ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 7月29日 恋人よ我に帰れ | トップページ | 今日の音楽 7月31日 北国行きで »

2013年7月30日 (火)

今日の音楽 7月30日 楽に寄す

イギリスのピアニスト ジェラルド・ムーアは1899年7月30日に生まれました。

20世紀のピアニストとして世界で最も有名なピアニストなのに、ピアノ独奏曲の録音を全く残していないピアニストがジェラルド・ムーアです。

彼の得意技は伴奏。ただしただの伴奏者ではなく、伴奏を芸術の域に高めたピアニストでした。それでいて決して主役の邪魔はしないので、フィッシャー=ディスカウロス・アンヘレスヘルマン・プライといったスター歌手たちから引っ張りだこだったわけです。

特に得意としたのがドイツ・リート、中でもシューベルトの作品でした。

シュワルツコップもムーアの伴奏で数多くの曲を録音した一人でした。
そのムーアがただ一回だけ独奏ピアノを披露したのが、引退公演でのシューベルトの「楽に寄す」を自らピアノ独奏にアレンジした演奏でした。

「楽に寄す」(音楽に寄せて)は、シューベルトが友人のショーバーの詩に曲をつけたもので音楽に対する感謝の気持ちを率直に表現した作品です。

ソプラノはシュワルツコップです。

今まで取り上げた曲
嵐が丘
ダイアナ
ます(シューベルト)

« 今日の音楽 7月29日 恋人よ我に帰れ | トップページ | 今日の音楽 7月31日 北国行きで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 7月30日 楽に寄す:

« 今日の音楽 7月29日 恋人よ我に帰れ | トップページ | 今日の音楽 7月31日 北国行きで »