ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 8月27日 星めぐりの歌 | トップページ | 今日の音楽 8月29日 ベンのテーマ »

2011年8月28日 (日)

今日の音楽 8月28日 魔法使いの弟子

1749年8月28日は、文学者ゲーテの誕生日です。

ゲーテといえば、疾風怒濤(シュトゥルム・ウント・ドランク)時代を代表する、ドイツの文豪。その詩作や戯曲などが多くの作曲家に取り上げられています。
特に、ベートーヴェンの第九の原詩の作曲家として有名なシラーとは影響しあう盟友でした。

特に、シューベルトはゲーテの詩を好み「魔王」「野ばら」「糸を紡ぐグレートヒェン」など600曲余りの歌曲の内70曲はゲーテの詩を使用しています。
その他では、モーツァルト「すみれ」、ベートーヴェン「静かな海と楽しい航海」(メンデルスゾーンも演奏会用序曲として作曲)「劇音楽エグモント」などが同時代の作曲家によって取り上げられています。
その他では何といってもゲーテの代表作「ファウスト」。グノーの歌劇がもっとも有名ですが、ベルリオーズの「ファウストの劫罰」、ボイト「メフィストフェーレ」、シューマン「ファウストからの情景」、リスト「ファウスト交響曲」、マーラーの交響曲第8番の第2部など多くの作品が生まれていますし(糸を紡ぐグレートヒェンもファウストからの作品)、もうひとつの代表作「若きウェルテルの悩み」からはマスネの歌劇「ウェルテル」が、「ウィルヘルム・マイスターの修行時代」からは、シューベルトの歌曲、トマの歌劇「ミニヨン」などが生まれています。

ゲーテが、1世紀シリアのルキアノスの詩を元に書き上げたバラード「魔法使いの弟子」を交響詩(交響的バラード)に仕上げたデュカスの「魔法使いの弟子」は、映画「ファンタジア」でミッキーマウスが魔法使いの弟子に扮して有名になった作品です。ストーリーに基づく標題音楽ですが、それを非常に幻想的に表現しています。有名な曲なのですが、非常に演奏が難しく(アマチュアオーケストラでは1小節目で崩壊する可能性がある、などとも言われています)実際の演奏ではなかなか取り上げられないですね。

« 今日の音楽 8月27日 星めぐりの歌 | トップページ | 今日の音楽 8月29日 ベンのテーマ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 8月28日 魔法使いの弟子:

« 今日の音楽 8月27日 星めぐりの歌 | トップページ | 今日の音楽 8月29日 ベンのテーマ »