ホームページ

ウェブページ

紹介した音楽

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 今日の音楽 4月2日 交響曲第1番(ベートーヴェン) | トップページ | 今日の音楽 4月4日 戴冠式ミサ(モーツァルト) »

2011年4月 3日 (日)

今日の音楽 4月3日 ピアノ協奏曲(グリーグ)

グリーグのピアノ協奏曲イ短調は1869年4月3日に、コペンハーゲンで初演されています。
グリーグの中でも、ペール・ギュントと並んで突出して有名な曲です。

冒頭にティンパニのクレッシェンド、ピアノの強打から始まるフレーズは、フィヨルドに注ぐ滝の流れを表しているともいわれ、TVなどでも悲劇的な場面の効果音のようにしばしば使用されています。
第2楽章から第3楽章にかけては、アタッカで演奏され、美しい緩徐楽章から軽快なテーマだが非常に大規模な雰囲気を持つ終楽章への色彩の変化が楽しめる曲です。
同じイ短調のシューマンのピアノ協奏曲との対比(よく似ている)が言われます。冒頭の雰囲気もとてもよく似ていますが、実際のところグリーグは、クララ・シューマンの演奏するシューマンのピアノ協奏曲を聴いて感銘を受けたという事なので、その影響は大なり小なりありのでしょうね。

ルービンシュタインのピアノ、プレヴィン指揮ロンドン交響楽団で終楽章です。

« 今日の音楽 4月2日 交響曲第1番(ベートーヴェン) | トップページ | 今日の音楽 4月4日 戴冠式ミサ(モーツァルト) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の音楽 4月3日 ピアノ協奏曲(グリーグ):

» ルービンシュタイン/モスクワ・リサイタル1964 [クラシック音楽ぶった斬り]
生涯にわたり、さまざまな名演を残した「王様」ではあるが、これほど鬼気迫るリサイタルは、ごく特別な瞬間だったはずだ。 [続きを読む]

» ペライア&C・デイヴィスのシューマン、グリーグ:ピアノ協奏曲 [クラシック音楽ぶった斬り]
若手の演奏ではペライアのピアノ、C・デイヴィス指揮バイエルン放送響が、リリカルな名演を聴かせている。 [続きを読む]

» ペライア&C・デイヴィスのシューマン、グリーグ:ピアノ協奏曲 [クラシック音楽ぶった斬り]
若手の演奏ではペライアのピアノ、C・デイヴィス指揮バイエルン放送響が、リリカルな名演を聴かせている。 [続きを読む]

« 今日の音楽 4月2日 交響曲第1番(ベートーヴェン) | トップページ | 今日の音楽 4月4日 戴冠式ミサ(モーツァルト) »