ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 8月21日 One O'clock Jump | トップページ | 今日の音楽 8月23日 ノーフォーク狂詩曲第1番 »

2013年8月22日 (木)

今日の音楽 8月22日 ルール・ザ・ワールド

イギリスの2人組バンド ティアーズ・フォー・フィアーズのヴォーカル、ギター担当ローランド・オーザバルは1961年8月22日にポーツマスで生まれました。

両親の離婚でバースに移り住んだローランドは、13歳の時に同じ離婚家庭という境遇のカート・スミス と出会い音楽活動をするようになりました。当初は複数人でバンドを組んでいましたが1981年に3人組の「ディアーズ・フォー・フィアーズ」としてデビューしその後1stアルバムが全英第1位となりましたが後が続かず。1年のブランクを経て3人のメンバーを加えて1984年に発売した「シャウト」が大ヒットし全英第2位、全米第1位になり、続く「ルール・ザ・ワールド」が全英・全米ともに第1位と続いて名実共にイギリスを代表するロックバンドになったわけです。

そのような状況でローランドとカートの仲が次第に悪化し、1990年に入るとカートだ脱退。ティアーズ・フォー・フィアーズは事実上ローランドの1人バンドとなりソロ活動も並行していくことになりました。

「ルール・ザ・ワールド」は華麗で優しいサウンドから考えられない反核とか冷戦への批判という内容である事もあまり知られていないようですが・・・

今まで取り上げた曲
管弦楽のための映像(ドビュッシー)
前奏曲(ドビュッシー)
神聖な舞曲と世俗的な舞曲(ドビュッシー)

« 今日の音楽 8月21日 One O'clock Jump | トップページ | 今日の音楽 8月23日 ノーフォーク狂詩曲第1番 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 8月22日 ルール・ザ・ワールド:

« 今日の音楽 8月21日 One O'clock Jump | トップページ | 今日の音楽 8月23日 ノーフォーク狂詩曲第1番 »