ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« パイオニア交響楽団第25回定期演奏会のご案内・3 | トップページ | 今日の音楽 3月12日 モーゼとアロン »

2014年3月11日 (火)

今日の音楽 3月11日 序曲「ルイ・ブラス」

メンデルスゾーンの序曲「ルイ・ブラス」op.95は1839年3月11日にライプツィヒで初演されました。

フランスの作家ヴィクトル・ユゴーの戯曲「リュイ・ブラス」の上演のために作曲された序曲です。
メンデルスゾーンの管弦楽曲は基本的に2管編成で、トロンボーン、チューバを使用していないものが多いのですが、「ルイ・ブラス」と合唱つきの交響曲第2番「讃歌」と第5番「宗教改革」とトランペット序曲と言われている演奏会序曲、真夏の夜の夢の一部ぐらいにしかトロンボーンを使用していません。

元々宗教音楽との関わりが深いトロンボーンなので、宗教色が強い2つの交響曲では使用されていても不思議ではありませんが、それ以外でトロンボーンが使用されるのは珍しい事です。冒頭にファンファーレがあって大活躍します。

今まで取り上げた曲
リゴレット
リベルタンゴ
カプレティ家とモンテッキ家序曲(ベルリーニ)

« パイオニア交響楽団第25回定期演奏会のご案内・3 | トップページ | 今日の音楽 3月12日 モーゼとアロン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 3月11日 序曲「ルイ・ブラス」:

« パイオニア交響楽団第25回定期演奏会のご案内・3 | トップページ | 今日の音楽 3月12日 モーゼとアロン »