ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 10月9日 死の舞踏 | トップページ | パイオニア交響楽団第22回定期演奏会へ向けて part11 »

2011年10月10日 (月)

今日の音楽 10月10日 シェーンブルの人々

ヨーゼフ・ランナーのワルツ「シェーンブルの人々」は1842年10月10日に初演されています。

ランナーは、ヨハン・シュトラウス以前にウィンナ・ワルツを確立した作曲家で、ウィンナ・ワルツの始祖とも呼ばれています。ワルツポルカギャロップレントラーなど400余りの作品を作曲しています。今では、ニューイヤーコンサート以外ではなかなか聴くことが出来ませんね。

代表曲のひとつシェーンブルンの人々の「シェーンブルン」は勿論ハプスブルグ家の宮殿があるウィーンの西部にある町で、ここに生活する人々の優雅な様子を表現したワルツです。

アーノンクール指揮の2001年ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート 5分過ぎぐらいからが「シェーンブルンの人々」です。

« 今日の音楽 10月9日 死の舞踏 | トップページ | パイオニア交響楽団第22回定期演奏会へ向けて part11 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 10月10日 シェーンブルの人々:

« 今日の音楽 10月9日 死の舞踏 | トップページ | パイオニア交響楽団第22回定期演奏会へ向けて part11 »