ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 4月29日 ヴァイオリン・ソナタ第40番(モーツァルト) | トップページ | 今日の音楽 5月1日 交響的変奏曲(フランク) »

2013年4月30日 (火)

今日の音楽 4月30日 微笑みの国(レハール)

作曲家フランツ・レハールは1870年4月30日に生まれています。

両親はドイツ人でしたが、生まれはハンガリーで、チェコのプラハ音楽院ドヴォルザークなどに学びました。軍楽隊長を経て、ウィーンでオペレッタの作曲家としてデビュー、1905年「メリー・ウィドウ」で 人気作曲家となりました。

「ルクセンブルク伯爵」を発表後、次第に喜劇一辺倒の作風から、シリアスな中に笑いがあるという作風に転換して「パガニーニ」「ロシアの皇太子」などを作曲しています。「微笑みの国」はシリアス路線の代表格で、珍しい悲劇でした。ヨーロッパと中国を舞台にした作品で、ウィーンに赴任していた中国の外交官スー・チョンを愛した伯爵の娘リーザがスー・チョンが帰国するに際し、中国に同行しますが、中国のしきたりによって愛に破れ悲しく帰国するという物語です。

レハールは、この後「ジュディエッタ」などを作曲するが、この「ジュディエッタ」がオペレッタの終焉と言われる作品となりました。

レハールは稀代のメロディ・メーカーで、美しいメロディの数々は様々なコンサートで取り上げられています。この「微笑みの国」も「メリー・ウィドウ」に次ぐ人気作品で数々のアリアがちりばめられています。

スー・チョンのアリア「君こそ我が心のすべて」、プラシド・ドミンゴのテノールです。

今まで取り上げた曲
ペレアスとメリザンド(ドビュッシー)
ドリー
埴生の宿

« 今日の音楽 4月29日 ヴァイオリン・ソナタ第40番(モーツァルト) | トップページ | 今日の音楽 5月1日 交響的変奏曲(フランク) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 4月30日 微笑みの国(レハール):

« 今日の音楽 4月29日 ヴァイオリン・ソナタ第40番(モーツァルト) | トップページ | 今日の音楽 5月1日 交響的変奏曲(フランク) »