ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 11月1日 名前のない馬 | トップページ | 今日の音楽 11月3日 007は二度死ぬ »

2012年11月 2日 (金)

今日の音楽 11月2日 展覧会の絵(EL&P)

イギリスを代表するキーボード奏者キース・エマーソンは1944年11月2日に生まれました。

10代からバンド演奏活動を始め20歳でTボーンズに参加。解散後いくつかのバンドを経て1970年にベースギターのグレッグ・レイク、ドラマーのカール・パーマーとギターレスのプログレッシブバンドエマーソン・レイク&パーマーを結成し、プログレブームを巻き起こしました。1980年の正式解散まで断続的に活動は継続していました。

グレッグ・レイクは、様々なキーボードを駆使し、中でもモーグ社のシンセサイザーの発展に貢献したひとりと言われています。

EL&Pは、クラシック音楽に傾倒しており、キースは後にピアノ協奏曲も作曲しています。そんなEL&Pの傑作のひとつがムソルグスキーの「展覧会の絵」。ラヴェルの編曲によっても知られている名曲を、ロック音楽に編曲してライブで演奏していたものが、海賊版が横行していたため、それらを防ぐためにチャイコフスキーの「くるみ割り人形」の行進曲をアレンジした「ナット・ロッカー」とのカプリングでリリースし大ヒットしたわけです。

展覧会の絵の構成は、原曲をやや端折っています。
最初のプロムナードの後は、比較的原曲に近い「こびと」、2回目のプロムナードの次が「ビドロ」のコードを取り入れたオリジナルの「賢人」。続いて「古い城」をブルース仕立てにした「古城」とその変奏。3回目のプロムナードの後が「バーバヤーガの小屋」とそれをアレンジした「バーバヤーガの呪い」、最後はキエフの大門となっています。

« 今日の音楽 11月1日 名前のない馬 | トップページ | 今日の音楽 11月3日 007は二度死ぬ »

コメント

お世話になります。とても良い記事ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 11月2日 展覧会の絵(EL&P):

« 今日の音楽 11月1日 名前のない馬 | トップページ | 今日の音楽 11月3日 007は二度死ぬ »