ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

今日の音楽 7月31日 北国行きで

歌手の朱里エイコは2004年7月31日に虚血性心不全で59歳で亡くなっています。

1964年16歳の時にアメリカに単身渡り、歌手として修業をしホテルやクラブで活動していた朱里エイコは18歳の時に帰国。レコードを出したりリサイタルを開くも人気が出ず、1969年に再渡米しラスベガスなどで大成功をおさめ1972年に帰国。その年に発売した「北国行きで」が大ヒットし紅白歌合戦にも出演しました。

その後も日本とアメリカを行き来して活動をしましたが、日本は当時アイドル全盛時代で歌の実力よりも別の要素が歌の世界を支配していた為、歌唱力の非常に高かった朱里エイコでも成功する事ができず精神的にも鬱状態になり、ストレスから肝臓を患い5年もの闘病生活を過ごしました。

結局、彼女は「北国行きで」1曲を遺して世を去ったわけです。

本当に実力のあった人なので残念です。この「北国行きで」も彼女の魅力を十分に発揮した曲では無かったような気がします。

今まで取り上げた曲
片想いと僕
超絶技巧練習曲(リスト)
交響詩「プロメテウス」(リスト)

2013年7月30日 (火)

今日の音楽 7月30日 楽に寄す

イギリスのピアニスト ジェラルド・ムーアは1899年7月30日に生まれました。

20世紀のピアニストとして世界で最も有名なピアニストなのに、ピアノ独奏曲の録音を全く残していないピアニストがジェラルド・ムーアです。

彼の得意技は伴奏。ただしただの伴奏者ではなく、伴奏を芸術の域に高めたピアニストでした。それでいて決して主役の邪魔はしないので、フィッシャー=ディスカウロス・アンヘレスヘルマン・プライといったスター歌手たちから引っ張りだこだったわけです。

特に得意としたのがドイツ・リート、中でもシューベルトの作品でした。

シュワルツコップもムーアの伴奏で数多くの曲を録音した一人でした。
そのムーアがただ一回だけ独奏ピアノを披露したのが、引退公演でのシューベルトの「楽に寄す」を自らピアノ独奏にアレンジした演奏でした。

「楽に寄す」(音楽に寄せて)は、シューベルトが友人のショーバーの詩に曲をつけたもので音楽に対する感謝の気持ちを率直に表現した作品です。

ソプラノはシュワルツコップです。

今まで取り上げた曲
嵐が丘
ダイアナ
ます(シューベルト)

2013年7月29日 (月)

今日の音楽 7月29日 恋人よ我に帰れ

ハンガリーの作曲家ジークムント・ロンバーグは1887年7月29日に生まれています。

まあ、ロンバーグはクラシック音楽の作曲家というとちょっと抵抗があるかもしれませんが、ミュージカルとして扱われる彼の作品はオペレッタの延長という事で二期会などにも取り上げられているのでクラシックの作曲家としても問題は無さそうです。元々、現在クラシック音楽として取り上げられている曲の中にも、シュトラウス一家のダンス・ミュージックのように当時の流行音楽があるわけですから、時代が経てば棲み分けも変わるんでしょう。

ロンバーグは、「学生王子のセレナード」という非常に有名な曲がありますが、ジャズのスタンダードとなって多くのジャズ・シンガーによって歌われている曲「恋人よ我に帰れ」の作曲家としても有名です。この曲はブロードウェイ・ミュージカルの「ニュー・ムーン」の挿入歌で作詞は、「サウンド・オヴ・ミュージック」などで知られるオスカー・ハマースタイン二世 です。

この曲をヒットさせたバーブラ・ストライザンドのほかにも、ナット・キング・コールジョン・コルトレーンエラ・フィッツジェラルドアレサ・フランクリンビリー・ホリディブレンダ・リーフランク・シナトラ というように錚々たる人たちに歌われて来ました。

今回はジャズではなくて、メロディを強調したイージーリスニングで、マントヴァニー楽団の演奏です。

今まで取り上げた曲
詩人の恋
交響曲第3番「ライン」
ピアノ協奏曲(シューマン)

2013年7月28日 (日)

今日の音楽 7月28日 葬送と勝利の大交響曲

ベルリオーズの葬送と勝利の大交響曲は1840年7月28日にパリの街頭で初演されました。

この曲は、ベルリオーズが「交響曲」として作曲した4つの曲(他の3つは幻想イタリアのハロルドロメオとジュリエット)の最後の曲で、野外で演奏するための特大編成の曲になっています。

フランスの7月革命 の10周年記念行事として、その時に命を落とした英雄たちをバスティーユに建てられた記念碑に改葬する式典のために依頼されて作曲したものです。葬列と共に演奏する葬送行進曲、遺体を記念碑に安置するための追悼曲、式典を締めくくる讃歌の3部構成で未完の曲を駆使して短期間に作曲したもので初演当時は管楽器と打楽器だけのものでした。

2年後に弦楽器を加えて改訂し、さらに合唱を加えて現在の形で完成したのが1842年の秋でした。

編成は以下の通りです。
木管楽器  フルート5、ピッコロ4、オーボエ5、クラリネットEs管5、B管26、バスクラ2(クラリネットが多いのは、元々吹奏楽として書かれたためです)、ファゴット8
金管楽器 ホルン12、トランペット8、コルネット4、トロンボーン7、オフィクレイド6
打楽器 小太鼓8、チャイニーズシンバル1、シンバル3、大太鼓1、ゴング1
・・・ここまでがオリジナル編成

コントラファゴット1、バス・トロンボーン1、ティンパニ1
弦5部(1stヴァイオリン 20、2ndヴァイオリン20、ヴィオラ20、チェロ15、コントラバス10)
混声六部合唱(S 80、T60、Bs60 が2つずつに分かれる)

これ全部足すと389人だそうです。現在殆ど演奏されない理由がわかりますね。

コリン・デイヴィス指揮ロンドン交響楽団です。

今まで取り上げた曲
ごしきひわ(ヴィヴァルディ)
ブランデンブルグ協奏曲第5番
羊は安らかに草を食み

2013年7月27日 (土)

今日の音楽 7月27日 ボタンとリボン

イギリス生まれのアメリカのコメディアン、ボブ・ホープは2003年7月27日に100歳で大往生しました。

ブロードウェイ、映画、ラジオ、テレビなどで幅広く活動しましたが、ワーナーの短編映画に何本か出演した後、「百万弗大放送」で名を上げ、その後「珍道中シリーズ」で人気を不動のものにしました。日本では1948年のミュージカルコメディ西部劇「腰抜け二挺拳銃」で人気を博し「腰抜けシリーズ」は大人気シリーズとして定着しました。もっとも、腰抜けシリーズは原題は全く違ったもので、ボブホープ主演のコメディを日本で勝手に「腰抜け○○○」という邦題で上映したものですけど・・・

「腰抜け二挺拳銃」の中でボブ・ホープがアコーディオンを弾きながら歌った「ボタンとリボン」(Buttons and Bows)を当時英語がわからない日本人にも「バッテンボー」として親しまれた曲です。

今まで取り上げた曲
シャコンヌ(バッハ=ブゾーニ)
ハンガリー田園幻想曲(ドップラー)
ピープル

2013年7月26日 (金)

今日の音楽 7月26日 悲しみのアンジー

イギリスのミュージシャン、ミック・ジャガーは1943年7月26日に生まれています。

10代でロックに目覚めて活動している中、18歳の時にキース・リチャーズ に出会い、一緒に音楽活動を始めました。1962年にブライアン・ジョーンズと出会った二人は、ローリング・ストーンとしての活動を開始。ミック・ジャガーはそのメインボーカルとして活躍を始めました。翌年正式デビューし、現在まで一度も解散する事無く活躍を続けています。

サティスファクション」「ホンキー・トンク・ウィメン」「ダイスを転がせ」など多数のヒット曲を持っていますが、「悲しみのアンジー」は彼らにとっては珍しい本格的なバラードの全米ナンバーワンヒットで1973年に発売されました。

今まで取り上げた曲
舞台聖典劇「パルジファル」より聖金曜日の音楽
時計じかけのオレンジ
歌劇「アルルの女」よりフェデリコの嘆き(マスカーニ)

2013年7月25日 (木)

今日の音楽 7月25日 愛の扉

アメリカのカントリー歌手 チャーリー・リッチは1995年7月25日に亡くなりました。

チャーリー・リッチは1932年にアーカンソー州で生まれ1950年代から音楽活動を開始。元々はジャズやブルースを歌っていたロカビリー歌手でしたが1960年代後半からカントリーに転身しました。

長い間、なかなかメジャーになれなかったチャーリー・リッチに転機が訪れたのが1973年の事。リリースしたシングルBehind close the door(愛の扉)が全米のカントリー・チャートの第1位に輝き、グラミー賞のカントリーソングと男性ボーカルを受賞したのです。

その後、The most beautiful woman(朝焼けの少女)、A very special love song(さすらいのラヴ・ソング)と立て続けにヒットを飛ばしました。但し、その栄光も1975年に「愛する時はいつも」を最後に表舞台からは姿を消していってしまいました。

野太い、力強い歌い方で甘い曲の内容とはちょっと雰囲気が違っていたのですが、それが魅力といえば魅力だったのかもしれません。

私も、ベストアルバムを買っちゃいましたから。。。

そういえば、映画「ベンジー」の主題歌「アイ・フィール・ラヴ」もチャーリー・リッチが歌ってました。

今まで取り上げた曲
いそしぎ
ワン
哀しみのシンフォニー

2013年7月24日 (水)

今日の音楽 7月24日 遥かな友に

合唱指導者であり作曲家でもあった磯部俶は1917年7月24日に東京都大森で生まれました。

早稲田大学文学部を卒業。在学中から平尾貴四男 に作曲を学び早稲田大学グリークラブなど多くの合唱団の指揮者として活躍しました。

ボニージャックスの名付け親でもあり、多くの合唱曲を作曲しています。

「遥かな友に」は1951年の早大グリークラブの合宿で即興で作った曲。合唱団のほかにも多くのアーチストに取り上げられている曲です。

今まで取り上げた曲
La La La Love Song
島よ
ヘブライ狂詩曲「シェロモ」

2013年7月23日 (火)

今日の音楽 7月23日 ハリー・ポッターと賢者の石

俳優のダニエル・ラドクリフは1989年7月23日にイギリスで生まれました。

ダニエル・ラドクリフといえばハリー・ポッターですが、こういうスーパー大ヒット映画で主役続けると、そのイメージが定着して他の役になかなかありつけず、その後苦労するというパターンが多いようですが、彼もそんな感じかなあ。舞台などでは仕事をしているようですが、アルコール依存症になったり、差別発言や反王室発言などでは話題を提供しているようですが。

ハリー・ポッターシリーズの第1作、ハリー・ポッターと賢者の石は「賢者の石」をめぐるハリーと「ボルデモード卿」の内通者で闇の魔法の防衛術の教師クィレルとの戦いをクライマックスにした作品で、ヘドウィックのテーマはエンディングに使われた曲です。音楽はジョン・ウィリアムズでした。

ヘドウィックのテーマです。

今まで取り上げた曲
ジャンヌの扇
ムーランルージュの歌
精霊の踊り

2013年7月22日 (月)

今日の音楽 7月22日 アンダー・ザ・シー

映画音楽の作曲家アラン・メンケンは1949年7月22日にニューヨーク州で生まれました。

少年時代からクラシック音楽を学び大学を卒業後舞台音楽の作曲家をめざしました。1982年の「リトル・ショップ・オヴ・ホラーズ」の舞台版で脚光を浴び、1989年の「リトル・マーメイド」でアカデミー作曲賞、歌曲賞、ゴールデングローブ作曲賞、主題歌賞という映画音楽の賞を総なめにして、それ以降はディズニーアニメの音楽や、ディズニーランドの音楽を中心に活躍しています。

美女と野獣」、「アラジン」、「ポカホンタス」でもアカデミー歌曲賞を受賞するなど、現代を代表する作曲家のひとりになっています。

アンダー・ザ・シーは「リトル・マーメイド」の主題歌で、トリトン王の宮廷音楽家で、蟹のセバスチャンが、アリエルに海の世界の素晴らしさを歌って聴かせる曲ですね。

今まで取り上げた曲
鍛冶屋のポルカ
天体の音楽
粉屋の踊り

2013年7月21日 (日)

今日の音楽 7月21日 タ・タ・タ・カノン

今はすっかり電子式のものに取って変わられてしまいましたが、私が楽器を始めた頃演奏家に必須のアイテムが2つありました。音叉とメトロノームです。

音叉は特定の周波数の音を発するY字型(2つに分かれた部分はU字型になってます)の金属棒で、調律(チューニング)に使っていました。今ではアマチュアオケでは殆どが電子式のチューナーを使っています。音叉は耳で聞いた周波数の音にあわせて自分の楽器のチューニングをするものですが、チューナーは、自分の発する音が合わせようとする周波数(音程)に合っているかを視覚的に見るもの。本当だったら耳を鍛える意味でも音叉を使う方が良いのですが、周りがうるさいと聴こえにくい欠点があるのでオーケストラではチューナーが主流です。

メトロノームは、振り子の等時性を利用した一定のテンポをカチカチと刻む道具。これも、今はピピピという電子音に変わってしまいました。メトロノームは完全に水平なところに置かないと正しく動作しないという欠点があるので、電子式になってもしかたないのでしょうね。

そのメトロノームを発明したのがヨハン・ネポムク・メルツェルで1816年に特許を取得しています。それまでは、AndanteとかAllegroといった速度記号でアバウトな速度を指定していましたが、このメトロノームの発明によって♪=100とうような指定を作曲家ができるようになり、作曲家が意図した速度での演奏が可能になりました。但し、実際の演奏はというとこの指定速度を無視して曲にマッチした速度を指揮者が指定して演奏する事が多いですね。そういう事もあってか、メトロノーム発明以降も、速度記号によって速度を指定する作曲家が存在しています。

速度指定を始めて使ったのがベートーヴェンです。この発明を讃えてベートーヴェンが作曲したのが、「タ・タ・タ・カノン  ・・・親愛なるメルツェル」という短い合唱曲です。

このメロディはベートーヴェンの交響曲第8番の第2楽章に転用されて有名になりました。

今まで取り上げた曲
ピース・トゥレイン
雨に濡れた朝
屋根の上のヴァイオリン弾きより トラディション

2013年7月20日 (土)

今日の音楽 7月20日 燃えよドラゴン

映画俳優ブルース・リーは1973年7月20日に脳浮腫で32歳で亡くなりました。

一大カンフーブームを巻き起こし、その後の香港映画やアメリカ映画に多大な影響を与えたのが、サンフランシスコ生まれのブルース・リーでした。

大ブレークしたのが1973年公開された「燃えよドラゴン」でした。香港ではすでにトップスターとなっていたリーでしたが世界的には知名度は低く、日本でも一部の人にしか知られていなかったため、リー主演の映画としては「燃えよドラゴン」が初の主演映画となったわけですが、この映画が公開されブレイクした時にはリーは既にこの世にはいなかったことも爆発的な人気に拍車をかけたわけです。

日本中で、「アチョー」という叫び声やヌンチャクを操る姿が真似をされハリウッドのどんな俳優よりも知名度が高いスターとなりました。その後、「燃えよドラゴン」以前に香港では公開されていた「ドラゴン怒りの鉄拳」「ドラゴン危機一髪」と、突然死によって未完に終わり内容が大幅に変更された「死亡遊戯」が次々に公開されました。

「燃えよドラゴン」は香港ではそれ程のヒットにはなりませんでしたが、アメリカでは大ヒットし、その映画音楽も全米チャート上位まで上る大ヒットとなりました。作曲はラロ・シフリンで、彼は「スパイ大作戦」のテーマ曲の作曲家としても知られています。

サウンド・トラック盤は、シンセサイザーによる演奏にリーの「アチョー」という声やセリフがかぶっているものです。

今まで取り上げた曲
哀愁のヨーロッパ
花の歌(ランゲ)
ウェストサイド物語

2013年7月19日 (金)

今日の音楽 7月19日 パワー・オヴ・ザ・ドリーム

第26回夏季オリンピック競技会は1996年7月19日から8月4日までアメリカのアトランタで行われました。

この開会式でセリーヌ・ディオンが歌った曲が「パワー・オブ・ザ・ドリーム」でした。
実はこの曲は本国のアメリカはもとよりセリーヌの故郷カナダでも、シングルとして発売はされませんでした。唯一シングル発売されたのが、日本でした。

アルバムとしても当初は"Falling into you"のアジア、オーストラリア限定盤にのみ収録されていましたが、2000年のベスト盤で初めて正式に収録されました。

今まで取り上げた曲
サイボーグ009
キラー・クイーン
ペトラルカのソネット(リスト)

2013年7月18日 (木)

今日の音楽 7月18日 ゴー・オール・ザ・ウェイ

アメリカのロックバンド ラズベリーズのウォーリー・ブライソンは1949年7月18日に生まれました。

1972年からわずか3年間でしたが、独特の歌い方のエリック・カルメンを中心としたロック・グループのラズベリーズは、日本でも非常に人気が高く数々のヒット曲を出して解散しました。

デビュー・シングルの ”Don't want to say goodby"はあまりヒットしませんでしたが、2曲目の「ゴー・オール・ザ・ウェイ」が全米ヒットチャートのトップ10に入り、その後は「明日を生きよう(I wanna be with you)」「トゥナイト」「エクスタシー」などヒットを連発したわけです。

ロックバンドといっても、非常にポップな雰囲気をもつ親しみ易い曲が多かったですね。

今まで取り上げた曲
Heart and Soul
愛すれど哀し
剣士の入場(フチーク)

2013年7月17日 (水)

今日の音楽 7月17日 混声合唱組曲「海の詩」

作曲家の廣瀬量平は1930年7月17日に函館で生まれました。

芸大の作曲家を出て数多くの管弦楽曲や室内楽曲を作曲していますが、とりわけフルートオーケストラのための曲やリコーダーの曲に力を発揮しています。

また、映画音楽や放送音楽の作品も多く、NHKテレビの「明るい農村」、TVドラマの「人間の証明」などの音楽を担当しました。

合唱曲も多く、「海の詩」、「海鳥の詩」などを作曲していますが、私個人で最も好きな曲が混声合唱組曲「海の詩」です。

「海の詩」は、廣瀬量平3作目の合唱曲で、第1曲の「海はなかった」が1975年1月のNHK全国学校合唱コンクール高校の部の課題曲として先行発表され、全曲は同年の12月に東洋大学混声合唱団の委嘱で完成し初演されました。詩は岩間芳樹の書き下ろしです。

全5曲で「海はなかった」「内なる怪魚(シーラカンス)」「海の子守歌」「海の匂い」「航海」です。

「海はなかった」は、冒頭でピアノの不協和音により重い鉛色の海を象徴し、その後流麗なコンクール曲らしい曲となります。「内なる怪魚」は異色の作品で、息だけの音やHa音の連続、子音だけの声などによるパートとダイナミックな合唱パートを繰り返す4部構成になっています。「海の子守歌」は歌詞がない母音だけで歌われる子守歌。「海の匂い」と「航海」は通常の混声合唱になっています。

第1曲の「海はなかった」です。

今まで取り上げた曲
小牧神の入場
鉛の兵隊の行進曲
ビリー・ホリディ物語愛のテーマ

2013年7月16日 (火)

今日の音楽 7月16日 メタモルフォーゼン

指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンは1989年7月16日に亡くなりました。

20世紀最高の指揮者のひとりで、ここで解説するまでもないカラヤンですが、さて1曲選ぶとなるとちょっと難しい。同年代のドイツ、オーストリアの指揮者の多くがドイツ系の音楽を中心に演奏していた中で、カラヤンはチャイコフスキーもシベリウスもドヴォルザークもイタリア・オペラも取り上げていてあまりにレパートリー広いので・・・

R.シュトラウスといえば、ベームとの親交が厚かったのですが、あえてR.シュトラウスを取り上げましょう。変容(メタモルフォーゼン)です。

23人の独立した弦楽器奏者による弦楽合奏曲で変奏曲に属する曲なのですが、主題に強く捉われるのではなく、自由な形式の曲です。カラヤンはシュトラウスの許可を得てこの曲の後半で各パートを3人ずつに増やして69人で演奏した事があります。勿論これはベルリン・フィルというアンサンブルの精緻を極めたオーケストラがあったからこそでしょう。

シュトラウス最晩年の81歳の時の作品ですが、81歳でこれほど精緻な作品を書く事ができたというのも凄い事でしょう。

今まで取り上げた曲
三枚の写真
パラダイス
歌劇「後宮からの誘拐」序曲

2013年7月15日 (月)

今日の音楽 7月15日 エレクトラ

オーストリアの作家、劇作家のフーゴ・フォン・ホフマンスタールは1829年7月15日に55歳で亡くなりました。

ホフマンスタールはリヒャルト・シュトラウスに多くのオペラの台本を提供した作家として有名です。リヒャルト・シュトラウスがホフマンスタールの台本で作曲した最初の曲が「エレクトラ」でした。ギリシア悲劇を基にした作品で1909年1月25日に初演されました。このオペラは、その他の点でも良く知られた作品です。ひとつは、演奏の困難さ。もうひとつはオーケストラが116名必要という大規模な編成です。木管楽器が20人、金管楽器20人という大規模な管楽器はもとより、弦も通常のオーケストラによる5部編成を9部編成としています。

その後、「ばらの騎士」「ナクソス島のアリアドネ」「影のない女」劇音楽「町人貴族」などホフマンスタールが亡くなるまでコンビは続きました。

「エレクトラ」最後の場面です。

今まで取り上げた曲
サムウェア・アウト・ゼア
すみれの花咲く頃
ならず者

2013年7月14日 (日)

今日の音楽 7月14日 トムとジェリー

アメリカのアニメーターで、「トムとジェリー」の産みの親ウィリアム・ハンナは1910年7月14日に生まれました。

1932年にワーナー・ブラザーズ向けのアニメーション作品を制作していたレオン・シュレシンジャー・プロダクションに入社しアニメーターとしてのキャリアをスタート。やがてアニメーション制作部門のリーダー格となりました。

1933年にヒュー・ハーマンルドルフ・アイジングが独立してハーマン=アイジングを創設しMGM作品を作り出すとそれに同調しました。1937年MGMがアニメの外注をやめて独自でアニメーション部門を創設すると監督という厚遇で迎えられ、脚本家のジョゼフ・バーベラとのコンビで「トムとジェリー」を産みだしました。「トムとジェリー」はディズニーのミッキー、ドナルドと並ぶアメリカを代表するアニメキャラクターとなりました。

「トムとジェリー」のテレビ版日本放映時のテーマ曲「トムとジェリー 仲良く喧嘩しな」という曲は日本で作られた独自の曲で三木鶏郎が作詞作曲をした懐かしい曲です。

今まで取り上げた曲
天国への扉
ラ・マルセイエズ
巴里祭

2013年7月13日 (土)

今日の音楽 7月13日 レイダーズ・マーチ

俳優のハリソン・フォードは1942年7月13日にシカゴで生まれました。

大学在学中に演劇に目覚め中退し、ロサンゼルスに移住。コロンビア映画の重役に認められ1966年の「現金作戦」で映画デビューをしました。脇役として数本の映画に出演しましたが作品に恵まれず将来に不安を持って大工に転職。その後大工仕事を通じて知り合った映画プロデューサーの勧めで「アメリカン・グラフィティ」に出演。自分の役柄について意見を出すなどの積極的な姿勢が評価されて監督のジョージ・ルーカスに認められ1977年に「スター・ウォーズ」のオーディションに参加し見事ハン・ソロ役をゲットしたわけです。

その後いくつかの話題作への出演を経て、ルーカス製作の「レイダーズ 失われた聖柩」の主役インディ・ジョーンズを演じトップ・スターとなりました。

「レイダーズ」は制作費1800万ドルで世界興業収入3億8000万ドルという大ヒットとなり、「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」と3つの続編が作られいずれもヒットしています。

インディ・ジョーンズシリーズのシリーズテーマ曲は、ジョン・ウィリアムズが作曲したレイダーズ・マーチです。この曲を聴くだけで何だかワクワクして来て、自分がこれから冒険に行くような気分になりますね。

オリジナル音源は著作権の関係でYou Tubeでは公開されていませんので、他のものですが・・・

今まで取り上げた曲
勝利の父(ガンヌ)
浄められた夜(シェーンベルク)
南国のバラ(J.シュトラウス、シェーンベルク編曲)

2013年7月12日 (金)

今日の音楽 7月12日 ピアノ協奏曲(ハチャトゥリャン)

ハチャトゥリャンのピアノ協奏曲変ニ長調は1937年7月12日にモスクワでオボーリンの独奏、シテインベルクの指揮で初演されました。

この曲は交響曲第1番に続く大作で、形式的には急-緩-急の古典的な3楽章形式を踏んでいます。荒々しさと東洋的な雰囲気をもつ第1楽章から始まり、フレクサトーンという珍しい楽器が登場する第2楽章、最後に第1楽章第1主題が帰ってくる終楽章と、ハチャトゥリャンらしい曲です。

ベレゾフスキーのピアノによる演奏です。

今まで取り上げた曲
トリオ・ソナタ ハ短調(クヴァンツ)
八甲田山
ピアノ協奏曲第1番(チャイコフスキー)

2013年7月11日 (木)

今日の音楽 7月11日 菩提樹

ドイツのバリトン歌手ヘルマン・プライは1929年7月11日にベルリンで生まれました。

数々のオペラにも出演したプライでしたが、最も得意としたのはドイツ・リート、特にシューベルトでした。常にフィッシャー=ディスカウと比較され、音程がやや不安定なところを情感でカバーする歌手でした。

シューベルトのリートの中でも最も有名なものが3つの歌曲集「美しき水車屋の娘」「冬の旅」「白鳥の歌」ですが、中でも最も人気が高いのがミュラーの詩に曲をつけた「冬の旅」でしょう。その中でも「菩提樹」は、シューベルトの数多い歌曲の中でも最高傑作のひとつにあげられる曲です。冬の旅は、歌のメロディもさることながらピアノ伴奏も非常に優れたものだと思います。この菩提樹も枝のざわめきを表現した前奏から惹きつけられる曲になっています。

今まで取り上げた曲
ルカ
ラプソディ・イン・ブルー
キューバ序曲

2013年7月10日 (水)

今日の音楽 7月10日 トランペット吹きの子守歌

ボストン・ポップス・オーケストラの指揮者として知られたアーサー・フィードラーは1979年7月10日に85歳で亡くなりました。

父はオーストリア出身のボストン交響楽団のヴァイオリニスト、母親はピアニストという環境で育ち、ヨーロッパに戻り音楽を学び1915年には自らもボストン交響楽団にヴァイオリニストとして入団し、ピアニストやオルガニストも兼務しました。

1924年にはボストン交響楽団の有志によるボストン・シンフォニエッタを立ち上げて無料の野外コンサートなどを催すようになり1930年にボストン・ポップス管弦楽団の第18代の指揮者に就任しました。フィードラーは1979年に亡くなるまで半世紀にわたってライト・クラシックやポピュラー音楽を指揮し続けました。

中でも、フィードラーが見出した作曲家がルロイ・アンダーソンです。

「トランペット吹きの子守歌」は1949年にアーサー・フィードラーの委嘱により作曲された曲で1950年5月9日にボストン・ポップスによって初演されました。

トランペットのソロと弦楽器の伴奏によるメランコリックな主要部と、オーケストラによる快活な中間部からできています。主要部はスコットランド民謡の特徴であるヨナ抜き音階に似た音階が一部使用されているためメランコリックな雰囲気になっているようです。

アンダーソンのメドレーです。最初の曲が「トランペット吹きの子守歌」です。

今まで取り上げた曲
モスクワの思い出(ヴィエニャフスキー)
ヴァイオリン協奏曲第2番(ヴィエニャフスキー)
魔笛の主題による変奏曲(ソル)

2013年7月 9日 (火)

今日の音楽 7月9日 花篝り

歌手 滴草由実(しずくさゆみ)は1984年7月9日に生まれています。

鹿児島で生まれ、高校2年終了時に大阪に転居し通信制の高校に通いながら音楽活動を始め2003年にデビューしました。

音楽はR&Bやソウルを根底に幅広い音楽をうたっています。

「花篝り」は、テレビ朝日系列のドラマ「京都地検の女」の第2シリーズのエンディングテーマに使用され、ロングヒットを記録した曲です。

今まで取り上げた曲
春の交響曲(ブリテン)
リュートのための古風な舞曲とアリア第3組曲
鳥(レスピーギ)

2013年7月 8日 (月)

今日の音楽 7月8日 モーニング・アフター

アメリカの名俳優アーネスト・ボーグナインは2012年7月8日に腎不全で亡くなりました。享年95歳でした。

1945年27歳まで軍人として生活し、除隊後演劇学校に入り1949年にブロードウェイ、1951年に映画デビューし、名バイプレイヤーとして生涯200余りの作品に出演しました。

外見から粗暴な役を務める事が多かったのですが、1955年には「マーティ」でアカデミー主演男優賞を受賞。「ポセイドン・アドヴェンチャー」ではジーン・ハックマン演じる聖職者と対立しながら死地を脱する男の役を演じていました。

「ポセイドン・アドヴェンチャー」の主題歌「モーニング・アフター」は劇中でポセイドン号のディナー・ショウの歌手が歌う曲で、演じていたのはキャロル・リンレイですが、歌を吹き替えたのはモーリン・マクガヴァン。アカデミー主題歌賞を受賞したと同時に全米ナンバーワンに輝いた大ヒット曲です。

今まで取り上げた曲
太平記
カシオペア(武満徹)
キージェ中尉(プロコフィエフ)

2013年7月 7日 (日)

今日の音楽 7月7日 ノーノーソング

リンゴ・スターは1940年7月7日に生まれました。

ビートルズがデビューする直前にピート・ベストと入れ替わってドラムを担当したリンゴは音楽的な評価は他の3人に比べて格段に低いものの、穏やかで人格者だったために次第にギクシャクして行ったポールとジョンの間に入って鎹の役割を果たしていました。リンゴの存在が無かったらビートルズの解散は数年早まっていたと考えられます。

ビートルズ時代にも、数は少ないものの「オクトパス・ガーデン」など5曲が作曲としてクレジットされ、その他に「イエロー・サブマリン」などでヴォーカルを担当しました。

解散直前に、ソロでスタンダード・ナンバーを集めた「センチメンタル・ジャーニー」を発売し、その後自作の「明日への願い」などがチャートイン。ジョージと共作の「思い出のフォトグラフ」、「ユア・シックスティーン」は全米ナンバーワンになっています。

「ノー・ノー・ソング」は1975年のヒット曲で、リンゴの独特の声と早口な歌詞が妙なコントラストになっている楽しい曲です。

今までに取り上げた曲
子供の不思議な角笛
交響曲第1番(マーラー)
想いでのフォトグラフ

2013年7月 6日 (土)

今日の音楽 7月6日 エジプト行進曲

ヨハン・シュトラウス2世の「エジプト行進曲」は1869年7月6日に初演されました。

1969年というのは、スエズ運河が開通した年で、様々な作曲家がこのお祝いに音楽を作曲しています。最も知られているのが、これを記念して造られたカイロの歌劇場の杮落としに依頼されたのがヴェルディの「アイーダ」です。(実際には間に合わなくって「リゴレット」を上演したそうです)他にもサン=サーンスが「東洋と西洋」という作品を作曲しています。

エジプト行進曲も、スエズ運河のお祝いの意味をこめて作曲されバーデン大公フリードリヒ一世に献呈されています。東洋趣味的な楽想と、中間部の楽団員のスキャットが特徴の曲です。

ボスコフスキー指揮ウィーン・フィルの演奏です。

今まで取り上げた曲
ある貴紳のための幻想曲
アランフェス協奏曲
この素晴らしい世界

2013年7月 5日 (金)

今日の音楽 7月5日 無伴奏チェロソナタ(コダーイ)

ハンガリーのチェリスト ヤーノシュ・シュタルケルは1924年7月5日にブダペストで生まれました。

7歳のときにブダペスト音楽院に入学を許可されるほどの神童ぶりで11歳でソロデビューを果たしました。1945年に21歳でブダペスト国立歌劇場管弦楽団とブダペスト・フィルハーモニーの首席チェロ奏者に就任し、1946年には祖国を去りヨーロッパを演奏しながらまわり、1948年にドラティの招きで渡米し、ダラス交響楽団メトロポリタン歌劇場管弦楽団、シカゴ交響楽団 の首席チェリストを歴任し1958年にソロ活動に転進しました。

ハンガリー人によるチェロの曲といえば、まずコダーイの無伴奏チェロソナタを思い出しますが、シュタルケルはこの曲の録音でヨーロッパでディスク大賞を受賞したり、アメリカでの録音では批評家に「カザルス」の後継者と言われるほど得意とした曲です。

コダーイの無伴奏チェロソナタは1915年に作曲され3つの楽章による古典的な形式の曲です。技巧的にも非常に難しい曲ですが、それにも増してチェロの可能性を最大に引き出し、チェロによってハープ、バグパイプ、太鼓、ツィンバロンなど様々な楽器を模倣させています。

第3楽章です。

今まで取り上げた曲
科特隊のテーマ
不思議な体験
ピアノ協奏曲第4番(ベートーヴェン)

2013年7月 4日 (木)

今日の音楽 7月4日 テキサスの黄色いバラ

合唱指揮やプロデューサーとして知られるミッチ・ミラーは1911年7月4日に生まれています。

クラシックの音楽教育を受け、オーボエ奏者としてオーケストラにも参加しイーストマン音楽院卒業後はアンドラ・コステラネッツやガーシュウィンのオーケストラにも参加し1936年から1947年まではCBSラジオ交響楽団でも活躍。リヒャルト・シュトラウスのオーボエ協奏曲のアメリカ初演を行うなどの活躍ぶりでした。

1948年にレコーディング・プロデューサーに転身しパティ・ペイジの「テネシー・ワルツ」やローズマリー・クルーニーの「家へおいでよ」などをプロデュースしています。

また、合唱団を創設し「テキサスの黄色いバラ」、「クワイ河マーチ」などを指揮してヒットを連発しました。「テキサスの黄色いバラ」はアメリカ民謡で、「黄色いバラ」は実在のエミリー・モルガンという混血の女性で、テキサスのメキシコからの独立を成功に導いたという伝説の女性です。

今まで取り上げた曲
故郷の人々
主人は冷たい土の下に
史上最大の作戦マーチ

2013年7月 3日 (水)

今日の音楽 7月3日 ハートに火をつけて

アメリカのサイケデリック・バンド ドアーズのヴォーカル ジム・モリソンは1971年7月3日に27歳で謎の死を遂げました。

父親が、軍人で後に海軍の提督になるという厳格な家庭で育ったジムは親に徹底的に逆らうような価値観のもとに音楽活動を行っていきます。

フロリダ州立大学に入学しますが、哲学や詩作に情熱を傾け、彼の詩に感銘を受けたレイ・マンザレクが彼をバンドに誘って1965年にドアーズが出発しました。そういう経緯から歌詞に重きを置いた創作による活動をするロックバンドとして知られましたが、1969年にコンサート中に自慰行為を見せた事で逮捕されドアーズの活動は縮小していき1970年にジムは脱退しました。

翌年ジムはパリでバスタブの中で死体として発見されましたが、事件性が無いとして処理されたため解剖もされず謎の死として語られるようになりました。

「ハートに火をつけて」はドアーズ2枚目のシングルで全米ナンバーワンに輝いた曲です。

今まで取り上げた曲
里見八犬伝
タラス・ブーリバ(ヤナーチェク)
シンフォニエッタ(ヤナーチェク)

2013年7月 2日 (火)

今日の音楽 7月2日 ザッツ・エンターテインメント

アメリカの俳優ジェームズ・スチュアートは1997年7月2日に89歳で亡くなっています。

アメリカの両親と言われた実直なイメージの俳優で、ヒッチコック映画など数々の名作に主演しています。

ここで取り上げるのは、ジェームズ・スチュアートがナビゲーターを務めた「ザッツ・エンターテインメント」。MGMミュージカルの黄金時代を当時の作品を中心に回顧する映画で、ミュージカル・ファンにはたまらない作品でした。

映画がトーキーになってミュージカルが劇場だけのもので無くなり、世界大恐慌で不況のあおりを受けたブロードウェイ・スターたちが大挙ハリウッドに活躍の場を求めた事も合わせて、ミュージカル映画が全盛期を迎えます。

特に、フレッド・アステアや、ジーン・ケリージュディ・ガーランドなど数多くの大スターを擁し財力でも勝るMGMは他の映画会社を圧倒して、大がかりなミュージカルを作り続けました。

「ザッツ・エンターテインメント」はこれらの黄金期の作品を中心としたオムニバス映画で、3作まで作られました。主題曲の「ザッツ・エンターテインメント」は1953年に公開された「バンド・ワゴン」のために作られた曲です。

今まで取り上げた曲
女性(南沙織)
ムーンライト・セレナーデ
パピヨン

2013年7月 1日 (月)

今日の音楽 7月1日 スケルツォ第3番(ショパン)

フランスの作家であり、作曲家ショパンとの同棲生活で知られるジョルジュ・サンドは1804年7月1日に生まれました。

ショパンとジョルジュ・サンドの同棲生活は9年間にも及び、中でも療養のためにすごしたマジョルカ島での数ヶ月は音楽史に深く刻まれています。ショパンは当初男勝りの(女性の地位向上の運動もしていた)サンドに嫌悪感すら抱いていたようですが、やがて魅かれていくようになり恋人のマリアを捨てて彼女の元に走ったわけです。

彼女との同棲中のショパンの創作活動は非常に充実していました。その間に作曲された曲は非常に多いのですが、スケルツォ第3番はスケルツォといいながら非常にシンフォニックなピアノ曲になっています。拍子感が曖昧で調性もわかりにくく無調性っぽい序奏から始まり第1主題、第2主題とコーダを持つ作品になっています。

ポリーニのピアノ独奏です。

今まで取り上げた曲
波止場(バーンスタイン)
ピアノ協奏曲第1番(バルトーク)
ジムノペディ第1番(サティ)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »