ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 6月20日 コケイン | トップページ | 今日の音楽 6月22日 虹の彼方に »

2011年6月21日 (火)

今日の音楽 6月21日 シェエラザード

ロシア五人組のひとり、ニコライ・リムスキー=コルサコフは1908年6月21日に亡くなっています。
リムスキー=コルサコフと言えば、色彩感豊かなオーケストレーションで有名で、ムソルグスキーの「禿山の一夜」や「ホヴァンシチーナ」「ボリスゴドノフ」などのムソルグスキーの作品を再オーケストレーションした事でも知られています。但し、この編曲は、ムスルグスキーの独創性を損なったという批判もあり、近年は原典版を演奏する場合も増えているようです。
教育者としても大きな足跡を残しており、彼の弟子にはグラズノフ、ストラヴィンスキー、リャードフ、アレンスキー、プロコフィエフなどすぐれた作曲家がいます。

代表作は、交響組曲「シェエラザード」でしょう。組曲といってもそれぞれ標題のついた4つの楽章からなり交響曲の形式を持っています。内容は、千夜一夜物語のヒロインであるシェエラザード姫の語る4つの物語で、全編を通して美しいシェエラザードのテーマが登場します。交響曲の形式をもった交響組曲ですが、全楽章を通してヴァイオリンソロが登場し、協奏曲のような雰囲気を持つ曲でもあります(協奏曲ほど高い難易度ではありませんが・・・)

第1楽章は 海とシンドバッドの船 上行下行音階で海のうねりを表現しています。
第2楽章は カランダール王子の物語  ファゴットのメロディが王子を表しています
第3楽章は 若い王子と王女 二人を表現する優雅なメロディが、舞踏の音楽に変化します
第4楽章は  バグダッドの祭り。海。船は青銅の騎士のある岩で難破。終曲  表題同様非常に変化の激しい楽章です

第3楽章 ゲルギエフ指揮ウィーンフィルです。
  

« 今日の音楽 6月20日 コケイン | トップページ | 今日の音楽 6月22日 虹の彼方に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 6月21日 シェエラザード:

« 今日の音楽 6月20日 コケイン | トップページ | 今日の音楽 6月22日 虹の彼方に »