ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 4月6日 ヴァイオリンとチェロのためのソナタ(ラヴェル) | トップページ | 今日の音楽 4月8日 交響曲第5番(ブルックナー) »

2013年4月 7日 (日)

今日の音楽 4月7日 冬の部屋

シンガー・ソングライターのジャニス・イアンは1951年4月7日に生まれました。

1960年代後半に10代の天才少女としてデビューしたが、そのプレッシャーからか数枚のアルバムを発売後半ば引退状態になっていました。

1972年にロバータ・フラックが取り上げた「我が心のジェシー」によって再び脚光を浴び1974年に復帰。翌年「十七歳の頃」がキャッシュボックスのヒットチャート第1位になるとともに、アルバム「愛の回想録」も第1位、グラミー賞獲得という栄光をつかみました。

特に日本やヨーロッパで絶大な人気があり、1976年発売のアルバム「愛の余韻」は、その中からシングル化された「愛は盲目」がTBSドラマの「グッバイ・ママ」(そういえば、グッバイママの主演坂口良子さんが亡くなられました。ご冥福をお祈りします)に使用されて大ヒットしたこともあり半年間にわたってオリコンのアルバムチャート第1位を独走しました。

その後も「岸辺のアルバム」の主題歌「Will you dance?」や映画「復活の日」の主題歌「ユー・アー・ラヴ」などが取り上げられ、中島みゆきとのトリビュートや、南沙織 への楽曲提供など日本との関係は強かったですね。

「冬の部屋」は十七歳の頃と同じ「愛の回想録」に収録されていた曲で、「十七歳の頃」に次いでシングルカットされた曲で淡々と歌われる十七歳の頃に比べて、ドラマチックな曲になっています。

今まで取り上げた曲
筑後川
ミサ・ソレムニス(ベートーヴェン)
夏の日の恋

« 今日の音楽 4月6日 ヴァイオリンとチェロのためのソナタ(ラヴェル) | トップページ | 今日の音楽 4月8日 交響曲第5番(ブルックナー) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 4月7日 冬の部屋:

« 今日の音楽 4月6日 ヴァイオリンとチェロのためのソナタ(ラヴェル) | トップページ | 今日の音楽 4月8日 交響曲第5番(ブルックナー) »