ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 10月15日 交響詩「海」 | トップページ | 今日の音楽 10月17日 練習曲op.10-12「革命のエチュード」 »

2012年10月16日 (火)

今日の音楽 10月16日 オテロ

イタリアの名テノール マリオ・デル・モナコは1982年10月16日に亡くなっています。

1915年に生まれ、声楽を学んでいたモナコはオペラ指揮者として有名なトゥリオ・セラフィンに見出され、1941年に「蝶々夫人」のピンカートン役で初舞台を踏みました。戦争によって活動は一時中断しましたが、戦後すぐに「アイーダ」のラダメス役で大成功を収め、その後はロンドンのロイヤル・オペラ・ハウス、ミラノのスカラ座、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場ウィーン国立歌劇場など世界中のオペラハウスでデビューを果たしました。

1950年にブエノスアイレスのテアトル・コロンでヴェルディの「オテロ」を歌い、それがモナコの代表的な役として200回以上も歌ったと言われる作品になりました。

「オテロ」は、勿論シェイクスピアの四大悲劇のひとつ「オセロ」による作品でヴェニスの軍人であるオセロが、旗手イアーゴーの奸計にかかり、妻デズデモーナの貞操を疑い殺すが、のち真実を知ったオセロは自殺する、という話です。オテロ役には、有名なアリアこそありませんが、テノールにとっては非常に難しい役として有名です。

モナコのテノールで、オテロの死「私を恐れる事はない」です。

« 今日の音楽 10月15日 交響詩「海」 | トップページ | 今日の音楽 10月17日 練習曲op.10-12「革命のエチュード」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 10月16日 オテロ:

« 今日の音楽 10月15日 交響詩「海」 | トップページ | 今日の音楽 10月17日 練習曲op.10-12「革命のエチュード」 »