ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 8月13日 絵のような風景 | トップページ | 今日の音楽 8月15日 寄港地 »

2011年8月14日 (日)

今日の音楽 8月14日 交響曲第8番(ブルックナー)

1996年8月14日は、指揮者チェリビダッケの命日です。

チェリビダッケといえば、ゆったりしたテンポ、ビブラートなしの弦楽器、レコーディング嫌い、厳しい練習などで知られていますが、その大元になる思想は「音楽は生き物」という考え方でしょう。要するに、ホールの響きなど演奏する環境によって同じ音楽でも表現の仕方が変わるという事で、作曲家のメトロノームの数字で指定したテンポは意味が無いとまで言っているようです。従って、演奏がいつまでも残るレコーディングを嫌っていたという事ですね。

チェリビダッケといえば、最も得意とするレパートリーはブルックナーです。非常にゆったりとしたテンポがブルックナーの宇宙的な音楽に合ったのかもしれませんが、例えば通常1時間20分程かかる交響曲第8番を晩年の演奏で1時間45分かけたという記録も残っています。多分、これぐらいの遅いテンポになると管楽器泣かせでしょうね。息が続かないからねぇ。

ブルックナーの交響曲第8番は、伝統的な4つの楽章からなる曲ですが彼の交響曲では最も長い曲です。1887年に完成していますが、送付されたスコアを見た指揮者のヘルマン・レヴィに「演奏不能」と言われ、改訂を余儀なくされ1890年に改訂版(第2稿)が完成され初演されました。今では殆どこの第2稿で演奏されます。が、ブルックナーの版はもっと複雑で、ブルックナーの弟子シャルクが第2稿を元に1892年に出版した初版(改訂版)から始まり、1939年ハースが出版したハース版(原典版)、1955年に第2稿に基づきノヴァークが出版したノヴァーク版第2稿、1972年に第1稿に基づきノヴァークが出版したノヴァーク版第1稿などがあり、それぞれかなりの部分で違っています。
ブルックナーの版については、非常に詳しいブルックナーフリークの方々がいるので細かいところはお任せしますが、興味のある方は覗いてみてはいかがでしょうか。
ブルックナーのスコアにこれだけの版があるのは、ひとえにブルックナーの性格にもよるようです。彼は、人の意見にやたらに耳を傾けるので、何か言われてはスコアを直し・・・を繰り返し、スコア自体がどれが最新のものかわからなくなっちゃったという事らしいです。

チェリビダッケ指揮で第1楽章です

« 今日の音楽 8月13日 絵のような風景 | トップページ | 今日の音楽 8月15日 寄港地 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 8月14日 交響曲第8番(ブルックナー):

» ブロムシュテット&ゲヴァントハウスのブルックナー:交響曲第8番 [クラシック音楽ぶった斬り]
旧東ドイツの名門オーケストラと新しい世代のドイツ系指揮者ががっぷり組んだ構築あふれる名演。 [続きを読む]

» マゼール&バイエルン放送響のブルックナー:交響曲全集 [クラシック音楽ぶった斬り]
短期間のうちに収録されたため、音の傾向に統一感があるのも大きな長所となっている。 [続きを読む]

» チェリビダッケ&シュトゥットガルト放送響/シェエラザード、ティル(DVD) [クラシック音楽ぶった斬り]
カメラアングルがやや単調な様に思われるが、じっくりとオーケストラをコントロールするチェリビダッケが見もの。 [続きを読む]

» チェリビダッケ&シュトゥットガルト放送響、他のブルックナー:交響曲集、他 [クラシック音楽ぶった斬り]
晩年のミュンヘン時代とはひと味違った、躍動感と生命力あふれるチェリビダッケ壮年期のブルックナー演奏の魅力を堪能させてくれる。 [続きを読む]

» チェリビダッケ&シュトゥットガルト放送響、他のブルックナー:交響曲集、他 [クラシック音楽ぶった斬り]
晩年のミュンヘン時代とはひと味違った、躍動感と生命力あふれるチェリビダッケ壮年期のブルックナー演奏の魅力を堪能させてくれる。 [続きを読む]

» クーベリック&バイエルン放送響のブルックナー:交響曲第8番(1963年ライヴ) [クラシック音楽ぶった斬り]
大指揮者クーベリックの面目躍如といった感動的な音楽を聴かせる。 [続きを読む]

« 今日の音楽 8月13日 絵のような風景 | トップページ | 今日の音楽 8月15日 寄港地 »