ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 6月5日 舞踏への勧誘 | トップページ | 今日の音楽 6月7日 交響曲第8番(ドヴォルザーク) »

2011年6月 6日 (月)

今日の音楽 6月6日 スパルタカス 

ショスタコーヴィチプロコフィエフと並ぶ20世紀ソ連の3大巨匠のひとり、アラム・ハチャトゥリャンは1903年6月6日(グレゴリオ暦)に生まれています。
但し、ハチャトゥリャンはソ連といっても中央アジアに近いグルジア生まれのアルメニア人で、カフカス(コーカサス)地方の音楽を多く取り入れた作品を得意としています。どちらかと言えば古典派-ロマン派-国民主義の延長線上を絵に描いたような洗練された音楽を作ったショスタコーヴィチやプロコフィエフとはちょっと異なる作風で、田舎臭さも魅力のひとつでしょう。

激しいリズムの音楽や大胆な作風が特徴で、剣の舞を含むバレエ「ガイーヌ」は彼の代表作です。勿論交響曲や協奏曲などの純音楽作品も数多く作曲していますが、やはりフランスと並ぶバレエの盛んなお国柄、バレエ作品が演奏機会が多いようです。特に、「仮面舞踏会」のワルツは2008年のシーズンに浅田真央がフリー演技の音楽として使用してちょっとしたブームになりました。
バレエ「スパルタカス」は古代ローマ時代の奴隷スパルタカスの反乱を描いた作品で、後に4つの組曲に編まれています。CDや演奏会ではこの3つの組曲から抜粋して演奏される機会が多いようです。

その中で最もドラマチックで美しいのが第2組曲の「フリーギアとスパルタクスのアダージョ」です。ボリショイバレエです。

« 今日の音楽 6月5日 舞踏への勧誘 | トップページ | 今日の音楽 6月7日 交響曲第8番(ドヴォルザーク) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 6月6日 スパルタカス :

» M.ヤンソンスのショスタコーヴィチ:交響曲全集 [クラシック音楽ぶった斬り]
音楽を歌い上げる息の長さが、やはりロシアの指揮者ならではのスケールを感じさせる。 [続きを読む]

» アンチェルのショスタコーヴィチ:交響曲第1番&第5番 [クラシック音楽ぶった斬り]
実直に音を重ねていくだけなのに、そこに傷ついた心からの血の滲みが見てとれる。 [続きを読む]

« 今日の音楽 6月5日 舞踏への勧誘 | トップページ | 今日の音楽 6月7日 交響曲第8番(ドヴォルザーク) »