ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« パイオニア交響楽団第23回定期演奏会に向けて・4 白鳥の湖・後編 | トップページ | パイオニア交響楽団第23回定期演奏会に向けて・5 ローマの松 »

2012年4月27日 (金)

今日の音楽 4月27日 交響曲第4番「法悦の詩」

作曲家スクリャービンは1915年4月27日に虫刺されを原因とする膿傷による敗血症で亡くなっています。

モスクワの軍人貴族の家庭に生まれ幼い頃よりピアノを習い始めました。陸軍兵学校に進学しましたが、体が弱く、楽才が認められモスクワ音楽院への通学が認められタネーエフらに師事。その後正式にモスクワ音楽院に入学しアレンスキーらに師事ました。同級生にラフマニノフがいて当時はピアノはスクリャービン、作曲はラフマニノフが有望視されていたようです。

1900年ごろからニーチェに憧れるようになり超人思想に共鳴し作品にもそれが反映されるようになります。

スクリャービンは自らが卓越したピアニストであったため、ピアノ作品が非常に多いのですが、少ないながらも管弦楽曲を作曲しています。その代表作が交響曲第4番「法悦の詩」です。スクリャービンが神秘主義に傾倒した晩年の作品の中でも中心的な曲で、「法悦」はエクスタシーと理解すれば良いと思われます。

オルガン、ハープ、チェレスタを含んだ4管編成の大オーケストラの曲で、単一楽章からなる交響詩的な作品です。神秘和音を多用した無調性音楽で音楽的にもセクシャルな内容の20分ほどの曲です。

スヴェトラーノフ指揮ソヴェト交響楽団です。

« パイオニア交響楽団第23回定期演奏会に向けて・4 白鳥の湖・後編 | トップページ | パイオニア交響楽団第23回定期演奏会に向けて・5 ローマの松 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 4月27日 交響曲第4番「法悦の詩」:

» ガヴリーロフ&ムーティのラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、パガニーニの主題による狂詩曲 [クラシック音楽ぶった斬り]
他のどのピアニストよりも、テンポをゆったりとしたものとして、情感豊かな感動的な演奏を繰り広げている。 [続きを読む]

» ヤンソンス&サンクトペテルブルク・フィルのラフマニノフ:交響曲第2番 [クラシック音楽ぶった斬り]
ラフマニノフの美しい旋律を徹底的に歌い抜いた名演と高く評価したい。 [続きを読む]

» スヴェトラーノフ&スウェーデン放送響のブルックナー:交響曲第9番 [クラシック音楽ぶった斬り]
力で押し切っていくようなタイプの演奏とは別人のような成熟した演奏を聴かせてくれているのが素晴らしい。 [続きを読む]

» エド・デ・ワールト&オランダ放送フィルのラフマニノフ:交響曲・管弦楽曲全集 豪華BOXセット [クラシック音楽ぶった斬り]
エド・デ・ワールトは、各楽曲の曲想を精緻に、そして丁寧に描き出している。 [続きを読む]

« パイオニア交響楽団第23回定期演奏会に向けて・4 白鳥の湖・後編 | トップページ | パイオニア交響楽団第23回定期演奏会に向けて・5 ローマの松 »