ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 8月30日 農民カンタータ | トップページ | 今日の音楽 9月1日 ホルンとピアノのためのエレジー »

2013年8月31日 (土)

今日の音楽 8月31日 ヴァイオリン協奏曲第1番(ヴィエニャフスキー)

ヴァイオリニストのイツァーク・パールマンは1945年8月31日にイスラエルのデルアヴィヴで生まれました。

3歳の頃からヴァイオリンを初めましたが4歳3ヶ月の時にポリオに罹り下半身が不自由になってしまいました。それでもヴァイオリンを諦めず頂点に上り詰めた20世紀後半を代表するヴァイオリニストのひとりです。

アメリカのTV番組「エド・サリバン・ショウ」のタレント・コンクールに応募し1959年に出演したことをきっかけにアメリカに移住しジュリアード音楽院に入学し本格的にヴァイオリンを学び、1963年3月5日17歳の時にカーネギー・ホールで正式デビュー。正確な音程、美しい音色、暖かく豊かな歌いまわしと広いレパートリーで知られています。

アメリカデビューの時に演奏したのがヴィエニャフスキーのヴァイオリン協奏曲第1番でした。この曲は第2番 ほどは知られていませんが第1楽章では超絶技巧が駆使されている曲です。但し第2・3楽章が若干弱いために盛り上がりに欠けており、あまり人気が高い曲ではありませんね。

パールマンの演奏したものはありませんでしたので・・・

A

今まで取り上げた曲
オクトパス・ガーデン
愛の喜び
時の踊り

« 今日の音楽 8月30日 農民カンタータ | トップページ | 今日の音楽 9月1日 ホルンとピアノのためのエレジー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 今日の音楽 8月30日 農民カンタータ | トップページ | 今日の音楽 9月1日 ホルンとピアノのためのエレジー »