ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 7月28日 ごしきひわ | トップページ | 今日の音楽 7月30日 嵐が丘 »

2012年7月29日 (日)

今日の音楽 7月29日 詩人の恋

作曲家のロベルト・シューマンは1856年7月29日に亡くなっています。

シューマンの晩年は、元々の躁鬱的な精神と、若い頃罹患した梅毒による精神障害に苦しめられ1854年にはライン川に投身自殺を図り、その後精神病院に収容され寂しく世を去っているわけですが、よく言われるクララブラームスの不倫を疑った事が精神障害に拍車をかけたという説はちょっと怪しいと思っています。ブラームスが初めてシューマン家を訪れたのが1953年9月30日でシューマンの自殺未遂が1954年の2月27日という5ヶ月という短い期間で、現代と異なるスローテンポの時代に夫を精神的に追い詰める程の忍び合う恋があった可能性は低いんじゃないでしょうか。もっとも既に精神を病んでいたシューマンが有りもしない幻影に追い詰められたという可能性はありますが。

シューマンは偏執狂的な作曲活動をする傾向がありました。ひとつのジャンルに拘るととことんそのジャンルを作曲しまくるという性癖があったようです。1841年は交響曲の年と言われていて第4番第1番が作曲されていますし翌年はピアノ五重奏曲をはじめとする室内楽曲が集中的に作曲されています。

1940年は歌曲の年といわれていて、シューマン最初の歌曲集「詩人の恋」をはじめ、リーダークライスop.24op.39、「女の愛と生涯」というシューマンの代表的歌曲が全て作曲されています。

「詩人の恋」はハイネの「歌の本」という詩集の20篇から「美しい五月に」など16編を選んで作曲しています。シューマンらしくピアノ伴奏がただ単に歌の伴奏ではなく、共演と言っても良いほどの豊かな表現力を現しています。

ヴンダーリッヒのテノール、ギーゼンのピアノで、「美しい五月に」です。

« 今日の音楽 7月28日 ごしきひわ | トップページ | 今日の音楽 7月30日 嵐が丘 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 7月29日 詩人の恋:

» 江崎昌子のシューマン:子供のためのアルバム [クラシック音楽ぶった斬り]
江崎昌子ならではの歌心と表現豊かな叙情美によって子供から大人まで楽しめる内容に仕上がっている。 [続きを読む]

» ペライアのブラームス:ピアノ作品集(新盤) [クラシック音楽ぶった斬り]
ぺライアの堂々たるシンフォニックなタッチをクリアに味わうことができるのが素晴らしい。 [続きを読む]

» フルトヴェングラー&ウィーン・フィルのブラームス:交響曲第2番/「レオノーレ」序曲第3番 [クラシック音楽ぶった斬り]
何度も繰り返すが、今の指揮者にこうした演奏をできる者は存在しない。 [続きを読む]

» パーヴォ・ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィルのシューマン:交響曲第2番&序曲集 [クラシック音楽ぶった斬り]
本盤の各曲の演奏は、近年のパーヴォ・ヤルヴィの充実ぶりを如実に反映させた素晴らしい名演。 [続きを読む]

« 今日の音楽 7月28日 ごしきひわ | トップページ | 今日の音楽 7月30日 嵐が丘 »