ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 8月31日 オクトパス・ガーデン | トップページ | 今日の音楽 9月2日 時には娼婦のように »

2012年9月 1日 (土)

今日の音楽 9月1日 若葉のころ

ビージーズの、バリー・ギブは1946年9月1日にマン島で生まれました。

教会の合唱団で腕を磨き、父親の仕事で1958年にオーストラリア移住後はバリー、ロビン、モーリスのギブ兄弟を中心に結成されたビージーズは1963年にレコード・デビュー。1972年からは3人兄弟のトリオになって活動しています。2003年にモーリスが、今年の5月にロビンが死去し、残されたのは長兄のバリーだけになってしまいましたが・・・

イギリスに帰国後1967年「ニューヨーク炭鉱の悲劇」で本格的なデビュー。その後「マサチューセッツ」「若葉の頃」「イン・ザ・モーニング」「傷心の日々」「マイ・ワールド」「ラン・トゥ・ミー」などヒットを重ねましたが、1975年のジャイヴ・トーキンでそれまでのフォークっぽいポップな路線から、初めてロック色を打ち出し「傷心の日々」以来の全米ナンバーワンを獲得。その後は「愛はきらめきの中で」「ステイン・アライブ」「恋のナイトフィーバー」など6曲連続全米ナンバーワンヒットを送り出しています。

「若葉の頃」は日本では非常に人気の高い曲です。日本で非常に人気の高かった映画「小さな恋のメロディ」の挿入歌として使われ、TVドラマの「若葉のころ」のテーマ曲としても使われたのが要因のひとつでしょうね。

« 今日の音楽 8月31日 オクトパス・ガーデン | トップページ | 今日の音楽 9月2日 時には娼婦のように »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 9月1日 若葉のころ:

« 今日の音楽 8月31日 オクトパス・ガーデン | トップページ | 今日の音楽 9月2日 時には娼婦のように »