ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 1月18日 ピアノソナタ第7番(プロコフィエフ) | トップページ | 今日の音楽 1月20日 フェリーニのアマルコルド »

2014年1月19日 (日)

今日の音楽 1月19日 春よ、来い

シンガー・ソングライターの松任谷由実は1954年1月19日に八王子で生まれました。

6歳からピアノを習い14歳の時にスタジオでのピアノ演奏を初め15歳で作詞家デビュー、17歳で作曲家デビュー。1972年にかまやつひろしのプロデュースで「返事はいらない」でデビューしたが300枚しか売れず幻のデビュー曲と言われています。1973年にアルバム「ひこうき雲」がヒットし1975年「あの日にかえりたい」が始めてオリコン1位になりました。その後の活躍はご存知のとおり。「恋愛の教祖」などと言われ日本を代表するシンガー・ソングライターとして多くのヒットを生み出すと共に、作詞作曲家としても数多くの歌手に楽曲を提供し続けています。

取り上げる曲は、季節柄「春よ、来い」にしました。
松任谷由実の26枚目のシングルで同名のNHK朝の連続テレビ小説の主題歌として作られ音楽の教科書や、詩が国語の教科書にも取り上げられ、また、小中学校の卒業式にも歌われる曲です。詞が文語体で書かれている上、陽旋法の音階を中心に組み立てられているために、とても懐かしいような、日本人の心をくすぐる作品ですね。

今まで取り上げた曲
鍛冶屋の合唱(ヴェルディ)
歌劇「マノン」(マスネ)
交響曲第38番「プラハ」

« 今日の音楽 1月18日 ピアノソナタ第7番(プロコフィエフ) | トップページ | 今日の音楽 1月20日 フェリーニのアマルコルド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 1月19日 春よ、来い:

« 今日の音楽 1月18日 ピアノソナタ第7番(プロコフィエフ) | トップページ | 今日の音楽 1月20日 フェリーニのアマルコルド »