ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 8月16日 マイ・ボーイ | トップページ | 今日の音楽 8月18日 追憶 THE WAY WE WERE »

2012年8月17日 (金)

今日の音楽 8月17日 歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」

イタリアの詩人で台本作家のダ・ポンテは1838年8月17日に亡くなっています。

ダ・ポンテは聖職者としてヴェネツィアで暮らしていましたが、放蕩生活を送ったため追放されウィーンに移住。サリエリの口利きでヨーゼフ2世に仕え数々の作曲家のオペラに台本を提供しました。

中でも、彼の成功作はモーツァルトの「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」と「コジ・ファン・トゥッテ」の3つの作品の台本です。

「コジ・ファン・トゥッテ」は、モーツァルトがヨーゼフ2世の元で作曲した最後のオペラで、意味は「女はみんなこうしたもの」。哲学者の「女は心変わりするもの」という言葉に対抗して変装してお互いの恋人に言い寄り裏切られるが、最後に2人の女性が謝って元の鞘に収まるというオペラ・ブッファです。

序曲は、モーツァルトの五大歌劇の中では最も人気が無い曲です。シンコペーションによるフォルテと弱音の早いパッセージの繰り返しで、とても単調なんですよね。

ガーデナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツです。

« 今日の音楽 8月16日 マイ・ボーイ | トップページ | 今日の音楽 8月18日 追憶 THE WAY WE WERE »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 8月17日 歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」:

» ザイフェルト&カラヤンのモーツァルト:ホルン協奏曲全集 [クラシック音楽ぶった斬り]
カラヤンは、ザイフェルトを生涯で出会った最高のホルン奏者と高く評価していたのは有名な逸話である。 [続きを読む]

« 今日の音楽 8月16日 マイ・ボーイ | トップページ | 今日の音楽 8月18日 追憶 THE WAY WE WERE »