ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« パイオニア交響楽団第23回定期演奏会に向けて・3 白鳥の湖 | トップページ | パイオニア交響楽団第23回定期演奏会に向けて・4 白鳥の湖・後編 »

2012年4月26日 (木)

今日の音楽 4月26日 ある愛の詩

映画音楽の作曲家として知られるフランシス・レイは1932年4月26日にニースで生まれました。

多くの映画音楽を手がけ、特にクロード・ルルーシュ監督とのコンビは数多くの名作を生んでいます。ルルーシュとのコンビは「男と女」から始まり「パリのめぐり逢い」「白い恋人たち」「愛と哀しみのボレロ」などが代表的なコンビ作品です。

ルルーシュとのコンビ作品以外で最も知られているのが「ある愛の詩」でしょう。
「ある愛の詩」は、アーサー・ヒラー監督がエリック・シーガルの脚本を映画化したもので、「愛とは決して後悔しないこと」というキャッチフレーズでも知られている作品です。1970年に公開され、この主題曲でフランシス・レイはアカデミー主題歌賞を獲得しました。

ヒットしたアンディ・ウィリアムズの歌です。

« パイオニア交響楽団第23回定期演奏会に向けて・3 白鳥の湖 | トップページ | パイオニア交響楽団第23回定期演奏会に向けて・4 白鳥の湖・後編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 4月26日 ある愛の詩:

» プレートルのムソルグスキー=ラヴェル:組曲「展覧会の絵」、ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲、ボレロ [クラシック音楽ぶった斬り]
プレートルの持ち味である開放的な音楽性と明るいサウンドが楽しめる演奏だ。 [続きを読む]

« パイオニア交響楽団第23回定期演奏会に向けて・3 白鳥の湖 | トップページ | パイオニア交響楽団第23回定期演奏会に向けて・4 白鳥の湖・後編 »