ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« パイオニア交響楽団第22回定期演奏会へ向けて part7 | トップページ | パイオニア交響楽団第22回定期演奏会へ向けて part8 »

2011年10月 3日 (月)

今日の音楽 10月3日 交響曲第2番「四つの気質」

1931年10月3日は、デンマークの作曲家カール・ニールセンの命日です。

ニールセンについては、彼の代表作交響曲第4番「不滅」で詳しく書いてありますので省略します。

交響曲第2番「四つの気質」は1902年に完成しています。「四つの気質」とは、当時ヨーロッパにおける一般的な人間の気質の分類方法で、19世紀から20世紀にかけて活躍した教育学者シュタイナーによるものです。
①多血質(終楽章)・・・陽気で活発、自由で開放的、欠点は軽薄、飽きっぽいなど
②胆汁質(第1楽章)・・・エネルギッシュ、行動的、強い意志を持つ、欠点は短気で怒りっぽく攻撃的
③粘液質(第2楽章)・・・冷静で知的、几帳面、欠点は柔軟性に欠ける
④憂鬱質(第3楽章)・・・敏感で芸術的、欠点は臆病、神経質
といった内容の分類です。

曲の内容自体もそれぞれの気質の代表的な性格を表現しています。第1楽章の主題は怒りっぽい事を表す激しい和音、第3楽章は落ち込んだ憂鬱な主題で始まります。ニールセン自身はこの曲は決して標題音楽では無いと言っていますが、それぞれの気質を理解して聞くと本当に面白い音楽だと思います。

モートン・グールド指揮シカゴ交響楽団で第1楽章です。

« パイオニア交響楽団第22回定期演奏会へ向けて part7 | トップページ | パイオニア交響楽団第22回定期演奏会へ向けて part8 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 10月3日 交響曲第2番「四つの気質」:

« パイオニア交響楽団第22回定期演奏会へ向けて part7 | トップページ | パイオニア交響楽団第22回定期演奏会へ向けて part8 »