ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 11月28日 イフ・アイ・ディドゥント・ハヴ・ユー(モンスターズ・インク) | トップページ | 今日の音楽 11月30日 管弦楽のための変奏曲(シェーンベルク) »

2012年11月29日 (木)

今日の音楽 11月29日 歌に生き、恋に生き

作曲家プッチーニは1924年11月29日に亡くなっています。

1896年に「ラ・ボエーム」で成功したプッチーニが次に作曲したのが「トスカ」でした。紆余曲折の上に作曲を依頼された「トスカ」は、殺人、処刑、殺人といった結末で主要な登場人物3人が全員この世を去ってしまうという事で、ヴェルディもこの作品ではオペラは作れないと言ったほどの原作で、後に続くヴェリズモ・オペラの草分けのような作品とも言えるでしょう。同じ悲劇でも「ラ・ボエーム」とは全く異なる趣の作品ですが、メロディの美しさというプッチーニの特徴はそのままのオペラです。「ラ・ボエーム」と並んでプッチーニの代表作と言えるでしょう。

中でも、トスカの恋人である画家のカヴァラドッシが歌う「星はきらめき」と、歌姫トスカの歌う「歌に生き、恋に生き」はガラ・コンサートなどでは定番中の定番です。「歌に生き、恋に生き」は第2幕で、トスカに横恋慕する警視総監スカルピオが牢屋に連行された後、トスカの助命に対しスカルピオに代償として体を求められて神に助けを求める歌です。

ちなみに、この3人が結末で死んでいく人たち。スカルピオはトスカに殺され、助けたと思ったカヴァラドッシは処刑され、それを見たトスカが絶望の余り自殺するわけです。

キリ・テ・カナワのソプラノです。

« 今日の音楽 11月28日 イフ・アイ・ディドゥント・ハヴ・ユー(モンスターズ・インク) | トップページ | 今日の音楽 11月30日 管弦楽のための変奏曲(シェーンベルク) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 11月29日 歌に生き、恋に生き:

« 今日の音楽 11月28日 イフ・アイ・ディドゥント・ハヴ・ユー(モンスターズ・インク) | トップページ | 今日の音楽 11月30日 管弦楽のための変奏曲(シェーンベルク) »