ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 9月7日 愛のフィーリング | トップページ | 今日の音楽 9月9日 ドック・オヴ・ザ・ベイ »

2012年9月 8日 (土)

今日の音楽 9月8日 ピンクの豹

映画俳優ピーター・セラーズは1925年9月8日にイギリスのハンプシャーで生まれています。

2歳で初舞台を踏み、ダンスやウクレレ、バンジョーなどでも才を発揮しジャズバンドのドラマーとしても活躍しています。コメディアンとして活動し、1956年の映画初出演の「マダムと泥棒」で評価を得て数々の映画に出演するようになりましたが、何と言っても彼の当たり役は「ピンクの豹」のクルーゾー警部。「ピンクの豹」は「ティファニーで朝食を」や「酒とバラの日々」のブレーク・エドワーズが監督したコメディ作品。

本来は、中東の王女ダーラの持つ「ピンクの豹」が浮かび上がるダイヤモンド、ピンク・パンサーを狙うチャールズ・リットン卿(怪盗ファントム)=デヴィッド・ニーヴンが主役だったのですが、クルーゾー警部に扮するセラーズが人気を食ってしまったために、以後のピンク・パンサーシリーズはクルーゾーが主役となってしまうわけです。

また、クルーゾー警部には当初はピーター・ユスチノフがキャスティングされていたのですが、キャンセルとなったため急遽セラーズが演じる事になったそうです。このチャンスを活かしたセラーズは死後に未発表フィルムを使って作られた「ピンク・パンサーX」を除いて4作のピンク・パンサーシリーズや「何かいいことないか仔猫ちゃん」、「007カジノロワイヤル」など多くの作品で存在感を現していましたが1980年に心臓発作で急死してしまいました。

「ピンク・パンサー」のテーマ曲は、ブレーク・エドワーズ監督と多くの作品で組んでいるヘンリー・マンシーニの作曲です。

« 今日の音楽 9月7日 愛のフィーリング | トップページ | 今日の音楽 9月9日 ドック・オヴ・ザ・ベイ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 9月8日 ピンクの豹:

« 今日の音楽 9月7日 愛のフィーリング | トップページ | 今日の音楽 9月9日 ドック・オヴ・ザ・ベイ »