ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 2月27日 Rainy Blue | トップページ | 今日の音楽 3月1日 春の声 »

2013年2月28日 (木)

今日の音楽 2月28日 交響曲第3番(ニールセン)

ニールセンの交響曲第3番は1912年2月28日にニールセン自身の指揮でコペンハーゲン宮廷劇場管弦楽団によって初演されました。

ブルックナーの田園交響曲に続いて、ニールセンの田園交響曲です(笑)。
何回も書いていますが、ニールセンて日本では人気低いですよね。なぜでしょうか。特に日本人が理解できないほど民族色が強すぎるわけでもなく、極度に前衛的でも無いんですが、同じ北欧のグリーグやシベリウスに比べると非常に知名度が低いのが残念です。グリーグには「ペール・ギュント」、シベリウスには「フィンランディア」という圧倒的に有名な曲があるからですかね。

この曲は、正式な編成では第2楽章にソプラノとバリトンのヴォカリーズ が入りますが、クラリネットとトロンボーンで代用可となっています。「広がりの交響曲」というタイトルがつけられていますが、第1楽章の発想記号がAllegro espansivoであることが由来で楽曲全体に対しての意味は無いそうです。第2楽章が牧歌的な曲になっていてニールセンの田園交響曲と称される理由になっています。第3楽章はスケルツォのような楽章ですがテンポはAllegrettoでゆっくり気味。第4楽章は堂々としたブラームスの交響曲第1番を思わせる楽章です。

バーンスタイン指揮デンマーク王立管弦楽団です。

« 今日の音楽 2月27日 Rainy Blue | トップページ | 今日の音楽 3月1日 春の声 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 2月28日 交響曲第3番(ニールセン):

« 今日の音楽 2月27日 Rainy Blue | トップページ | 今日の音楽 3月1日 春の声 »