ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 3月15日 スペイン狂詩曲 | トップページ | 今日の音楽 3月17日 20世紀フォックスファンファーレ »

2012年3月16日 (金)

今日の音楽 3月16日 ロメオとジュリエット(チャコフスキー)

チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」は1870年3月16日に、ニコライ・ルビンシュテインの指揮でモスクワで初演されました。

シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を題材にした演奏会用序曲で、バラキレフに勧められて作曲したものです。修道僧ロレンスを表わすコラール風の序奏、その後モンタギュー家とキャピュレット家の争いを表わす激しい第1主題、ロメオとジュリエットの愛のテーマの第2主題を組み合わせて物語を展開していきます。

最後に、ティンパニで葬送を表現し愛のテーマが短調になって表れて劇的な音楽を閉じます。

現在、通常演奏されるのは初演時の物では無く数回の改訂を経て1881年に出版された決定稿で、初演時よりも更に劇的な音楽になっています。

ゲルギエフ指揮ロンドン交響楽団で前半です。

« 今日の音楽 3月15日 スペイン狂詩曲 | トップページ | 今日の音楽 3月17日 20世紀フォックスファンファーレ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 3月16日 ロメオとジュリエット(チャコフスキー):

» ゲルギエフのショスタコーヴィチ:交響曲第2番、第11番 [クラシック音楽ぶった斬り]
十分にドラマティックでありながら、むしろしみじみとした情感が胸を打つ。 [続きを読む]

» ミュンシュ&ボストン響のチャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」、R.シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」 [クラシック音楽ぶった斬り]
両曲ともに、ミュンシュ&ボストン交響楽団の黄金時代を象徴する名演と高く評価したい。 [続きを読む]

« 今日の音楽 3月15日 スペイン狂詩曲 | トップページ | 今日の音楽 3月17日 20世紀フォックスファンファーレ »