ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 6月24日 バスルームから愛をこめて | トップページ | 今日の音楽 6月26日 ワルキューレ »

2012年6月25日 (月)

今日の音楽 6月25日 交響曲第2番「讃歌」

メンデルスゾーンの交響曲第2番変ロ長調「讃歌」op.52は、印刷技術発明400年を記念する祝典のために作曲され1840年6月25日にライプツィヒ聖トーマス教会で初演されました。

メンデルスゾーンの交響曲は全部で5曲ありますが、番号は出版順であり作曲順ではありません。この第2番は第3番「スコットランド」の前に作曲された4番目の交響曲になります。

この曲は、メンデルスゾーン自らが交響カンタータと呼ぶ声楽つきの交響曲でソプラノ独唱が2人、テノール独唱1人と合唱が入りますが、オーケストラはメンデルスゾーンらしい2管編成で、第5番「宗教改革」同様トロンボーンが加わっています。従来トロンボーンは教会音楽とは切っても切れない繋がりがあった楽器ですので、「讃歌」と「宗教改革」という2曲の宗教色の強い曲には使ったのでしょう。

曲は2部構成で、第1部が3つの楽章からなるシンフォニア、第2部が終楽章にあたるわけですが、9曲からなるカンタータとなっています。この作り自体多分にベートーヴェンを意識したものです。

演奏には60~70分という長大な時間がかかるため、なかなか演奏の機会は多くはないですが、2管編成とは思えない堂々とした曲です。

冒頭です。

« 今日の音楽 6月24日 バスルームから愛をこめて | トップページ | 今日の音楽 6月26日 ワルキューレ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 6月25日 交響曲第2番「讃歌」:

« 今日の音楽 6月24日 バスルームから愛をこめて | トップページ | 今日の音楽 6月26日 ワルキューレ »