ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 7月19日 パワー・オヴ・ザ・ドリーム | トップページ | 今日の音楽 7月21日 タ・タ・タ・カノン »

2013年7月20日 (土)

今日の音楽 7月20日 燃えよドラゴン

映画俳優ブルース・リーは1973年7月20日に脳浮腫で32歳で亡くなりました。

一大カンフーブームを巻き起こし、その後の香港映画やアメリカ映画に多大な影響を与えたのが、サンフランシスコ生まれのブルース・リーでした。

大ブレークしたのが1973年公開された「燃えよドラゴン」でした。香港ではすでにトップスターとなっていたリーでしたが世界的には知名度は低く、日本でも一部の人にしか知られていなかったため、リー主演の映画としては「燃えよドラゴン」が初の主演映画となったわけですが、この映画が公開されブレイクした時にはリーは既にこの世にはいなかったことも爆発的な人気に拍車をかけたわけです。

日本中で、「アチョー」という叫び声やヌンチャクを操る姿が真似をされハリウッドのどんな俳優よりも知名度が高いスターとなりました。その後、「燃えよドラゴン」以前に香港では公開されていた「ドラゴン怒りの鉄拳」「ドラゴン危機一髪」と、突然死によって未完に終わり内容が大幅に変更された「死亡遊戯」が次々に公開されました。

「燃えよドラゴン」は香港ではそれ程のヒットにはなりませんでしたが、アメリカでは大ヒットし、その映画音楽も全米チャート上位まで上る大ヒットとなりました。作曲はラロ・シフリンで、彼は「スパイ大作戦」のテーマ曲の作曲家としても知られています。

サウンド・トラック盤は、シンセサイザーによる演奏にリーの「アチョー」という声やセリフがかぶっているものです。

今まで取り上げた曲
哀愁のヨーロッパ
花の歌(ランゲ)
ウェストサイド物語

« 今日の音楽 7月19日 パワー・オヴ・ザ・ドリーム | トップページ | 今日の音楽 7月21日 タ・タ・タ・カノン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 7月20日 燃えよドラゴン:

« 今日の音楽 7月19日 パワー・オヴ・ザ・ドリーム | トップページ | 今日の音楽 7月21日 タ・タ・タ・カノン »