ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 12月12日 クラリネット五重奏曲(ブラームス) | トップページ | 今日の音楽 12月14日 ヴォツェック »

2011年12月13日 (火)

今日の音楽 12月13日 パリのアメリカ人

ガーシュウィンの「パリのアメリカ人」は1928年12月13日カーネギー・ホールダムロッシュ指揮ニューヨーク・フィルハーモニックの演奏で初演されています。

グローフェの協力を得て作曲された「ラプソディ・イン・ブルー」以降、独学でオーケストレーションを学び自らが完成させた代表的な管弦楽曲が、パリのアメリカ人です。
1920年代に暮らしたパリの様子を、具体的なストーリーは無いものの見事に描いているシンフォニック・ジャズの傑作です。

後に、この曲を素材にした映画「巴里のアメリカ人」が製作され大ヒット。パリのアメリカ人をバックに主演のジーン・ケリーが踊るシーンがあまりにも有名なため、そのイメージが強いのですがガーシュウィン自身は具体的なストーリーを描いたわけではありません。

編成は3管編成にサクソフォン3本ですが、打楽器が有名なクラクションをはじめ11種類使われていて華やかさを演出しています。勿論、ブルースの部分もあってブルーノートもふんだんに使われています。

小澤征爾指揮サンフランシスコ交響楽団で、後半です。

« 今日の音楽 12月12日 クラリネット五重奏曲(ブラームス) | トップページ | 今日の音楽 12月14日 ヴォツェック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 12月13日 パリのアメリカ人:

« 今日の音楽 12月12日 クラリネット五重奏曲(ブラームス) | トップページ | 今日の音楽 12月14日 ヴォツェック »