ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 4月24日 カンタータ第4番「キリストは死の縄目につながれたり」 Music for today; April 24 Cantata No.4"Christ lay in death's bonds" | トップページ | 今日の音楽 4月26日 交響曲第4番(アイヴズ) Music for today; April 26 Symphony No.4(Ives) »

2014年4月25日 (金)

今日の音楽 4月25日 ワルツイ短調op.34-2(ショパン) Music for today; April 25 Waltz A-minor op.34-2(Chopin)

ウクライナ生まれのピアニスト アレクサンダー・ブライロフスキーは1976年4月25日にアメリカで亡くなりました。

彼がキエフ音楽院の学生だった時にラフマニノフに見出されウィーンに留学しました。彼は1919年にパリでデビューし、1926年にフランス国籍を取得しましたが、最終的にはアメリカに帰化しました。

彼はショパンの作品を得意とし、特にワルツの演奏には定評がありました。しかしながら、透明な音と洒落た味わいで語りかけるような演奏スタイルが、力強く大音量で圧倒する当時の風潮に合わずヨーロッパ時代に比較すると成功はしなかったようです。

ショパンのワルツイ短調op.34-2は、3曲の華麗なる円舞曲のひとつで終始陰鬱な雰囲気の曲ですが、ショパンが最も気に入っていたワルツです。

Pianist Alexander Brailowsky who was born in Ukrainian- died in the United States on April 25, 1976.

When he was a student of the Kiev Conservatory,Rachmaninoff found him and he went to study to Vienna. He debuted in Paris in 1919, and he was granted French citizenship in 1926, but has been naturalized in the United States in the end.

He specializes in the works of Chopin, had a good reputation for performance of the waltz in particular. However, But it did not like success playing style, such as in the taste speak for cool and clear sound, as compared to Europe era not meeting the climate of the time overwhelm loud strong.

Waltz A minor op.34-2 of Chopin  ,one of the three Waltz Brillante , is a piece from beginning to end of a gloomy atmosphere but it is Chopin waltz liked most.

« 今日の音楽 4月24日 カンタータ第4番「キリストは死の縄目につながれたり」 Music for today; April 24 Cantata No.4"Christ lay in death's bonds" | トップページ | 今日の音楽 4月26日 交響曲第4番(アイヴズ) Music for today; April 26 Symphony No.4(Ives) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の音楽 4月24日 カンタータ第4番「キリストは死の縄目につながれたり」 Music for today; April 24 Cantata No.4"Christ lay in death's bonds" | トップページ | 今日の音楽 4月26日 交響曲第4番(アイヴズ) Music for today; April 26 Symphony No.4(Ives) »