ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 2月10日 ホフマンの舟歌 | トップページ | 今日の音楽 2月12日 チャーリー・ブラウンという名の少年 »

2012年2月11日 (土)

今日の音楽 2月11日 交響曲第9番(ブルックナー)

未完成に終わったブルックナーの交響曲第9番は、ブルックナーの死去から7年後の1903年2月11日にレーヴェの改訂版でウィーンで初演されています。

ベートーヴェン以来作曲家は10番目の交響曲は完成できないというジンクスが作曲家の中でも真剣に考えられていたことは、マーラーの「大地の歌」のエピソードでも有名でしたが、ブルックナーは第9番作曲の途中で他界してしまいました。ブルックナーは9番の第3楽章までしか完成できませんでしたが、彼自身が「取り消し、無効」とした第0番という作品があるために、番号のある交響曲は一応9曲完成し、10曲目の途中で絶筆となったわけです。しかも、ブルックナーの第9番はベートーヴェンの第9番と同じニ短調という調性で、これはベートーヴェンの呪縛への挑戦と取れなくもないでしょう。

この曲の作曲を始めたのは1887で、他界したのが1896年ですから随分作曲に長い期間を費やしたと思いますが、この間にブルックナーお得意の以前の作品の手直しを盛んにやっていたという事でそれに時間を費やされていたようです。結局亡くなるまでに完成したのは終楽章の再現部の途中まで、完成されていたと言われているスケッチも失われてしまっているため、演奏会では第3楽章までの演奏で終える事が多いです。古今東西の未完成作品同様、多くの研究者や作曲家が完成版を作っていますがどれも決定的なものでは無く、あまり演奏される機会は多く有りません。

第9番は、ベートーヴェンの第九をかなり強く意識していたのか、第2楽章にスケルツォを置いています。3つの楽章だけでも1時間を越える長大な曲で、調性も曖昧な部分が数多く存在しており後期ロマン派から次のステップへという段階も見えてくる作品です。

アバド指揮ベルリンフィルで第1楽章です。

« 今日の音楽 2月10日 ホフマンの舟歌 | トップページ | 今日の音楽 2月12日 チャーリー・ブラウンという名の少年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 2月11日 交響曲第9番(ブルックナー):

» パーヴォ・ヤルヴィのベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 [クラシック音楽ぶった斬り]
この俊敏さ、軽やかさ、躍動感が、今までに筆者が慣れ親しんだ重苦しい演奏の記憶を洗い流してゆくようだ。 [続きを読む]

» ヤンソンス&バイエルン放送響のブルックナー:交響曲第7番(SACD Hybrid) [クラシック音楽ぶった斬り]
指揮者の解釈云々ではなく、ブルックナーの「第7」の音楽の素晴らしさ、美しさがダイレクトに伝わってくる。 [続きを読む]

» ケント・ナガノ&バイエルン国立管のブルックナー:交響曲第4番変ホ長調「ロマンティック」(1874年第1稿) [クラシック音楽ぶった斬り]
ナガノ盤は、何より「第1稿そのものの音楽的美しさ」が際立つ見事な名演だ。 [続きを読む]

» アバド&ベルリン・フィルのヤナーチェク:シンフォニエッタ [クラシック音楽ぶった斬り]
ベルリン・フィルの金管をはじめとする豊かな響きと高度な機能性がフルに発揮された彫りの深い表現はすばらしい。 [続きを読む]

» アバド&ウィーン・フィルのベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 [クラシック音楽ぶった斬り]
当時は新たなベートーヴェン像を打ち立てたと言われたCDだったが、今となっては実にスタンダードな演奏である。 [続きを読む]

» アバドのペルゴレージ:スターバト・マーテル(新盤)ほか [クラシック音楽ぶった斬り]
本盤のペルゴレージも、アバドの故国イタリアの薄命の作曲家への深い愛着を感じさせる実に感動的な名演に仕上がっている。 [続きを読む]

» ヨッフム&ベルリン・フィルのブルックナー:交響曲第4番《ロマンティック》 [クラシック音楽ぶった斬り]
本盤は奇を衒わずスケール感もある程度満足させ、さらに曲名を地で行くロマンティックな様相が魅力的だ。 [続きを読む]

» ポゴレリチ&アバドのショパン:ピアノ協奏曲第2番/ポロネーズ第5番 [クラシック音楽ぶった斬り]
あまりの個性的なピアノに完全にノックアウトされてしまった。 [続きを読む]

« 今日の音楽 2月10日 ホフマンの舟歌 | トップページ | 今日の音楽 2月12日 チャーリー・ブラウンという名の少年 »