ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 6月20日 セイ・ユー・セイ・ミー | トップページ | 今日の音楽 6月22日 樅の木は残った »

2012年6月21日 (木)

今日の音楽 6月21日 死と変容

R.シュトラウスの交響詩「死と変容」は1890年6月21日にアイゼナハ音楽祭で初演されました。

人間の死と来世における変容(浄化)を表わした交響詩で、生まれつき病弱で20歳を過ぎてからたびたび死に直面したシュトラウス自身の心の中を音楽にしたもので、25分程度の演奏時間です。

3管編成で、瀕死の病人、幸せだった頃の回想、死との戦いが繰り返され、やがて死に至り変容を遂げたことが表現されるという内容。R.シュトラウスの作品の中では比較的平易な曲なので、シュトラウス初心者にはお勧めの曲です。

カラヤン指揮ベルリンフィルです。

« 今日の音楽 6月20日 セイ・ユー・セイ・ミー | トップページ | 今日の音楽 6月22日 樅の木は残った »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 6月21日 死と変容:

» カラヤン&ベルリン・フィルのドビュッシー:海 牧神の午後への前奏曲 ラヴェル:ボレロ [クラシック音楽ぶった斬り]
カラヤン&ベルリン・フィルの全盛時代の演奏の凄さを満喫することが可能な名CDである。 [続きを読む]

» カラヤン&パリ管のラヴェル:ラ・ヴァルス スペイン狂詩曲 道化師の朝の歌 クープランの墓 [クラシック音楽ぶった斬り]
カラヤン&パリ管弦楽団だけに可能な、ドイツ風とフランス風が見事に融合した稀有の名演である。 [続きを読む]

» ワイセンベルク&カラヤンのラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/フランク:交響的変奏曲 [クラシック音楽ぶった斬り]
演奏はいかにも全盛期のカラヤン&ベルリン・フィルならではの圧倒的なものである。 [続きを読む]

» ワイセンベルク&カラヤンのチャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 [クラシック音楽ぶった斬り]
ワイセンベルクのピアノ演奏とカラヤン&パリ管弦楽団の演奏が明瞭に分離して聴こえるのは殆ど驚異的ですらある。 [続きを読む]

» カラヤン&ベルリン・フィルのシューベルトの交響曲第8番「未完成」/ハイドンの交響曲第104番「ロンドン」 [クラシック音楽ぶった斬り]
本演奏に存在しているのは、徹頭徹尾、流麗なレガートが施されたいわゆるカラヤンサウンドに彩られた絶対美の世界である。 [続きを読む]

» カラヤン&ベルリン・フィルのシューベルト:交響曲第9番「ザ・グレート」 /劇音楽「ロザムンデ」よりバレエ音楽 [クラシック音楽ぶった斬り]
演奏内容は、他の指揮者による名演とは一味もふた味も異なる演奏に仕上がっている。 [続きを読む]

» カラヤン&ベルリン・フィルのドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」/スメタナ:交響詩「モルダウ」 [クラシック音楽ぶった斬り]
本演奏においてもいわゆる豪壮華麗なカラヤンサウンドを駆使した圧倒的な音のドラマは健在。 [続きを読む]

« 今日の音楽 6月20日 セイ・ユー・セイ・ミー | トップページ | 今日の音楽 6月22日 樅の木は残った »