ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 2月1日 黄色いリボン | トップページ | パイオニア交響楽団第24回定期演奏会に向けて・5 »

2013年2月 2日 (土)

今日の音楽 2月2日 安らぎの世界へ

イギリスのミュージシャン グラハム・ナッシュは1942年2月2日に生まれました。

1960年代前半にホリーズを結成しましたが、彼の音楽が進歩的で多くのファンになかなか受け入れられず1968年にはホリーズを脱退。
訪米中に知り合ったデヴィッド・クロスビースティーヴン・スティルス とともに、クロスビー・スティルス・ナッシュを結成し、その後ニール・ヤング を加えて、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング(CSN&Y) となり世界規模の成功を手に入れました。このバンドは自己主張が強くナッシュはその接着剤のような役目を果たしたといわれています。

CSN&Yは1年ほどで瓦解しましたが、その後もこのメンバーの派生の中で活躍を続け、ソロ活動と並行した活動を続けています。

「安らぎの世界へ」(The air that I breathe)はホリーズ時代のヒット曲で、アルバート・ハモンドとマイク・ヘイゼルウッドの共作で、もともとアルバート・ハモンドのアルバムに収録されていたものをホリーズがカバーして全米第6位のヒットを記録。その後オリヴィア・ニュートン=ジョン など多くのカバーが生まれた名曲です。

« 今日の音楽 2月1日 黄色いリボン | トップページ | パイオニア交響楽団第24回定期演奏会に向けて・5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 2月2日 安らぎの世界へ:

« 今日の音楽 2月1日 黄色いリボン | トップページ | パイオニア交響楽団第24回定期演奏会に向けて・5 »