ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 11月9日 ブルー・ムーン | トップページ | 今日の音楽 11月11日 弦楽五重奏曲第2番(ブラームス) »

2013年11月10日 (日)

今日の音楽 11月10日 ニュー・シネマ・パラダイス

作曲家のエンニオ・モリコーネは1928年11月10日にローマで生まれました。

ローマの聖チェチーリア音楽院でペトラッシに作曲法を学び、その後1950年代末からは映画音楽の作曲家として活躍しました。特に、セルジオ・レオーネ監督とのコンビで所謂マカロニ・ウェスタンの映画音楽で名を馳せ、世界的な作曲家になっていきました。レオーネ監督とは遺作となった「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」まで続きました。

モリコーネは、私も個人的には最も好きな映画音楽の作曲家です。抒情性豊かでオーケストレーションも非常に巧みです。特に「ワンス・・・」は数多い映画音楽の中でもお気に入りのひとつです。

マカロニ・ウェスタンも、映画自体の残虐性とは裏腹に美しいメロディが多くありますが、その後も「死刑台のメロディ」「ペイネ愛の世界旅行」「遊星からの物体X」など数多くの作品がありますが、映画も音楽も評価が高いのが「ニュー・シネマ・パラダイス」でしょう。

「ニュー・シネマ・パラダイス」はジュゼッペ・トルナトーレが監督した映画で、中年の男が映画に魅せられた少年時代に思いを馳せるというストーリー。モリコーネの音楽が無かったらこれ程高い評価は得られなかっただろうと言われるほどの作品です。

今まで取り上げた曲
歌劇「運命の力」
歌劇「群盗」
ペイネ愛の世界旅行

« 今日の音楽 11月9日 ブルー・ムーン | トップページ | 今日の音楽 11月11日 弦楽五重奏曲第2番(ブラームス) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 11月10日 ニュー・シネマ・パラダイス:

« 今日の音楽 11月9日 ブルー・ムーン | トップページ | 今日の音楽 11月11日 弦楽五重奏曲第2番(ブラームス) »