ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 6月18日 交響曲第31番「パリ」 | トップページ | 今日の音楽 6月20日 セイ・ユー・セイ・ミー »

2012年6月19日 (火)

今日の音楽 6月19日 あの素晴しい愛をもう一度

精神科医であり、作詞家であり、ミュージシャンでもある北山修は1946年6月19日に生まれています。

京都府立医科大在学中の1965年に、加藤和彦の呼びかけに応えて結成されたフォーク・クルセダーズに参加。京都フォークシーンのアンダーグラウンドで活躍していましたが1967年解散を記念して作ったアルバムから「イムジン河」や「帰って来たヨッパライ」がラジオなどで流されプロデビューする事になりました。加藤は反対したものの一年限りという事でデビュー。1968年に解散後、北山は大学院に進みしばらく休養し医学博士となり、医者とミュージシャンの二足の草鞋で活躍し続けています。

あの素晴しい愛をもう一度は、北山修が詞を書いて加藤に持ち込み作曲された曲で1972年に加藤和彦 北山修のデュオでヒットし、多くの歌手によってカバーされると共に、中学校の音楽の教科書にも掲載され、合唱曲の定番にもなっている曲です。

作曲の加藤和彦と北山修に坂崎幸之助を加えたライブです。

« 今日の音楽 6月18日 交響曲第31番「パリ」 | トップページ | 今日の音楽 6月20日 セイ・ユー・セイ・ミー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 6月19日 あの素晴しい愛をもう一度:

« 今日の音楽 6月18日 交響曲第31番「パリ」 | トップページ | 今日の音楽 6月20日 セイ・ユー・セイ・ミー »