ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« パイオニア交響楽団第22回定期演奏会へ向けて part9 | トップページ | 今日の音楽 10月6日 交響曲第14番「死者の歌」 »

2011年10月 5日 (水)

今日の音楽 10月5日 天国と地獄

1880年10月5日は、オッフェンバックの命日です。

オッフェンバックはドイツに生まれフランスで活躍した作曲家です。これと言った音楽史に残る功績は残していませんが、何と言っても赤ん坊以外は誰でも知っている曲が「天国と地獄」の序曲でしょう。昔は、「文明堂のカステラ」のCMソング、無声映画の走るシーンのBGM、今でも運動会などで使われています。と言っても、使われているのは第3部の踊りの音楽ですが・・・

天国と地獄は、グルックなどが歌劇として取り上げている「オルフェオとエウリディーチェ」をパロディ化した「地獄のオルフェ」というのが原題のオペレッタで、「天国と地獄」というタイトルは日本でしか通用しないので要注意です。元々はこのオペレッタには序曲は無かったのですが、ウィーン初演の際にカール・ビンダーというオーストリアの作曲家が、劇中の曲を使って序曲を作ったというのが始まりでした。

シェルヘン指揮ウィーン国立歌劇場管弦楽団です。

« パイオニア交響楽団第22回定期演奏会へ向けて part9 | トップページ | 今日の音楽 10月6日 交響曲第14番「死者の歌」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 10月5日 天国と地獄:

« パイオニア交響楽団第22回定期演奏会へ向けて part9 | トップページ | 今日の音楽 10月6日 交響曲第14番「死者の歌」 »