ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 5月17日 ラ・ペリ | トップページ | 今日の音楽 5月19日 スペインの時 »

2012年5月18日 (金)

今日の音楽 5月18日 交響曲第10番(マーラー)

作曲家グスタフ・マーラーは1911年5月18日に亡くなっています。

9つ目の交響曲に番号を与えず「大地の歌」という番号なしの曲にしてまで、ベートーヴェンの呪縛(作曲家は第10番の交響曲を完成させることができない)から逃れようとしていたマーラーも、結局はジンクスに勝てず、この第10番の交響曲を未完のままこの世を去ってしまいました。

楽譜は、第1楽章のみオーケストレーションを施した浄書に近い形で遺されていますが、他の楽章はスケッチ程度のものしかありません。5つの楽章からなっており、第1楽章はアダージョ、第2楽章はレントラー風の中間部をもつスケルツォ、第3楽章は楽譜に「プルガトリオ(煉獄)」と書かれた曲、第4楽章は激情的なスケルツォ、終楽章は序奏、主部、コーダからなるソナタ形式もどきの曲になっています。

この曲は第9番あたりから明白になってきた無調性音楽への歩みを更に進めた曲で、完成すれば非常に難解な曲になったであろう事が想像されます。勿論、スケッチがあるからには、これを完成させようという音楽家が数多く出て、様々な完成版が存在していますが、マーラーという人は、自ら初演をやるために、完成した作品をリハーサルを繰り返す内に大幅に書き直したりする人ですので、スケッチだけでは最終形は予測できませんが・・・

補筆版の代表的なものがクック版ですが、これですら演奏される事は稀で、ほぼ演奏会等で取り上げられるのは第1楽章のみです。

バーンスタイン指揮ウィーンフィルで、第1楽章の前半です。

« 今日の音楽 5月17日 ラ・ペリ | トップページ | 今日の音楽 5月19日 スペインの時 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 5月18日 交響曲第10番(マーラー):

» シャイーのマーラー:交響曲全集 [クラシック音楽ぶった斬り]
マーラーの交響曲の華麗なるオーケストレーションの醍醐味を、現在望み得る最高の鮮明な音質で味わうことができる。 [続きを読む]

» ライナー&シカゴ響のマーラー:交響曲第4番 [クラシック音楽ぶった斬り]
ライナー時代のシカゴ交響楽団には、特に高弦において顕著であるが艶やかな美しさに満ち溢れていた。 [続きを読む]

» バーンスタインのガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー、パリのアメリカ人 [クラシック音楽ぶった斬り]
若き日のバーンスタインによる傑作の一つと言っても過言ではあるまい。 [続きを読む]

» テンシュテット&ロンドン・フィルのマーラー:交響曲第5番/第10番アダージョ [クラシック音楽ぶった斬り]
テンシュテットのマーラーの交響曲へのアプローチはドラマティックの極みとも言うべき劇的なものだ。 [続きを読む]

» インバル&チェコ・フィルのマーラー:交響曲第1番「巨人」 [クラシック音楽ぶった斬り]
いまや世界最高のマーラー指揮者として君臨しているインバルの勢いを、もはや誰もとどめることが出来ない。 [続きを読む]

» ケーゲル&ドレスデン・フィルのベートーヴェン:序曲「エグモント」、交響曲第6番「田園」、交響曲第5番「運命」、J.S.バッハ:G線上のアリア [クラシック音楽ぶった斬り]
本演奏には、生きるための希望も、そして絶望も、人間が持ち得るすべての感情が込められていると思われる。 [続きを読む]

» バーンスタインのマーラー:歌曲集「子供の不思議な角笛」 (新盤) [クラシック音楽ぶった斬り]
生粋のマーラー指揮者であるバーンスタインだけが成し得た圧巻の至芸と言えるだろう。 [続きを読む]

» ティルソン・トーマス&サンフランシスコ響のマーラーの交響曲全集 [クラシック音楽ぶった斬り]
どこをとっても豊かな情感とコクに満ち溢れているのが素晴らしい。 [続きを読む]

» 朝比奈&大阪フィルのマーラー:交響曲「大地の歌」 [クラシック音楽ぶった斬り]
朝比奈のマーラーへのアプローチは、ベートーヴェンやブラームス、ブルックナーに対するアプローチと同じだ。 [続きを読む]

« 今日の音楽 5月17日 ラ・ペリ | トップページ | 今日の音楽 5月19日 スペインの時 »