ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 10月18日 ヴァイオリンとチェロのための協奏曲 | トップページ | 今日の音楽 10月20日 交響曲第2番(アイヴズ) »

2011年10月19日 (水)

今日の音楽 10月19日 展覧会の絵(ラヴェル編曲)

ラヴェルが、ムソルグスキーのピアノ曲「展覧会の絵」を管弦楽にアレンジした組曲「展覧会の絵」は1922年10月19日に初演されています。

ラヴェルは、ボストン交響楽団クーセヴィツキーの依頼で、ムソルグスキーの名ピアノ曲をアレンジしました。元々ムソルグスキーのピアノ曲は、あたかも後でオーケストラ用にアレンジする為のものという曲が多く、特にこの「展覧会の絵」は多くの人が様々なアレンジを試みています。

ピアノ曲を管弦楽にアレンジした作品は、「良いアレンジ」の域を脱しないものですが、この「展覧会の絵」は、原曲とは違う世界を創出した1つの作品として高い評価を得ており、単なる編曲版では無い作品に仕上がっています。
ラヴェルは編曲するにあたって原曲から第6曲「サミュエル・ゴールデンベルグ・・・」と第7曲「リモージュ」の間の第5プロムナードをカットしていますが、それ以外は原曲の通りとしました。

プロムナードの華やかなファンファーレっぽい金管による演奏、「サミュエル・ゴールデンベルグ・・・」の弦楽器全奏による金持ちと、ミュート付きトランペットによる悲壮感漂う貧乏人のやりとり、「ビドロ」のコントラバスを2つに分けた伴奏で、牛たちの悲しみに満ちたのろのろの歩み。どれをとっても素晴らしいオーケストレーションです。

ゲルギエフ指揮NHK交響楽団で、バーバ・ヤガーからキエフの大きな門までです。

« 今日の音楽 10月18日 ヴァイオリンとチェロのための協奏曲 | トップページ | 今日の音楽 10月20日 交響曲第2番(アイヴズ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 10月19日 展覧会の絵(ラヴェル編曲):

« 今日の音楽 10月18日 ヴァイオリンとチェロのための協奏曲 | トップページ | 今日の音楽 10月20日 交響曲第2番(アイヴズ) »