ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 10月11日 千の風になって | トップページ | 今日の音楽 10月13日 郷愁のショーロ »

2013年10月12日 (土)

今日の音楽 10月12日 蒲田行進曲

作詞家の堀内敬三は1983年10月12日に肺炎で亡くなりました。

1897年浅田飴のオーナー堀内伊太郎の三男として生まれ東京高等師範学校(現筑波大学)附属の小中学で音楽を学び、第二高等学校 (現東北大学)の受験に失敗して浪人中に仲間と日本初の音楽批評誌「音楽と文学」を創刊しました。音楽に進む道を家族に反対され渡米してミシガン大学で機械工学を学びましたが同時に音楽も学びました。

その後マサチューセッツ工科大学大学院に入学し、修士課程を修了しました。
1923年に帰国しましたが関東大震災で実験データーなどが全て焼失してしまい、音楽の道に進むことを決意したという説もありますが、1926年に作曲した「若き血」のヒットで父親に音楽の道に進むことを許され、その後は翻訳、作詞、作曲、放送、音楽教育など幅広い活動を行っています。

1936年には「月刊楽譜」の発行名義人になり1941年には「音楽之友」を創刊し現在の音楽之友社を設立しました。

「アヴェ・マリア」「アニー・ロリー」「眠りの精」などを日本語に訳し、ドヴォルザークの「新世界より」の第2楽章の主題に「遠き山に日は落ちて」の歌詞を作詞したりと、歌詞の仕事の方が多く知られていますが、蒲田行進曲もプラハの作曲家フリムルのオペレッタの中の「放浪者の歌」を元に作詞したものです。

今まで取り上げた曲
イギリス民謡組曲(ヴォーン=ウィリアムズ)
トゥ・ラヴ・アゲイン
海の交響曲

« 今日の音楽 10月11日 千の風になって | トップページ | 今日の音楽 10月13日 郷愁のショーロ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 10月12日 蒲田行進曲:

« 今日の音楽 10月11日 千の風になって | トップページ | 今日の音楽 10月13日 郷愁のショーロ »