ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 6月8日 ウィ・アー・オール・アローン | トップページ | 今日の音楽 6月10日 春はじめてのカッコウの声を聴いて »

2012年6月 9日 (土)

今日の音楽 6月9日 チェロ協奏曲(シューマン)

シューマンのチェロ協奏曲は1860年6月9日にライプツィヒで初演されました。

チェロのための協奏曲は、数的にはそれ程少ないという事も無いのですが、演奏会で取り上げられる機会も多くは無く、一般的に知られている曲は少ないというのが事実です。理由は、やっぱり音域にあるのでしょうかねぇ。チェロという楽器は非常に豊かな中低域を持っていて表現力もある楽器で、特にロマン派以降では弦楽器の中でも1st ヴァイオリンに次いでメロディを担当する事の多い楽器ではあるのですが、やはり他の独奏楽器に比べると音域が低い。音域が高い方が当然華やかな雰囲気を出せるので、チェロによる協奏曲も高い音域が必要になりますが、高い音域になると音色が硬くなっていくので華やかさは演出できますが流麗さに欠ける事。それに高い音域を連続させるとどうしても技術的に難しくなる・・などが考えられます。

チェロ協奏曲といえば、ドヴォルザークが断トツの人気を誇っていますが、さてナンバー2は、というと??ですね。ハイドン、シューマンと合わせて三大チェロ協奏曲と呼ばれる事はありますが、三大・・・という程知られていません。さらに、これにエルガーのチェロ協奏曲が比較的人気が高い曲です。

シューマンのチェロ協奏曲は古典的な3楽章の形式ですが、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲同様切れ目無く演奏されます。高音域が多く技巧的な側面を持っている事と、その技巧を華やかに聴かせることよりもオーケストラと一体になって曲を作り上げる作風がブラームスのピアノ協奏曲などにも似ているとも言えるでしょう。

デュ・プレのチェロ独奏、バレンボイム指揮ニューフィルハーモニア管弦楽団で第3楽章です。

« 今日の音楽 6月8日 ウィ・アー・オール・アローン | トップページ | 今日の音楽 6月10日 春はじめてのカッコウの声を聴いて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 6月9日 チェロ協奏曲(シューマン):

» ワルシャワ・リサイタル〜バレンボイム・プレイズ・ショパン [クラシック音楽ぶった斬り]
かかる演奏は、ショパンの音楽を陳腐なサロン音楽と見做す考え方に対する強烈なアンチテーゼとさえ言えるだろう。 [続きを読む]

» デュ・プレ&バレンボイムのブラームス:チェロ・ソナタ第1番 [クラシック音楽ぶった斬り]
本演奏におけるデュ・プレによる渾身の気迫溢れる演奏の力強さについても、とても女流チェリストなどとは思えないような圧巻の凄まじさである。 [続きを読む]

» デュ・プレ&バレンボイムのブラームス:チェロ・ソナタ第1番 [クラシック音楽ぶった斬り]
本演奏におけるデュ・プレによる渾身の気迫溢れる演奏の力強さについても、とても女流チェリストなどとは思えないような圧巻の凄まじさである。 [続きを読む]

» バレンボイム&ネルソンスのショパン:ピアノ協奏曲第1番、第2番 [クラシック音楽ぶった斬り]
本演奏で聴くショパンは、他のピアニストによる同曲の演奏とは一味もふた味も異なっている。 [続きを読む]

» デュ・プレ&バルビローリのハイドン:チェロ協奏曲第2番 モン:チェロ協奏曲 [クラシック音楽ぶった斬り]
いずれも、デュ・プレならではの圧倒的な超名演だ。 [続きを読む]

» デュ・プレ&バレンボイムのショパン&フランク:チェロ・ソナタ [クラシック音楽ぶった斬り]
演奏全体に漲っている何とも言えない凄みは、とても女流チェリストなどによる演奏とは思えないほどである。 [続きを読む]

» デュ・プレ&バレンボイムのショパン&フランク:チェロ・ソナタ [クラシック音楽ぶった斬り]
演奏全体に漲っている何とも言えない凄みは、とても女流チェリストなどによる演奏とは思えないほどである。 [続きを読む]

» デュ・プレ&サージェントのディーリアス:チェロ協奏曲 別れの歌 夜明け前の歌 [クラシック音楽ぶった斬り]
英国の詩情溢れる情感豊かな作品であるが、デュ・プレの心の込め方には尋常ならざるものがある。 [続きを読む]

» デュ・プレ&バレンボイムのハイドン:チェロ協奏曲第1番 ボッケリーニ:チェロ協奏曲 [クラシック音楽ぶった斬り]
デュ・プレのチェロ演奏の弓使いが鮮明に再現されるのは殆ど驚異的ですらある。 [続きを読む]

» デュ・プレ&バレンボイムのハイドン:チェロ協奏曲第1番 ボッケリーニ:チェロ協奏曲 [クラシック音楽ぶった斬り]
デュ・プレのチェロ演奏の弓使いが鮮明に再現されるのは殆ど驚異的ですらある。 [続きを読む]

» デュ・プレ&バレンボイムのハイドン:チェロ協奏曲第1番 ボッケリーニ:チェロ協奏曲 [クラシック音楽ぶった斬り]
デュ・プレのチェロ演奏の弓使いが鮮明に再現されるのは殆ど驚異的ですらある。 [続きを読む]

« 今日の音楽 6月8日 ウィ・アー・オール・アローン | トップページ | 今日の音楽 6月10日 春はじめてのカッコウの声を聴いて »