ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 10月27日 夜想曲(ドビュッシー) | トップページ | 今日の音楽 10月29日 ヴァイオリン協奏曲(カバレフスキー) »

2013年10月28日 (月)

今日の音楽 10月28日 チェコ組曲

10月28日は、1918年チェコスロヴァキアがオーストリア=ハンガリー帝国から独立した日を祝ってチェコの独立記念日になっています。

ヨーロッパの少数民族は、他の民族による支配が長く続いたのですが、チェコもスロヴァキアも14世紀以降神聖ローマ帝国、ポーランド、ハンガリーなどによる支配が繰り返されました。19世紀半ばにヨーロッパで起きた1848年革命の影響はチェコも例外ではなく民族主義が勃興し、元々スラブ民族であったチェコ人もスロヴァキア人も汎スラブ主義へと進んで行きます。結局、第一次大戦が終わるまでの間オーストリア=ハンガリー帝国の支配を受けることになるのですが、民族主義的な文化はこの時期に芽生えました。

チェコを代表する作曲家のひとり、ドヴォルザークも民族的な曲を多数作曲しています。その中で最も知られているのがスラブ舞曲集ですが、その第1集完成の直後に作曲されたのがチェコ組曲です。

前奏曲、ポルカ、メヌエット、ロマンス、フィナーレ(フリアント)の5曲で、ポルカ、フリアントは勿論チェコの民族舞曲、前奏曲はバグパイプの音楽風(バグパイプはスコットランドのものが有名ですが、東欧にも独自のものが存在)など、民族色豊かな曲です。

第5曲フィナーレです。

今まで取り上げた曲
プリティ・ウーマン
交響曲第6番「悲愴」
ピアノ協奏曲第3番(ラフマニノフ)

« 今日の音楽 10月27日 夜想曲(ドビュッシー) | トップページ | 今日の音楽 10月29日 ヴァイオリン協奏曲(カバレフスキー) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 10月28日 チェコ組曲:

« 今日の音楽 10月27日 夜想曲(ドビュッシー) | トップページ | 今日の音楽 10月29日 ヴァイオリン協奏曲(カバレフスキー) »