ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 3月15日 Across the Borderline | トップページ | 今日の音楽 3月17日 ピアノ協奏曲第2番(ショパン) »

2013年3月16日 (土)

今日の音楽 3月16日 今の歌声は

スペインのメゾ・ソプラノ歌手 テレサ・ベルガンサは1936年3月16日にマドリードで生まれました。

マドリード音楽院でピアノと声楽を学び1955年には初の演奏会を開きました。オペラデビューは1957年エクサン・プロヴァンス音楽祭 でモーツァルトの「コジ・ファン・トゥッテ」のドラベッラ役。同じ年にミラノ・スカラ座でもデビューを果たしました。

1959年にロイヤル・オペラ・ハウスロッシーニの歌劇「セヴィリャの理髪師」のロジーナ役を歌い、それ以降この役が彼女の代表的な持役になりました。

高度な歌唱力技術と知性豊かな音楽性、魅力的な舞台姿で知られていて、1994年にはスペインの王立芸術アカデミーに女性初の会員として迎えられています。

「セヴィリャの理髪師」は、ロッシーニを代表するオペラでモーツァルトの「フィガロの結婚」の前編にあたる曲。ヒロインのロジーナは、「フィガロの結婚」では伯爵夫人となる女性でメゾ・ソプラノの役なのですが、ロジーナの歌う「今の歌声は」は、技巧的にもコロラトゥーラ を駆使する華やかな曲なので、ソプラノ歌手もリサイタルなどで取り上げる曲です。第1幕第2場の冒頭に歌われ、"Una voce poco fa"という原題でも親しまれています。

過去扱った曲
劇的序曲「ロミオとジュリエット」(チャイコフスキー)
さすらう若者の歌(マーラー)

« 今日の音楽 3月15日 Across the Borderline | トップページ | 今日の音楽 3月17日 ピアノ協奏曲第2番(ショパン) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 3月16日 今の歌声は:

« 今日の音楽 3月15日 Across the Borderline | トップページ | 今日の音楽 3月17日 ピアノ協奏曲第2番(ショパン) »