saens was first performed on April 4,1867.

Number of No. 1 on account of the publication are marked with this song, but it has been composed after the second really.
It is the work of a single movement, but it has composition that combines the movement of three.

Famous No. 3 is very romantic, but the No. 1 has become the song to hear the finesse of classical violin in the second half.

2014年4月 3日 (木)

今日の音楽 4月3日 蜘蛛の饗宴 Music for today April 3; The Spider's Feast

ルーセルが作曲したバレエ「蜘蛛の饗宴」op.17は1913年4月3日に初演されています。

ルーセルの初期の作品は、ドビュッシーやラヴェルの影響を強く受けた印象主義的な曲が多かったのですが、やがて作風は古典的な方向を向きフランス音楽とは思えない重厚なオーケストレーションで特異な存在となりました。

「蜘蛛の饗宴」は演奏会用の組曲としても演奏される曲です。初期の作品なので印象主義的な筆致で作曲されています。ファーブルの「昆虫記」に霊感を受けて作曲されたもので女郎蜘蛛の巣にかかって食べられてしまう昆虫たちを描いた官能的な曲です。

Ballet music "The Spider's Feast" composed by Albert Charles Paul Marie Roussel was first performed on April 3,1913.

Many of the early works of Roussel, was composed by impressionistic style influenced by Ravel and Debussy , but soon , his style went classical direction ,and be unique composer becoase of his heavy orchestration I don't think French music oriented.

"Feast of the spider" is often played as a suite of Concert. It is composed in brushwork impressionistic because it is early work. It was composed in response to inspiration from  Fabre of " insect-mentioned ".
It was sensous music drawing insects caught by spider’s nest and eaten by the spider.

 

今まで取り上げた曲
嘆きのジプシー・ローズ
交響曲第4番(シベリウス)
ピアノ協奏曲(グリーグ)
弦楽六重奏曲第1番(ブラームス)

2014年4月 2日 (水)

今日の音楽 4月2日 涅槃交響曲 Music for today April 2, Symphony Nirvana

黛敏郎の涅槃交響曲は1958年4月2日に岩城宏之指揮NHK交響楽団の演奏で初演されました。

非常に意欲的な作品で、声明に見立てた男声合唱を3群に分けてバラバラに配置したり、梵鐘の音をテープで録音し、それを解析した上でオーケストラで再現しています。

この曲は仏教と西洋音楽の融合という非常に難しいテーマを取り上げ、現代音楽とは言っても心地よさを失わない曲に仕上げられており、翌年第7回尾高賞を受賞しました。

 

Nirvana Symphony MayuzumiToshio the April 2, 1958 Hiroyuki Iwaki has been premiered at the performance of the NHK Symphony Orchestra conductor.

Works very ambitious, has been restored in the orchestra on it or place apart and divided into three groups male chorus likened to a shomyo. Also he recorded sound of the bonsho(Buddhist bells) and analised it to represent in Orchestra.

Took up the difficult subject a very fusion of Western music and Buddhism, and has been finished to a song you do not lose the comfort Having said that contemporary music, this song was awarded the 7th Otaka Prize the following year.

 

 

2014年4月 1日 (火)

今日の音楽 4月1日 幻想曲「岩」 Music for today April 1 Fantasy"The Rock"

ラフマニノフの幻想曲「岩」は1894年4月1日、ラフマニノフの21歳の誕生日にサフォーノフの指揮で、モスクワでのロシア音楽協会の第9回交響楽演奏会において初演されました。

幻想曲「岩」はラフマニノフにとっては最初期の管弦楽作品のひとつです。作品の冒頭にはミハイル・レールモントフの詩が引用されていますが、この曲の着想は直接この詩から受けたものではなく、この詩の一節をエピグラフとして掲げたチェーホフの短編小説「旅中」にインスピレーションを受けたものです。

人生に疲れた中年男が宿で若い娘と知り合い意気投合しますが、流刑地のような炭鉱に行く途中である事を知った娘を振り切り、娘も旅立っていきます。その娘の姿を見送り続ける男に雪が降り積もる姿をチェーホフは岩に例えたようです。最初は暗く重たい曲ですが、やがて軽快かつ華麗な音色へと進んでいきます。

Fantasy "The Rock" composed by Rachmaninoff was premiered in April 1,1894 which was the birthday of Rachmaninoff himself.

Fantasy "rock" is one of the orchestral works of the first period for the Rachmaninoff. At the beginning of the work Mikhail Lermontov poem has been cited, but the idea of this song is not intended to be received from this poem directly, listed as epigraph a passage from this poem Chekhov short story of the "on the road" It is the one that was inspired.

Middle-aged man who was tired of life will acquaintance hit it off with a young daughter in the inn, but it spun off a daughter who knew that it is the way to the coal mine, such as the place of exile, she will journey. Chekhov seems to have likened to a rock figure snow lying the man to continue seeing off the figure of her. It is a dark and heavy song at first, but we will proceed to the tone and brilliant light before long.

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »