ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 3月9日 ナブッコ | トップページ | 今日の音楽 3月11日 リベルタンゴ »

2012年3月10日 (土)

今日の音楽 3月10日 ピアノ協奏曲第21番

モーツァルトのピアノ協奏曲第21番は1785年3月10日ブルク劇場で初演されました。

ピアノ協奏曲第20番が完成したわずか1ヶ月後に完成し予約演奏会で初演された曲で第2楽章が、映画「みじかくも美しく燃え」で使われ有名になった曲です。そういうわけであまりにも第2楽章が有名なため他の楽章が霞んでしまっているのですが、第20番に続くモーツァルトの脂の乗り切った時期(交響曲で言えばリンツプラハの間)で、行進曲風の第1楽章冒頭を聞いても、非常にシンフォニックな響きがする名曲です。それゆえに、ト短調の旋律や第2主題では40番の交響曲などを彷彿とさせる曲調も聴くことができます。

第2楽章は、中声部の弦楽器の三連符と低弦のピチカートに乗っかって「みじかくも美しく燃え」のメロディが奏でられる美しい楽章です。
第3楽章はソナタ形式ですが展開部を持っていないため、主題の繰り返しがちょっと多すぎる感じがしてしまいます。やっぱり1ヶ月弱という短い作曲期間だった影響でしょうか、2楽章までに比べると、ちょっと作りが弱い感じです(と、天才モーツァルトを批評する程偉くないので、素人の感想です)

You Tubeの映像も圧倒的に2楽章が多いので他の楽章探すのが大変でした。
第1楽章、マレイ・ペライアのピアノ、マゼール指揮バイエルン放送交響楽団です。

« 今日の音楽 3月9日 ナブッコ | トップページ | 今日の音楽 3月11日 リベルタンゴ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 3月10日 ピアノ協奏曲第21番:

» アシュケナージのモーツァルト:ピアノ協奏曲第17番、第20番 [クラシック音楽ぶった斬り]
どの部分をとっても、嫌みがない美しさ、高貴さを漂わせており、モーツァルトの音楽の魅力がダイレクトに伝わってくる。 [続きを読む]

« 今日の音楽 3月9日 ナブッコ | トップページ | 今日の音楽 3月11日 リベルタンゴ »