ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 3月16日 ロメオとジュリエット(チャコフスキー) | トップページ | 今日の音楽 3月18日 太陽がいっぱい »

2012年3月17日 (土)

今日の音楽 3月17日 20世紀フォックスファンファーレ

1900年3月17日は、映画音楽の作曲家・音楽プロデューサーのアルフレッド・ニューマンの誕生日です。

アルフレッドは、10人兄弟の長男としてコネチカット州で生まれ5歳の時からピアノを弾き始め20歳の時にニューヨークに移り住んでブロードウェイで音楽監督として活躍するようになりました。30歳になってハリウッドに移って映画音楽の作曲家になります。

1937年から1970年まで、アカデミー賞のノミネートは実に45回、そのうち9回も受賞しています。特に1940年は異なる4つの作品でノミネートされました。1970年に亡くなる直前まで作曲活動を続け、彼が手がけた映画の作品数は200本以上と言われています。
ニューマン一家は「ニューマン・ファミリー」と言われる音楽一家で、弟のライオネルは「ハロー・ドリー」など、同じく弟のエミールは「センチメンタル・ジャーニー」などの音楽監督、息子のデヴィッドは「ローズ家の戦争」など、同じく息子のトーマスは「若草物語」、「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」など、甥のランディはシンガー・ソングライターとして活躍すると共に「トイ・ストーリー」の音楽などを手がけています。

アルフレッドの手がけた主な作品は「海外特派員」「わが谷は緑なりき」「荒野の決闘」「三十四丁目の奇蹟」「イヴの総て」「聖衣」「ショウほど素敵な商売はない」「慕情」「大空港」など大作がずらり。

アルフレッドは20世紀フォックスのプロデューサー ダリル・F・ザナックの依頼でサウンド・ロゴの音楽を作曲し、現在でも使われています。

« 今日の音楽 3月16日 ロメオとジュリエット(チャコフスキー) | トップページ | 今日の音楽 3月18日 太陽がいっぱい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 3月17日 20世紀フォックスファンファーレ:

« 今日の音楽 3月16日 ロメオとジュリエット(チャコフスキー) | トップページ | 今日の音楽 3月18日 太陽がいっぱい »