ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 4月28日 クレルヴォ交響曲 Music for today; April 28 Kullervo-sinfonia | トップページ | 今日の音楽 4月30日 ヴィリアの歌 Music for today; April 30 Song of Vilja »

2014年4月29日 (火)

今日の音楽 4月29日 楽園への道 Music for today; April 29 The walk to the paradise garden

イギリスの指揮者トーマス・ビーチャムは1879年4月29日に生まれました。

ビーチャム製薬の御曹司として裕福な家庭に生まれたビーチャムは莫大な資産をつぎ込んでオーケストラを作ったり、ロイヤル・オペラハウスを借り切ったり自分の好きなことをやってきました。この頃ディーリアスに出会い親交が続いたようです。

と言っても、ビーチャムはただのお金持ちの道楽ではなくイギリスの音楽界に大きな足跡を残しました。1932年のロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の創設もそのひとつです。

ビーチャムが積極的に取り上げたディーリアスはどの楽派にも属さない独自の道を歩んだ作曲家です。「楽園への道」は歌劇「村のロミオとジュリエット」の中の間奏曲で、駆け落ちをしたカップルが2人にとっての楽園である死への道を歩き出すという音楽。幻想的な癒し系の音楽です。

Conductor Thomas Beecham of England was born on April 29, 1879.

Beecham who was born to a wealthy family as the son of a noble family of the Beecham Pharma has been doing to their favorite or make a orchestra in invested a huge asset, or reserve  the Royal Opera House only for himself. Encounter friendship seems to have followed Delius this time.

To say that, Beecham has left a big mark on the music scene in the UK rather than the debauchery of the rich only. Creation of a London Philharmonic Orchestra in 1932 is one of them.

Delius that Beecham often played his music actively is the composer who walked the road of their own that do not belong to any faction easier.

"The walk to the paradise garden" is a interlude in "The village Romeo and Juliet" opera and is music couple who eloped start walking on the road to death  It is the music of healing fantastic.

« 今日の音楽 4月28日 クレルヴォ交響曲 Music for today; April 28 Kullervo-sinfonia | トップページ | 今日の音楽 4月30日 ヴィリアの歌 Music for today; April 30 Song of Vilja »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今日の音楽 4月28日 クレルヴォ交響曲 Music for today; April 28 Kullervo-sinfonia | トップページ | 今日の音楽 4月30日 ヴィリアの歌 Music for today; April 30 Song of Vilja »